畳に耳あり障子に目あり

オタクがアニメやポケモンの話をするだけの落書帳

私的2021春アニメランク

☆はじめに

 春アニメも終わったので個人的なランクとちょっとした感想をまとめました。完全にぼくの主観であり、ぼくの好みでランク付けしているので、「いや、それはおかしい」と思っても目をつぶっていただければと思います。例えば、初見では分かりづらい難解な作品は評価が下がる傾向があります。1クールに大量にアニメを見てるのもあって、わかりづらいアニメは理解が追い付けないことが多々あります。あと、最終話ラッシュの頃に忙しすぎてなかなか感想を書けなかったこともあってだいぶ記憶が抜け落ちています。3ヶ月おきに記憶がリセットされるのなんとかしたいよなあ。3ヶ月フレンズ。

 

☆ランク表

 

S

Vivy -Fluorite Eye's Song-

 

A+

オッドタクシー 

 

A

東京リベンジャーズ 

 

A-

不滅のあなたへ

スーパーカブ 

 

B+

86-エイティシックス-

戦闘員、派遣します!

シャドーハウス

灼熱カバディ

ましろのおと 

フルーツバスケット The Final

美少年探偵団

恋と呼ぶには気持ち悪い

EDENS ZERO

7SEEDS(第2期)

七つの大罪 憤怒の審判(2クール目)

トロピカル~ジュ!プリキュア(2クール目)

SHAMAN KING

魔入りました!入間くん(第2シリーズ)

キラッとプリ☆チャン シーズン3(5クール目)

SSSS.DYNAZENON

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

ゾンビランドサガ リベンジ

 

B

憂国のモリアーティ(2クール目)

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(3クール目)

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω

 バック・アロウ(2クール目)

聖女の魔力は万能です

ゴジラS.P<シンギュラポイント>

やくならマグカップ

すばらしきこのせかい The Animation

NOMAD メガロボクス2

ショート

黒ギャルになったから親友としてみた。

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期(3クール目)

 

B-

転生したらスライムだった件 転スラ日記

ポケットモンスター(7クール目)

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

バクテン!!

BLUE REFRECTION RAY/澪

幼なじみが絶対に負けないラブコメ 

セスタス -The Roman Fighter-

イジらないで、長瀞さん

擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD

ショート

結城友奈は勇者である ちゅるっと!

 

C

蜘蛛ですが、なにか?(2クール目)

MARS RED

さよなら私のクラマー

バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 

セブンナイツ レボリューション -英雄の継承者-

ドラゴン、家を買う。

ショート

ダイナ荘びより

 

番外編

ユメノツボミ S

ワンダーエッグ・プライオリティ 特別編 B-

 

 

目安

S:覇権

A+:覇権候補

A, A-:生きがい

B+…面白い

B…普通

B-:キツイ

C:ちんぽ

 

☆個別感想

※ネタバレあり

 

S

Vivy -Fluorite Eye's Song- 

 SFアニメって設定の作り込みが甘くてちぐはぐになるか難解すぎて理解が追い付かないかのどっちかになりがちなのでそんなにいい印象がないジャンルなんですけど、この作品は設定がちゃんとしているうえにわかりやすいというこれまでのSFアニメの弱点を克服したかのような作品でした。PVを見たときは「あー(いつものやつ)ね」と思ってそこまで期待してなかったんですけど、蓋を開けたら今季アニメトップクラスの出来でした。いつまで経ってもPVの時点で面白そうなアニメを見極める能力が身につかない男。そんなんだから毎クール50本近く見る羽目になるんだよな、どれが面白いかわからないから。

 設定がわかりやすいっていう話をしましたけど、1話(+2話)の時点で世界観とストーリーのゴールが明確になってるのが大きな要因なのかなと思います。AIが人類を抹殺するっていうのはわりと想像しやすいうえにもしかしたら現実でも起こるかもしれないっていう絶妙なラインということもあって興味をそそられます。それを食い止めるために100年前に戻って歴史を修正するというのも話としてはシンプル。100年間を描くため、回をまたいだ際に結構時間が飛んだりしますが、ガイド役のマツモトが毎度状況を説明してくれるので置いてけぼりにならずに済むので何してるのかわからないということにもなりませんでした。あと、このアニメは考察して楽しむってよりも演出を楽しむタイプのアニメですよね。ヴィヴィ(CV:種﨑敦美)とマツモト(CV:福山潤)、他のAIたちとのヒューマン(ヒューマンじゃないけど)ドラマはもちろん、戦闘シーンや歌唱シーン、それに次の回が気になって仕方なくなるような引きのシーンに至るまで演出がめちゃくちゃよかったと思います。10話のラストとか鳥肌でしょ。あと、全体を通して作画がよかったのもよかったですね。

 このアニメのメインはヴィヴィとマツモト、シンギュラリティポイントに関わっているAIや人間たちとのヒューマンドラマ。ヴィヴィはもちろんですけど、マツモトも物語の最初と最後で考え方がだいぶ変わっていたのが印象的でした。ヴィヴィとマツモトのタッグだったからこそシンギュラリティ計画を完遂できたんだろうということを最終話でひしひしと感じました。あと、このアニメに出てくる人間やAIはろくな死に方をしないんですよね。ぼくはそういう話が好きなので、キャラクターのバックグラウンドも含めてかなり楽しめました。

 このアニメのもう一つのテーマとして”歌”がありますが、こっちもかなり良かったと思います。とにかく楽曲が全部いい。こっちがメインと言っても遜色ないくらいだったと思います。最近だとキャロル&チューズデイもそうでしたけど、声優本人じゃなくて別でボーカルをつける手法は今後主流になっていって欲しい。歌がメインのアニメならなおさら。せっかくなら本業の人の歌唱を聞きたいですよね。あと、OPは今季の主題歌の中でトップだと思います。ほんまいい曲。

 毎回体感5分で終わっちゃうくらい面白い作品でした。今年一年の覇権も狙えるんじゃなかろうか。あと、種﨑敦美ちゃんの演技がマジでよかった。種ちゃんの使い方が上手いアニメは名作ってそれ一番言われてるから。自分が一番好きな声優がどちゃくそ面白いアニメの主役をやってるということがこんなに幸せな事だとは思ってもみなかったね。

 

A+

オッドタクシー 

 このアニメは見た目と声優でだいぶ損してると思うんですよね。動物の擬人化+芸人が声優をやってるとか地雷臭しかしない足し算だもんな。実際は、動物の擬人化であることにはちゃんと意味がありましたし、芸人の演技もそんなに悪くなかったので見終わった後には最初持っていたすべてのマイナスイメージが払拭されました。しかもこの見た目でガチのミステリーものという。毎話いいところで終わるので次の話が気になって仕方なかったです。

  タクシー運転手の小戸川(CV:花江夏樹)が練馬の女子高生が行方不明になった事件に巻き込まれていくという物語。ただ巻き込まれるだけでなくて知り合いを守りつつ、ドブ(CV:浜田賢二)やヤノ(CV:METEOR)といった悪党たちを一網打尽にしようと画策したりと小戸川自身もただものではない雰囲気を醸し出していました。小戸川は一度見た人の顔を忘れないという特技を持っており、それが事件の手がかりをつかむきっかけになったり、作品そのもののに関わる仕掛けにもなっていました。物語中盤あたりからもしかしたら実際は登場人物は全員普通の人間で、小戸川だけが動物に見えてるんじゃないかと思いながら見ていたんですが、その予想は的中しました。この手法自体もうまいですし、匂わせ方も滅茶苦茶上手くて、気付いたときには鳥肌が立ちました。これ考えついた人ガチで天才でしょ。

 そして、このアニメは点と点を線で結ぶのが上手いと思います。小戸川一人だけでなく、いろんなキャラの視点で物語が進んでいくんですが、ちゃんと全部のエピソードが最終的には繋がるんですよね。全13話のうち無駄なエピソードが一つもない。しかも伏線の仕込み方がめちゃくちゃ細かいので、30分間ずっと集中して見ていました。物語としての完成度だけで言えば令和のアニメで一番なんじゃないか?答え合わせのときの納得感と爽快感が他のミステリーアニメと段違いなんですよね。普段考察サイトとか全然見ないぼくが毎週チェックしに行くくらいにはガチハマりしてしまいました。

 そして、最終話の終わり方も衝撃的でした。最終話で小戸川の病気(?)が改善されたことで初めてキャラクターたちの本当の顔が映ったり、事件自体も解決してハッピーエンドかと思った矢先のあのラスト。世にも奇妙な物語っぽさを感じました。この作品にはいろんなキャラが出てきましたが、一番のサイコパスがミステリーキッスのから揚げとは思いもしなかった。

 全体を通してこれまでにないタイプの作品だったんじゃないかと思います。今季アニメでおすすめを聞かれたらこれを薦めるかなあって感じ。こういうダークホース的な存在がいるからこそ、キービジュアルや声優だけで0話切りしちゃいけないんだよな。

 

A

東京リベンジャーズ 

 タイムリープの能力を得た主人公が元カノが殺されるのを回避するために過去に戻って奮闘するというSF要素と元カノが殺された元凶である暴走族チームで成り上がるというヤンキー要素が組み合わされた作品。タイムリープにもいろいろ種類がありますが、今回は現代と過去を行き来でき、過去の行動次第で戻ってきた現代が変わるというもの。話を整理しながら見る必要があるのでわりと頭使いながら見てるんですが、ヤンキー作品でこんなに頭使うことあるか?

 物語の最終目標はヒロインである中学時代の元カノを救うことであり、そのために主人公のたけみっち(CV:新祐樹)は危険な橋を渡ったり、時には殺されかけたりもするわけですが、これほどまでのことをしてまで守りたいと思える魅力がヒロインにあるかどうかで物語自体の価値が決まると思うんですよね。その点、ヒロインであるヒナ(CV:和氣あず未)は優しくて正義感が強く、まさにヒロインの鑑でした。あんないい子絶対に救わないとだめじゃん。逆にどうやってヒナがたけみっちのことを好きになったのかが気になるところ。

f:id:Tatamin:20210723150127p:plain

ボコボコにされたたけみっちを励ますヒナ。たけみっちとしてはカッコ悪いところを見られたくないですが、そういうところも受け入れてくれるのがいいね

 たけみっちはヒナを殺した元凶である東京卍會と接触していくわけですが、こいつら本当に中学生か?貫禄が中学生のそれではないんだよな。初対面のマイキー(CV:林勇)やドラケン(CV:鈴木達夫)にビビらなかったヒナの度胸がやべーよ。ヤンキーといえばあまりいいイメージがありませんが、少なくともマイキーやドラケンを見ているとそんなに悪そうなやつには見えないですよね。特にドラケンは病院での対応とかを見てると実は常識人なんじゃないかと思ってしまう。これがヤンキーがいいことをすると普通の人よりもよく見られる的なアレなのか?とはいえ他のおっかない連中はガチでおっかないので、今後のたけみっちの身が心配です。少しずつ成長しているとはいえたけみっちの実力では敵う相手がほぼいないからなあ。強くなって欲しいという願いもありますが、たけみっちがグレたら嫌だよなあ。

 そして、3回目のタイムリープ後はヒナ生存ルートに入り、ついに大人になったヒナを見ることができました。大人になっても中学時代にたけみっちから貰ったネックレスを大事に持ってるの可愛すぎるでしょ。そして、そのルートではまさかのたけみっちがヒナを振っていたという。そんなことある?そのことを踏まえて1クール目のEDを見るとかなり印象が変わりました。で、その回のラストでヒナが殺されたわけですが、開いた口がふさがりませんでした。そんな悲しいことないよ…。ヒナの死によって覚悟を決めたたけみっちの今後が楽しみです 

 

A-

不滅のあなたへ

 1話を見たときは正直意味不明だったのであまり期待していなかったんですが、想像以上に面白かったです。心温まる話からの悲しい結末の繰り返しで心がぐちゃぐちゃにされてしまった。しかもこの作品、聲の形と作者が同じらしいですね。内容が違いすぎてびっくりしました。

 1話の頃と比べるとフシはめっちゃ成長しましたよね。周囲の人たちとの交流を経てフシ(CV:川島零士)がだんだん人間っぽくなっていくのが微笑ましかったです。マーチ(CV:引坂理絵)と出会った頃は完全に獣でしたが、グーグー(CV:八代拓)たちとの生活を経たあとは別人かと思うくらいに表情も豊かになり人間らしくなってました。フシが出会う人たちがいい人たちだったのが幸運だったよな。だからこそ、そのいい人たちが死んでいくのが辛すぎる。マーチが死んだときもショックではありましたが、一緒にいた期間が長かったグーグーが死んだときはショックで唖然としていました。しかもリーン(CV:石見舞菜香)との恋幕の最中だったので余計にしんどかった。フシは死んだ人に変身する能力がありますが、ノッカーとの戦闘中にグーグーに変身できるようになったことでグーグーの死に気付いたときは上手い演出だと思った同時に泣いてしまった。人の感情を知ってしまってから初めての親しい人間の死だったのもあって余計につらかった。その後に、グーグーが死んだことを隠すためにグーグーに変身してリーンと会話をするフシとフシの意図を汲んで対応した酒爺(CV:利根健太朗)とピオラン(CV:愛河里花子)、そして正体に勘付いていたいたリーンを見てさらに泣いてしまった。あのシーンは今季のなかでも1、2を争う名シーンだと思います。

f:id:Tatamin:20210722213759p:plain

「好きな人ができたの。それがねもうここにはいないの。きっと”彼”と一緒にいるんだわ」

死んだ人間に変身できると書きましたが、ノッカーにはフシの記憶を奪う能力もあり、対応する人物への変身能力だけでなく思い出までも消されてしまいます。直接の死よりもこっちのほうがしんどいまであるかもしれない。2度も別れが訪れるのは辛すぎる。既にマーチとの記憶が奪われていますが、今後取り戻すことができるのかが気になります。このままじゃあんまりだよ。

 1クール目だけで2回も悲しい別れを経験しましたが、今後もこんな感じで関わる人間がどんどん死んでいくんですかね。つれーよ。ノッカーやそもそも観察者(CV:津田健次郎)が何者なのかなど謎もまだ多いので2クール目はそのあたりにも注目していきたいです。

 

スーパーカブ 

 おっさんの趣味を女子高生がやる作品群の最新作。今回のテーマはカブ。バイクが趣味の女子高生っていうのはなかなかワイルドですが、ゆるキャンでもリンが原付に乗ってましたし、女子高生の間でもメジャーな趣味である可能性が微レ存。そんなわけないか。

 主人公の小熊(CV:夜道雪)がカブを買うところから物語が始まりますが、1話を見た段階ではすげえ空気が重たいアニメだなということを感じました。小熊の境遇もそうですし、アニメそのものの雰囲気に暗い印象を受けました。その後、同じクラスのカブ仲間である礼子(CV:七瀬彩夏)との交流を通して小熊もアニメの雰囲気そのものも明るくなっていきました。アニメの空気感そのもので小熊の感情を表す演出だったんですかね。礼子との絡みも最初はぎこちなさがありましたが、回を重ねるにつれてほどよい距離感を維持できるようになってました。礼子のしょーもない発言に表情一つ変えずにツッコむ小熊という構図の安定感よ。女子高生同士はイチャコラするよりもこれくらいの距離感が一番好きかもしれない。カブに乗っているときや礼子と喋っているときの小熊を見ていると、人間は趣味を見つけることでここまで変わるのかということを実感できますね。文化祭以降は常識人の椎(CV:日岡なつみ)との絡みも増え、小熊と礼子の変人っぷりが浮き彫りになっていました。まあ、変人じゃなかったら女子高生でカブに没頭しないか。

f:id:Tatamin:20210723154348p:plain

3人で鹿児島へ(当然カブで)。めっちゃ楽しそうだった

 このアニメはとにかく劇伴の使い方が上手いですよね。楽曲そのものもいいんですけど、BGMを入れない静かな時間の使い方が特に上手かったです。あと、効果音もいい。音でここまで雰囲気を出してくる作品は久しぶりかもしれない。作画もよく、風景とかもめっちゃ綺麗で、こういうのを質がいいアニメって言うんだろうな。本数減らしていいからこれくらいのクオリティのアニメを作って欲しいね。

 女子高生たちが主人公の日常アニメとしては異質な感じがする作品ですが、キャラの可愛さだけでなく雰囲気もいい良作でした。バイクに乗る女子高生が出てくるアニメは名作の法則ができるかもしれない…と言おうとしましたがそんなことはなかった。あと、くそどうでもいい話なんですけどこのアニメで初めてコメリのアクセントを知りました。ずっとコ↑メ↓リ↓(枕と同じ)だと思ってたんですが、コ↓メ↑リ↑(鰯と同じ)だったんですね。今季で一番の衝撃の事実だったかもしれない。

f:id:Tatamin:20210723155117p:plain

最終話のツーリング、2話くらいかけてやって欲しかったという思いもある。もっと見ていたい

 

B+

86-エイティシックス-

 BS11でアニメをリアタイしているとVivyの次がこれなので若干食われてた感じがしますが、結構面白かったです。今季はやたらとキャラが死ぬ気がしますが、これもその一つ。カイエ(CV:白石晴香)が死んだところとか結構ショックでした。死の間際の「死にたくない」ってセリフはゾッとしましたね。

 この作品も世界観はかなりわかりやすかったんじゃないかと思います。見た目が違うから差別され、戦場に送り込まれているっていうのは(倫理的にじゃなくて話の背景として)納得がいきますし、前情報無しで1話を見た際に”そういえば共和国は白髪しか出てこないな”と察することもできますし。まあ、戦争の理由など情報不足だと感じる部分もありましたが、スピアヘッドのメンバーとミリーゼ(CV:長谷川育美)の交流をメインでやるならそのあたりはそこまで掘り下げなくてもいいのかなという気もします。分割2クール目はで世界観の掘り下げとかしていくんですかね。

 PVを見た段階では、エガオノダイカの早見パートみたいな感じの話をイメージしてたんですが、戦闘がメインというよりは共和国軍人のエリーゼと共和国軍人のスピアヘッドの隊員たちとの交流がメインだったように思います。差別がまかり通っている共和国に疑問を抱いたミリーゼがスピアヘッドのメンバーと身分の垣根を越えたやりとりを重ねていく様子は見ていて心温まるものがありました。最初は空回りすることも多かったですが、終盤は見違えるほど成長してました。

f:id:Tatamin:20210628163225p:plain

最終話のミリーゼ。分割2クール目の活躍に期待したい

ずっと忘れてましたけど、最終話で写真を見るまではスピアヘッドのメンバーの顔知らなかったんですよね。別れてから初めて相手の姿を知る演出なんかすこ。

f:id:Tatamin:20210628163104p:plain

ミリーゼへの書き置きの内容で泣いてしまった

スピアヘッド側も最初はエリーゼと壁を作っていましたが、回を重ねるにつれて打ち解けてて微笑ましかったです。でもこのアニメ、キャラがぽんぽん死ぬんだよな。エリーゼとの交信であったり、メンバー内の親睦会のような日常パートの後にキャラが死ぬ描写を入れてくるので結構くるものがありました。いつ死ぬかもわからない状況の中で普通に生活してるから余計に落差があるんだよな。リーダーのシン(CV:千葉翔也)も最初は戦闘狂的な感じかと思ってましたけど普通の人間なんだなということを要所要所で感じました。ちゃんとキャラに感情移入できるってのもこの作品の魅力なんじゃないかなと思います。

 戦争の話なので当然戦闘シーンもあるわけですが、戦闘シーンの出来も結構よかったです。A-1 Picturesはメカの作画もいいですよね。最近はショボイCGでしょーもない戦闘するアニメが多いので、神作画までとはいかなくてもこのレベルの戦闘すらなかなか見られなくなってる気がします。

 途中で書いた通り、分割2クール目があるんですよね。1クール目が綺麗に終わったということもあって”2クール目何やるんだ?”って感じ。ミリーゼはともかくスピアヘッドのメンバーは生きてるのかすらわからんうえに最終話のラストでシンが死んだことを示唆する描写もあったし。聞いた話では原作はこれ以降も面白いらしいのでとりあえず期待して待とうと思います。

f:id:Tatamin:20210628163838j:plain

キービジュアルカッコよくない?

戦闘員、派遣します!

 原作者がこのすばの作者ということで、ノリもこのすばに近い感じの作品でした。ぼくは”登場人物が全員頭おかしいアニメ”が大好きなのでこういう作品は1クールに1本は欲しいんだよな。自分も大概なのに他人の奇行にツッコむときだけまるで常人のようになるのが好きなんですよね。このすばのカズマやアクアもそうですが、メインキャラがクズだとなおよし。今作の場合、主人公の六号(CV:白井悠介)とヒロインの一人であるスノウ(CV:菊池紗矢香)がいい感じのクズさ加減でした。クズキャラ同士でお互いのクズっぷりにドン引きする描写が最高すぎる。この作品ではクズな行動によって悪行ポイントを貯めることで武器を取り寄せることが可能になるため、積極的にセクハラなどのクズエピソードを使えるのもいいですね。よく考えられたシステムやんなあ。

 主人公の六号は世界征服を企む秘密結社「キサラギ」のしたっぱで、アンドロイドのアリス(CV:富田美憂)を伴って惑星の侵略を目指すというのがこのアニメの趣旨。六号のクズっぷりといちいち動じないアリスのやり取りは見ていて面白かったです。六号の奇行にいちいち驚かないダウナー系のアリスが六号の”相棒”呼びを気に入ったり、六号のしょーもない考えにノリノリで手を貸したりするのがいいんだよな。あと、ガヴみたいなダウナー系の富田美憂の演技がめちゃくちゃ好きなのでそこもいい感じに噛み合ってました。最近こういう下ネタ多いアニメにめっちゃ出てるけど、いつまで家族が人質に取られてるんだろうね。現地で仲間になったヒロイン3人組も癖が強かったです。アクア様もそうですけど、ギャグ色が強いアニメのヒロインはこれくらい尖ってた方が逆に可愛いと思うんだよな。スノウが可愛いかったかと言われるとちょっと怪しいけど。

 登場キャラの頭おかしいエピソードやド直球な下ネタを連発してくるのでゲラゲラ笑いながら見れるうえにテンポもいい。下ネタもしょーもないのが多く、精神年齢が小学生なぼくにはめちゃくちゃ刺さりました。「おちんちん祭り」とかあんなん絶対笑うでしょ。

f:id:Tatamin:20210629160017p:plain

ティリス(CV:前田佳織里)「おちんちん祭り!」

アーティファクトを使うときのパスワード(呪文?)を”おちんちん祭り”に変えてしまうという発想は天才でしょ。

前田佳織里も家族を人質に取られてしまったのか…。富田美憂と一緒にラジオやってるしそのつながりか?(適当) 

 ストーリーのほうはあんまり覚えてないですが、この手のアニメのストーリーなんておまけみたいなものだしまあいいでしょう。シリアスみたいな”ギャグを殺す”ような内容も特になく、テンポよく進んでた印象なので、悪くなかったんじゃないですかね。作品の需要に沿ったストーリーを展開してくれるのが一番ありがたいですからね。

 本編とはあまり関係ないですが、次回予告のキサラギ幹部たちもいい味出してたと思うんですよね。10話の番外編も面白かった。

f:id:Tatamin:20210629161623p:plain

博士キャラが一番頭おかしいのは様式美ですね

くそどうでもいい話なんですけど途中までアスタロト(CV:渡部紗弓、画像右)のCVを種田梨沙だと思ってたんですよね。そんな風に聞こえません?ぼくの耳が腐ってるだけかなあ。

 

シャドーハウス

 ぼくは毎週ヤンジャン(でかぐや様と推しの子)を読んでいるのでタイトルは知っていたんですが内容は一切知りませんでした。扉絵だけだとジャンルもわかりづらかったんですがミステリーだったんですね。ミステリーのなかでも推理よりは発想で謎解きするタイプのやつ。あとゴシック系のキャラデザと作画がいいですね。雰囲気が出てる。

 まず言えることはキャラが可愛い。というかエミリコ(CV:篠原侑)が可愛い。お花畑的な思考を持ちつつも、その純粋さと発想力で問題をクリアしていく様子が魅力的でした。見ていてヒヤヒヤすることもありますが、エミリコなら何とかしてくれるんじゃないかと思わせてくれるところがいいですね。お披露目のときのエミリコの安心感よ。

f:id:Tatamin:20210722210041p:plain

主人を救出出来て満足しているエミリコ。行動のすべてが噛み合ってて天才かと思ってしまった

逆にエミリコの主であるケイト様(CV:鬼頭明里)のほうがポンコツだったまである。この人メンタルに左右されやすいタイプだよな。まあ、終盤のエミリコ救出作戦で大活躍だったのでこれまでのポンコツぶりは帳消しと言うことにしておきましょう。ぼくは主従関係のある百合も好きなんですが、この作品はそういう楽しみ方もできてよかったですね。しかも主人であるケイト様のほうが巨大感情を抱えてそうなのがよい。あと、エミリコが洗脳されたときに水責めしてたのがえっちだった。まだ、あの頃はエミリコのことを人形だと思ってましたけど、正体がわかってから見返すとよりえっちポイントが増しますね。

f:id:Tatamin:20210722205818p:plain

主人から水責めされるエミリコ。洗脳されてるときの目が普通に怖かった。あと結石にならないためにも普段から一日に2 Lは水を飲みましょうね

 序盤はエミリコとケイト様のやり取りを楽しむのがメインでしたが、お披露目が始まってからは謎解き要素や他のシャドー、生き人形たちの出番も増えて面白くなりました。特にお披露目ではエミリコのよさを活かしつつ、他の生き人形たちの性格とかもよく出ており、視聴者へ向けてのお披露目の役割も果たしてたんじゃないかと思います。また、終盤は生き人形の正体などの物語の根幹に関わってくるような情報も開示され、ますます面白くなりました。こういう重要な設定ってアニメの1クールのうちだと説明されないことも多いので曖昧なまま終わるものだと思ってたのでちゃんとやってくれたのはありがたい。シャドー家ってやべー奴らなんだな…。

 世界観への理解も深まってきてこれからさらに面白くなりそうって感じなので、ぜひとも2期をやって欲しい。シャドー家の秘密を知ってしまったケイト様たちがここからどう行動に移すか楽しみです。

 

灼熱カバディ

 名前は聞いたことあるけどちゃんとした競技シーンを見たことないスポーツランキングtop5に入るスポーツ(自分調べ)ことカバディが題材の作品。ぼく自身は小学校の外国語の時間にレクリエーションとしてちょっとやったことがある程度だったので、10年以上越しに詳しいルールを知ることになりました。当時は「カバディ」を連呼しながらやる鬼ごっこくらいの認識でしたが、かなり奥が深いスポーツだということを実感しました。こういう”何かきっかけがないと知りえなかった世界”に触れることができるのもアニメ消化の魅力の一つだと思います(二度目)。スポーツアニメは競技シーンをがっつりやるタイプとキャラクター同士の絡みをメインで見せたいタイプの2種類があると思っているんですが、このアニメは前者のタイプ。日常パートをほとんど入れず、ほとんど練習や試合に尺を割いてるスポーツアニメは最近では珍しい気もします。ぼくは男性視聴者なので男同士でイチャコラしてるのを見るよりはがっつり競技をやってくれた方が楽しめます。

 物語の9割くらいはカバディをやってるシーンなのでとにかくアツいんですよね。主人公の宵越(CV:内田雄馬)は半ば強引にカバディ部に入部させられますが、徐々にカバディの魅力に引き込まれていきます。カバディってこんなに奥が深いのかという気付きがカバディ素人の宵越と視聴者の間でリンクするのもあって、宵越にめっちゃ感情移入してしまった。こういうのはマイナースポーツだからこそできる体験かもしれない。最初は思うようにストラグルが取れなかった宵越が紅葉高校戦でエース級の活躍をしてるのを見て見てるこっちまで心躍ってしまった。最後のプレーとかどちゃくそアツくて思わず火傷しちゃった。宵越以外のメンバーも相手チームを含めて背後にそれぞれのドラマがあって、カバディに向き合ってるということがよくわかる演出がされてるのがよかった。何より捨てキャラがいないのは団体スポーツアニメにとって重要な要素だと思います。

f:id:Tatamin:20210629170724p:plain

嬉しそうな宵越を見てるとこっちまで嬉しくなっちゃう

 このアニメの一番の特徴はカバディのルールや戦術をわかりやすく解説してくれるところでしょう。だいたいの人がなんとなくはルールを知ってる野球やサッカーと違って、マイナースポーツだと最初に書いたようなざっくりとしたルールしか分からずに”何やってるの?何がすごいの?”状態になっちゃうので、丁寧に解説してくれるとそれだけで興味が湧いてきます。実際、このアニメを見てからカバディに対する印象がだいぶ変わりました。マイナー競技のアニメは是非見習ってくれ。

 くそどうでもいい話なんですけど、途中から加入した人見(CV:村瀬歩)が普通に可愛くて好きになってしまいそうになったんだよな。最近、村瀬歩はこんな感じの役しかやってない気がするんですけど気のせいですか?唯一無二の声だから需要があるんかな。ぼくは男だからわかんないですけど、女性目線ではこういう”女の子に見える男キャラ”って惹かれるものがあるんですかね?わたし、気になります

f:id:Tatamin:20210629171043p:plain

この見た目でちんこついてるのよくないですか?村瀬歩のカマホモ声あんまり好きじゃないんですけど、これならいけるかもしれない

 

ましろのおと 

 津軽三味線が題材の音楽アニメ。ちょっと前に琴を題材にしたアニメがありましたが、アニメを通して知らない分野のことを知れるのはいいですよね。三味線も琴も演奏を耳にする機会はあるかもしれませんが、技術であったり奏者の想いなんかはこういう機会がないと一生触れることなさそうですし。こういう知らなかった世界に触れる機会が得られるというのがアニメの醍醐味の一つだと思ってるので、ファンタジーよりもこういうアニメのほうが好きだったりします。

 主人公の澤村雪(CV:島崎信長)は祖父である松五郎(CV:麻生智久)の演奏を聞いて育ち、松五郎の死後、自分だけの音を探すために上京してきます。祖父譲りの才能を持ちながらも、演奏にはムラがあり、物語の序盤はなかなか実力が出せないでいました。師の音を意識しすぎて自分の演奏ができないみたいなやつですね。津軽三味線愛好会のメンバーや全国のライバルたちとの交流を経て、最終話では自分の演奏を披露することができました。これまでに雪の演奏を聞いてきた人たちが”これこそが澤村の音だ!”ってなるのがいいですね。耳が貧乏なぼくには違いがはっきりとは分かりませんが、こういう演出を見るとそんな気(澤村の音になった気)がしてくるので不思議ですね。ただ、雪の母親の梅子(CV:本田貴子)は松五郎の演奏をなぞることを望んでいたということもあり、母と息子の間のしがらみを残したまま話が終わってしまったので後味はいいとは言えませんでした。内容的にはここまでがプロローグっぽいので、ここからどう折り合いをつけていくかが見どころだと思うんですが、どうせ2期やらないなら気持ちがいいところで終わって欲しかったという思いはあります。

 この作品はキャラの心理描写に力を入れてるので、本筋の話よりも各キャラの成長を追っていく方が楽しいかもしれないです。雪の成長は前述したとおりですが、津軽三味線愛好会のメンバーも物語を通して成長していきました。最初の頃は天才の雪と対立したり、遠慮したりしていましたが、気持ちはわかるんだよな。ぼくも研究室で教授たちに対して”無能で申し訳ねえ”って思うもん。雪以外のキャラにもバックボーンが用意されており、愛好会の活動を通して過去を吹っ切っていくのは見ていて気持ちよかったです。

f:id:Tatamin:20210705230446p:plain

合宿を通してようやく演奏が揃ってきて嬉し泣きする朱利ちゃん(CV:宮本侑芽)。彼女だけでなく雪の成長も感じられる回でした

f:id:Tatamin:20210705230752p:plain

朱利へ対するコンプレックスを打ち明けた結(CV:近藤玲奈)へのハグ。あら^~なシーンですけど結の気持ちもわかるんだよな

扱ってる題材はマイナーでもキャラへの感情移入がしやすいと物語に入り込みやすくなるということを改めて感じました。キャラの行動原理が意味不明だとそれだけで作品自体への興味も失せますからね。なあ、おさまけ、聞いてるか?

 あと、この作品女の子が可愛いんですよ。朱利ちゃんは正統派ヒロインって感じですし、雪と同郷の舞(CV:三上枝織)もいいキャラでした。物語が進むと舞がメインヒロインに昇格するらしいんで続きが気になるんだよな。そして、ぼくが一番好きなのは雪の下宿先の一人娘の桜ちゃん(CV:谷口夢奈)。世話を焼いてくれる年下キャラが大好きなのでどストライクでした。ほんといい子だよなあ。この子も物語が進むとメインヒロインに昇格するらしいんで、ぜひとも続きが見たい。

f:id:Tatamin:20210705232156p:plain

正妻戦争

 前述した通り後味がよくない終わり方をしましたが、全体的に面白かったです。キャラクター一人一人にちゃんと物語があると愛着湧きますね。2期はやらなさそうなので原作を読むか悩んでます。最新刊でも桜ちゃんの出番は健在らしいし読む価値あるんだよな。

 くそどうでもいい話をするんですけど、ぼくは入浴シーンでそのアニメが神アニメかゴミアニメかを判定することができると思ってるんですよ。ポイントは2つあります。一つ目は湯気の濃さとお湯の透明度。二つ目は髪をまとめているかどうか。二つ目のほうは最近は髪をまとめるのがスタンダードになってきているんですが問題は一つ目のほう。テレビで放送する以上光や湯気でいろいろ隠さないといけないのはわかるんですが、それが過剰だとせっかくのサービスシーンなのに萎えるんですよね。ポーズや構図を工夫していかに湯気とかに頼らないようにするかというのが腕の見せ所だと思うんだよな。その点、ましろのおとの入浴シーンは結構よかったんじゃないかと思います。85点くらいはあげてもいい。普段お色気シーンがないアニメだから補正がかかるとはいえ、湯気が薄いのはガチで助かる。まあ、一瞬しか映らなかったけどね。

f:id:Tatamin:20210705232251p:plain

この話、ましろのおとの感想ですることか?

 

フルーツバスケット The Final

 3期。1期(25話)、2期(25話)と続いてきましたがついに最終章を迎えました。ダイの大冒険やSHAMAN KINGと同じでリメイク前は途中で終わってしまいましたが、今回ついに原作の最後までたどり着いたということで往年のファン的には嬉しいんですかね。ぼくは少女漫画系のノリがあまり得意ではないので1期や2期の頃はそこまででもなかったんですが、3期で今まで伏せられていた謎が明かされたり、透(CV:石見舞菜香)と夾(CV:内田雄馬)の仲が進展したりと見応えがあるシーンが多く、かなり面白かったです。個人的には6話がターニングポイントだったんですが、まさか通算56話目でハマるとは思っていませんでした。こうなるんだったら1期、2期も真面目に見とくべきだったんだよな。

 序盤で怪憑きの由来となるエピソードが披露されましたが、こんなわがままに後世の人たちが巻き込まれるのはいい迷惑だよな。作者の意図とは違うかもしれませんが、このエピソードを見てから慊人(CV:坂本真綾)に同情するようになりました。それ以降も3期を通して慊人に対するイメージがだいぶ変わりました。悪者のように描かれている期間が長かった分、印象の差も大きかったです。そして、印象が変わったと言えば夾くんもだいぶ印象が変わりました。まさか、透の母親(CV:沢城みゆき)の事故現場に居合わせたとは思ってもみなかった。夾くんの過去回想をふまえたうえで、透への告白シーンを見たときは思わず泣いてしまった。多分この作品の一番の山場だと思うんですが、それまでの展開も含めて演出としては最高だったと思います。こういうシーンを見ると今まで見てきた分は無駄じゃなかったと思えて成仏しそうになりますよね。告白後に呪い*1が解けて抱き合えるようになったシーンでまた泣いてしまった。何より透が報われて本当によかった…。

f:id:Tatamin:20210722165956p:plain

f:id:Tatamin:20210722170247p:plain

抱き合えることにここまで大きな意味がある作品には今後出会えないかもしれない

 最終的には慊人も含めて草摩の面々が呪いから解放され、大団円を迎えました。女の子の格好をしてる慊人を見て泣いてしまったんだよな。みんな幸せになってくれ。全63話という大長編でしたが、最後まで見てよかったと思える作品でした。ダイ大やSHAMAN KINGもこれに続いて欲しいですね。

 

美少年探偵団

 ぼくはそのクールに放送されているアニメをほぼ全部見るようにしてるんですが、それでも避けてるジャンルがいくつかあってそのうちの一つがホモアニメ。というか男しか出て来なさそうな日常アニメです。特にタイトルに男って入ってるのは地雷臭がする(ぼく調べ)なので最初はそんなに見る気が無かったんですが、西尾維新が書いてるし1話だけは見ようと思って見てみたら普通に面白かったです。やっぱタイトルだけじゃなくて中身も調べてから見るアニメを選ぶべきなんだよな。最近はキービジュアルや声優すら調べずに、どうせ全部見ると思ってタイトルと放送情報しか調べなくなっちゃったのでその姿勢は改めていった方がQOLが爆上がりしそう。でも、悪いのはぼくじゃなくてその固定概念を作り上げてきた過去のアニメたちだと思うんだよな。そもそも主人公が女の子なのでホモアニメではなく言うなれば乙女系と言えばよさそうな感じですが、実際は恋愛要素は男女間、男男間ともに一切なかったです。見やすかった要因の一つはこれかもしれない。

 主人公の堂島眉美(CV:坂本真綾)が美少年探偵団に入るきっかけとなった星に関する事件の話で物語が始まるんですが、この話を通して作品に引き込まれました。事件の推理を通して登場キャラや作品の方向性がわかりましたし、なにより導き出す答えが面白く、導入の話としては完璧だったんじゃないかと思います。多少難解なので理解するには苦労しますが、推理があっているかどうかというよりも、キャラクター達がどう動いて彼らが納得する結論を導き出すかというところに重きが置かれているので完全に理解しなくても楽しめるのはよかったです。ガチの推理ものではないからこそ、非現実的な事件でも違和感なく楽しめましたしね。

 普段男キャラばかり出てくるアニメを見るときはキャラを覚えられないんですけど、これに関してはキャラが個性的だったのと嫌みなやつがいなかったこともあって(名前は覚えてませんが)ちゃんと認知できました。不快なキャラがいないとそれだけで作品が面白くなる。これの一つ前のANiMAZiNG!!!枠はキャラが不快すぎて見てられなかったんでね(めっちゃ売れてたけど)。あと堂島眉美もいいキャラしてました。なんだかんだ言って美少年探偵団の活動に積極的ですよね。あと、男装女子の魅力にも気付きました。これは大きな収穫ですよ。

 西尾維新節とシャフト節がいい味を出していたこともあり、雰囲気も内容も楽しめる作品でした。昔の美少女もののアニメしか見ない自分だったらこういう作品に出会えてなかったと思うとアニメはジャンルを選ばずに全部見るべきなんだよな。

 

恋と呼ぶには気持ち悪い

 今季の社会人×女子高生ラブコメその1。その2と比べるとあまり話題になってなかったような気もしますが、個人的にはこっちのほうが好きです。社会人の男性が女子高生にアプローチをするという構図なので、やってることはなかなかヤバいですが同じクールに女子高生を拾って同居するアニメがあったということもあって良くも悪くも目立たなかったり。

 サラリーマンの亮(CV:豊永利行)がひょんなことから妹の理緒(CV:長谷川玲奈)の親友である一花(CV:小坂井祐莉絵)に恋をするところから物語はスタート。亮の過激なアプローチ対して一花が罵倒しつつも本心は…というのが基本的な流れですね。亮のアプローチの仕方がイケメンだから許されているようなドン引きレベルのものまであるにも関わらず、一花も満更ではなさそうで”やっぱ好きなんすねぇ”と思いながら見てました。とはいえ、こんなやべー奴に特別な想いを持ってしまったらそりゃ恋と呼ぶには気持ち悪いわ。しかも、セカンドインプレッションは最悪の状態(亮視点では全くそんなことなさそうだったけど)からスタートだったので、そこからどうやって好意を抱いていくかをニヤニヤしながら楽しんでました。一番印象的なのは毎日の電話。亮が一花に毎日のように電話をかけてたという事実はわりとヤバいですけどそれは置いておいて、電話がかかってこなくなった際に一花が心配して自分から電話をかけてたシーンがめっちゃよかった。普段はちょっかいをかけられても雑にあしらってるけども、いざそれがなくなると寂しさを感じるっていうのは定番といえば定番のシチュエーションですが、本心が垣間見えるのでぼくは好きです。そのシーン以外でも随所で一花の心境の変化が描かれていて、時には床を叩きながら見てました。やっぱラブコメは1:1がベストなんだよなあ。

 あとは、妹の理緒の存在が大きかったです。理緒は亮の恋に協力的でしたが、その裏には兄と関わる時間が増えたことへの喜びがあると思うんですよね。ぼくは妹キャラは恋愛的な好意じゃなくて親愛的な好意を向けて欲しいと思ってる人間なので、理緒は理想の妹キャラにかなり近いかもしれない。あとは、亮と一花のどちらとも親しい人間がいると安心して見れるというのもある。いざとなったら口裏を合わせたり、トラブル発生時の緩衝材になれるキャラは大事。

 設定のわりにギャグ要素とラブコメ要素のバランスが取れていた作品だったと思います。多分女性向けの作品だと思うんですけど、男のぼくが見ても面白かった。サブキャラも含めて嫌みなキャラがいなかったのも大きい気がします。

f:id:Tatamin:20210715000344p:plain

大人になるまで待っていてくださいっていうのなんかいいですよね。ロマンチック

 

EDENS ZERO

 ジャンルとしてはスペースオペラ*2って言うらしい。作者はFAIRY TAILの人ですが、魔法要素はほとんど出てきません。まあ、エーテルギアを科学の代物と言うべきか魔法の代物と言うべきかは諸説あるけど。ぼくがボーイミーツガール系の物語が好きということはあまりにも無名ですが、この作品もボーイミーツガールからスタートするので個人的には結構好きです。出会った後もデレデレしたりせずに、あくまで友達の関係でいるのがいいですね。

 1話のシキ(CV:寺島拓篤)が故郷を離れる話がどちゃくそ面白かったので「これを超える回はもう出てこないんじゃないか?」と心配していましたが、杞憂に終わりました。1話は特徴的な始まり方でしたが、2話以降は悪者を退治しながら仲間を増やして次の星へ向かうというわりと王道な展開をしています。シキを含めエデンズ ゼロのメンバーがいいやつばかりなので不快感無く楽しく見れます。あと、女の子がかわいいのがいい。レベッカ(CV:小松未可子)はもちろんですが、個人的にはピーノ(CV:井澤詩織)がお気に入り。小さくて可愛らしい見た目のアンドロイドですが、しっかり者で頼りになるのがいいですね。というか、エセンズ ゼロのメンバーでまともなやつがビーノしかいないんだよな。人間になりたいという夢を持っているのもよき。あと、レベッカはBキューブという動画配信サイトで配信者をやっているんですが、登録者数があまりにも少なすぎて笑ってしまった。見た目だけならファンの数多そうなのにそのアドバンテージを帳消しにしてしまうとかどんな配信してるんだ?

 あと、このアニメはえっちポイントが高めな気がします。そもそもレベッカもえっちポイント高いしな。途中で女の子を石化して家具にしてるやべー奴がいましたが、実際に女の子を石化してるシーンはえちえちでしたね。

f:id:Tatamin:20210722181209p:plain

f:id:Tatamin:20210722181226p:plain

f:id:Tatamin:20210722181249p:plain

とある星のアイドルが石化させられるシーン。石化はぼくの性癖的におおいにアリなんすよね

服が溶ける泡だったり作者の性癖が垣間見えていいですね。ぼくの性癖にもマッチしているのでこのままどんどんやってくれ。

 2クール目もあるので今後も楽しみです。最近登場したハーミット(CV:高尾奏音)が気になるねえ。

 

7SEEDS(第2期)

 ネトフリアニメ。文明が失われた世界で生き抜くというとても少女漫画が原作とは思えない内容の作品。1期の頃からそこそこ面白かったですが、2期ではキャラクターの成長を感じることができてより面白くなりました。世界観を既に理解しているというのと、ほぼ夏のBチームの話だけだったので展開を追いやすかったというのもあるとは思うけど。逆に他のチームが何してたかは忘れてしまった。自分の揮発性メモリが悲しくなる。

 1期の頃から一番成長したのは間違いなくナツ(CV:東山奈央)でしょう。1期の頃はひたすらオロオロしてた印象ですが、2期では自分から行動を起こす度胸と積極性を身に付け、嵐(CV:福山潤)たちをピンチから救うまでになりました。それを見てまるで娘の成長を見守る親のような気持になって泣いてしまったんだよな。富士号でのナツはカッコよかったです。あと、ナツの生理が後の伏線になってたのは結構驚きました。少女漫画って意外と生々しい描写あるんだなと驚いてたんですが、それを鉄を喰らうバクテリアを利用するところへ持っていくのは思いつかなかった。下半身でしかアニメを見てないことがバレてしまう><。夏のBチームのメンバーの成長というと、蝉丸(CV:小西克幸)も最初と比べるとだいぶ印象が変わりました。1期の頃はただのヘラヘラしてるチャラ男だと思ってましたが、2期では根は優しく、いざという時には頼りになる男として描かれていた感じがします。今となっては7SEEDSで一番好きなキャラかもしれない。

 成長という観点で見れば、安居(CV:小野賢章)もかなり変わりました。過去のトラウマに縛られ続けていた彼ですが、嵐やナツたちと関わるなかでトラウマを乗り越え、夏Bのメンバーと信頼関係を結ぶことができました。1期の頃はイヤな奴感が強く、なによりハナのことを見殺しにした(実際には生きてたけど)ということもあり印象は最悪でしたが、2期を見て彼への印象がかなり変わりました。改めてこの作品はキャラクターへの愛着を持たせるのが上手いと感じました。

 ほとんど夏のBチームの話だったので、ハナ視点のエピソードが少なかった印象を受けます。このままじゃ嵐をナツに取られちゃうけど大丈夫か?まあ、夏のBチームの話が面白かったのでほとんど気にならなかったけども。2期以降音沙汰がないので3期をやるとは思えませんが、今後の展開は結構気になります。

 

七つの大罪 憤怒の審判(2クール目)

 5期の後半戦。物語もいよいよクライマックスを迎えました。1期からもう7年近く経つんですね。ディアンヌが加入する回が放送された日に高熱を出して翌週の修学旅行に参加できなかったことを今でも覚えています。あの頃はまさか完結までアニメでやってくれるとは思ってなかったので、彼らの物語を最後まで見届けることができてよかったです。

 1クール目が終わって”まだやることあるんか?”と思ってましたが、魔神王がまだ生きていたということで本当の最終決戦が始まりました。七つの大罪の戦闘シーンって殴って起き上がられて殴られて起き上がっての繰り返しの起き上がりこぼし状態に陥りやすい印象があるので単調になりがちなんですが、最終決戦だけあって普段よりも白熱した内容でした。総力戦ってだけで心躍っちゃうもんな。1クール目ではたいした活躍が無かったディアンヌも含めて各キャラに活躍のシーンがあり、見応えはあったんじゃないかと思います。中でも一番アツかったのはエスカノールの覚醒シーン。自身の生命力を魔力に変換する天上天下唯我独尊 極”(ザ・ワン アルティメット)によって捨て身の攻撃をするエスカノールですが、その裏には仲間への想いが秘められており、回想も含めて泣いてしまった。魔神王を倒したと同時に肉体が限界を迎え、最後はマーリンに口付けされ消滅していきました。めちゃくちゃカッコよく、それでいて切ない散り際でした。強キャラが最終回直前に退場する展開が好きな自分にはたまらない展開でしたね。こういう展開が好きな原因は十中八九アバレキラーのせいなんですけど。

f:id:Tatamin:20210711165127p:plain

「君は孤独な愛、心を甘く酔わせる至極のワイン。けれど僕はそれを受け入れる杯にはなれない。願わくば神よ、いつかその愛を受け入れる杯が現れんことを…」辞世のポエムもかっこいい

 その後はマーリンが隠していた秘密が明らかとなったり、キャスが実はやべー化け物だったりといろいろありましたが、そちらも無事に片付きフィナーレを迎えました。というか、最後の敵がキャスになるとは思ってなかった。まあ、ラスボスを倒した後のおまけストーリーみたいなかんじではあったけど。最終話はまるまるエピローグをやってました。ぼくはエピローグは短ければ短い方がいいと思っている人間ではありますが、7年近く見てきた作品のラストともあれば話は別で、丁寧にエピローグをやってくれたのは嬉しかったです。数年後の七つの大罪の姿も描かれ、メリオダスとエリザベスの子供も登場しましたが、このシーンを見ていよいよこの作品も本当に終わってしまうんだなということを実感して寂しくなりましたが、平和になった世界で幸せそうに暮らしている彼らを見て嬉しくもなりました。全125話の長い道のりでしたが、無事完結を迎えることができてよかったです。ちなみにぼくは1期が一番面白かったと思ってます。というか3期と4期のクオリティがもっとよければなあと思わずにはいられない。なんで制作会社変わっちゃったんだろうね。

 

トロピカル~ジュ!プリキュア(2クール目)

 2クール目。やっぱり今までのプリキュアと比べるとギャグ色がかなり強い感じがします。次回予告の時点で笑っちゃう回もあるし。基本的にはまなつ(CV:ファイルーズあい)やローラ(CV:日高里菜)がわちゃわちゃしてる印象ですが、他のメンバーも要所要所でボケに回ってて毎話退屈しません。特に、みのりん先輩(CV:石川由依)がはっちゃけてる回はあたり回な気がする。

 2クール目の一番の目玉はなんといっても追加戦士の登場。ということで、ついにローラがプリキュアに変身しました。宇宙人でもプリキュアになってたので人魚がプリキュアになってもおかしなことはないんですが、足をどうするのかはずっと気になってました。人魚の足には代償が付き物なので、何かあるのかと思ってましたが特に何もなかったどころか、非変身時も足が生えて草生えた。しかも、自由に人魚形態に戻れちゃうという。これで気兼ねなくまなつたちと行動できるので個人的には嬉しいです。それにしてもキュアラメールのビクトリーポーズ激しすぎないか?わけわからないキメポーズ大好き侍にはたまらない一品。

f:id:Tatamin:20210716161857p:plain

足えっちじゃない?

 話は面白いし、キャラも可愛いし今のところ非の打ちどころがない。ちゃんと制作側もプリキュアは大人が見るアニメであるということを自覚してきたのかもしれない。さんごちゃん(CV:花守ゆみり)とかその辺の深夜アニメのキャラじゃ太刀打ちできない可愛さでしょ。朝から花守ゆみりの声が五臓六腑に染み渡っていくあの感覚がたまらねえんだよな。

 話は変わりますが、今作のマスコットキャラクターのくるるん(CV:田中あいみ)めっちゃ可愛くないですか?愛くるしいビジュアルとのほほんとした雰囲気がたまらない。人語を使えないということもあって話に直接関わってくる機会は少ないですが、ちゃんと存在感はあるというマスコットキャラとしてほどよい立ち位置にいる気がします。ケルディオ*3だけはしないでくれよな!

f:id:Tatamin:20210723225046p:plain

 

SHAMAN KING

  最近流行ってる古典作品のリメイク。前回のアニメ化が2001年らしいので実に20年ぶりのアニメ化。今季は古典枠として他にもフルーツバスケットダイの大冒険が放送されていますが、この2つとの大きな違いは主人公以外の大半のキャラはオリジナルキャストを起用しているという点。犬山イヌコの名前をアニポケ以外で見たのは初めてかもしれない。ぼくはリメイク前を見たことが無いので感慨深さとかはないですが、年季は感じますよね。

 霊能力者(シャーマン)の少年 麻倉葉(CV:日笠陽子)がシャーマンの頂点を決める戦い”シャーマンファイト”に参加し、シャーマンキングを目指すという物語。1クール目の内容は”鍛えた技で勝ちまくり(言うほど勝ってない気もするけど)仲間を増やしてシャーマンファイトへ”といったところ。世界観とメインキャラの紹介が丁寧にされてたので、記憶力が乏しいぼくでもキャラを覚えることができました。主人公の葉は熱血というわけでもなく、かといってイキリ系や無気力系でもないという最近だとあまり見ないタイプな気がします。普段はユルい性格ですが、戦闘のときは一変して冷静になるのがカッコいい。静かなる怒りって言えばいいんですかね、冷静さを保ちながら戦うのはカッコいいですよね。葉の仲間たちもそれぞれ信念を持っており、普段は変な一面を見せつつも、戦闘になるとカッコいいんだよな。こういうギャップに弱いのかもしれない。

 そして、女性陣も可愛いんですよね。葉の許嫁(許嫁って響きがいいよね)のアンナ(CV:林原めぐみ)は葉へ厳しい特訓を仕掛けたりと恐妻家っぽい面も見せつつ、誰よりも葉のことを信頼しているところにヒロイン力を感じました。あと、普通に強いのもいいですね。ヒロインは守られるよりも主人公と肩を並べて戦えるくらいのほうが好きなのでアンナはわりと理想的なヒロインかもしれない。途中から出てきたたまお(CV:水樹奈々)はアンナとは反対の性格をしててこれまた可愛かった。なんでも可愛い男。そして何より、ホロホロ(CV:うえだゆうじ)の妹のピリカ(CV:日高里菜)が可愛かった!日高里菜ボイスの妹キャラにハズレはないって古事記にも書いてあります。

f:id:Tatamin:20210714215733p:plain

シャーマンキングになれるのは私のお兄ちゃんだけよ!」 

 話の本筋は2クール目以降から本格的に始まると思うのでこれからが楽しみです。キャラはかなり魅力的だと思うんで今後も期待していいんじゃないかなと思います。わざわざ4クールもあるということは完結までやってくれるんですかね。フルバもダイ大もリメイク前は完結できなかったものを完結させるためにリメイクしてる節もあると思うし、これもそんな感じなんかな。

 どうでもいい話なんですが、このアニメのEDのキャスト欄の並びって毎回違いますよね。その回のメインのキャラが上の方にくるシステムなんですが、こういう演出地味に好きなんですよね。ちゃんとキャラクターたちに花を持たせてる感じがして好きです。

 

魔入りました!入間くん(第2シリーズ)

 2期。1期のラストで入間CV:村瀬歩)がグレるという衝撃的な描写で終わったのでワクワクしながら見始めたんですが、生徒会活動に明け暮れていて”あれはなんだったんだ?”と首を傾げながら見ていましたが、2個目のエピソードの内容だったようで。先にそっちの話から始めて欲しかったけど、いきなりグレさせたら子供がびっくりしちゃう*4から仕方ないか。
 2期1クール目の見どころはなんといってもグレた入間でしょう。入間が付けている指輪の化身であるアリさん(CV:三木眞一郎)の性格改変魔法によって普段と真逆の性格にさせられてしまいましたが、普段では考えられないほど強気な入間は見ていて楽しかったです。悪魔には”悪周期”と呼ばれる性格が豹変する期間があるので、周りの人たちはそれだと勘違いしているんですが、それでも性格が変わった入間を受け入れてくれているところから入間の人望の厚さがうかがえます。悪周期期間中に王の教室(ロイヤル・ワン)への移動を提案し、そのために行動するんですが、そこでも学園内での入間の人気がわかります。事務員さんたちが許可証を持ってきてくれたところとか思わず泣いてしまった。1期のラストを見たときはどうなることかと思っていましたが、まさか心温まるエピソードになるとは思ってませんでした。

 入間がもとに戻った後には、入間の正体を知る人物が増えるという物語的には結構大きそうなエピソードがありました。空想生物学の教師であるバラム(CV:小西克幸)に入間の正体がバレたときは(というより自分から正体バラしてたけど)どうなることかと思いましたが、結果的には理解者が増えてよかったですね。とはいえ、クラスメイトたちにバレたら大変なことになりそうですし、入間はもっと危機管理力を身に付けてくれ。

 普段はこういうジャンルのアニメは苦手なんですが、入間くんは楽しみながら見れてます。やっぱキャラ魅力が重要なんやなって。あと、ぼくが一番好きなキャラはクロム(CV:東山奈央)なんですが、出番が少ないので2クール目のどこか一か所だけでもいいので活躍の場を与えてやってくれ。頼むよ~。

 

キラッとプリ☆チャン シーズン3(5クール目) 

 3年間続いたプリチャンシリーズもついに最終幕。全国の女児のコメントを見ながらプリチャンを見るのが月曜日の日課になっていたので喪失感が結構でかい。この穴をどうやって埋めればいいのだろうか。

 4月放送分は最後の日常回ということでいつも以上にエンジンがかかっていました。ライスエリアの狂気回からのしんみりしたメルティックスターの当番回、回によって内容の差が激しい(誉め言葉)のもプリチャン魅力の一つだったかもしれない。日常回ラストの147話はみんな大好き福田脚本回。泣くような内容じゃないのに泣いてしまったんだよな。福田脚本回は他の脚本家の回よりもぶっとんだ内容になりがちだったので毎回楽しみにしていました。ここまで脚本家を意識したのはプリチャンが初めてかもしれない。

 4月末からはクイーンズ・グランプリが始まりました。まあ、プリチャンは後攻有利なのでライブ順で誰が優勝するかわかるんですけどね。全人類の予想通りミラクル☆キラッツが優勝し、パレードが始まるというところでルルナが復活、プリチャンが禍々しい姿に。最終回直前で大事件が起こるのもプリチャンのお約束ですね。シーズン2の頃は地球が危機を迎えてたような覚えがありますが、今回はルルナの”マスコットによって管理されたプリ☆チャンの実現”という小規模なものになってます。まあ、この世界でのプリチャンは老若男女問わず人気があるコンテンツなので当人たちにしてみればたまったもんじゃないけど。現実で例えるならドワンゴによって完全に管理されたニコニコ的な感じですかね。運営の圧力によって淫夢動画が消滅したニコ動とか嫌だもんな、それ以前にニコニコがオワコンというのは別として。話を戻して、これまたプリチャン恒例のボスキャラの合体曲が披露されたんですがこれがめちゃくちゃよかった。ソルル単品(Despertar del SOL!)もルルナ単品(Lustro della LUNA)もいい曲だったんですが、合体したら(Awakening Light)2曲の雰囲気のいいところ取りみたいになってました。早く配信してくれよな~。その後、地球に危機が訪れ、それを止めるためにソルルとルルナは消滅してしまうのですが、七つの大罪の感想でも書いた通り最終話直前でキャラが退場するの結構好きなのでたまらない展開でしたね。ときめくぜ。

 最終話では数年後のキャラたちを描いたエピローグをやっていましたが、ニコニコのコメントを見てたのではないか?と疑うレベルでサービスが行き届いていました。あんえもの百合とか妹山のおしゃまへの加入とか見たかったものを一気に見せてくれました。あとはベタですけどシーズン1のOPのライブシーンで泣いてしまった。最終話で初代OPを流すアニメは名作ってそれ一番言われてるから。綺麗な終わり方だったんじゃないかなと思います。

 プリチャンは終わってしまいましたが、秋からまた違うシリーズが始まるらしいので楽しみです。あとアイドルランドプリパラはまだ時間かかりそうですかね?

 

SSSS.DYNAZENON

 GRIDMANの続編。とはいえ、GRIDMANは綺麗に完結しちゃったので、世界観とか登場人物は一新されてます。ぼくはグリッドマンの原作を知らないので詳しいことはわからないんですが、DYNAZENONではいわゆる”2号ロボット”が主役になってる感じなんですね。ぼくはスーパー戦隊を見て育った人間なので、単独で動くロボよりも合体ロボのほうが刺さるのでメカ的にはこっちのほうが好きです。合体は少年のロマンなんだよな。あと、ナイトくん(CV:鈴村健一)たちの再登場は嬉しかったです。前作キャラの再登場ほど興奮する展開はないね。

 始まる前はGRIDMANの二番煎じにならないか心配でしたがうまいこと差別化できてたんじゃないかと思います。前述した合体要素ももちろんですし、今回は仲間との共闘がメインであり、それぞれのキャラの深堀りもちゃんとされてたので、キャラ魅力はこっちのほうが強くなってる感じがします。GRIDMANは六花とアカネのことばっか見てましたが、今作は男キャラも魅力的だったのでちゃんと注目して見てました。まあ、ムジナさん(CV:諏訪彩花)はえっちだったし、ちせ(CV:安済知佳)の腋もえっちだったけどな!

 もう一つGRIDMANとの差別化点として恋愛要素があげられるかと思います。蓬(CV:榎木淳弥)と夢芽(CV:若山詩音)の2人のやり取りを見て何度ニヤニヤしたことか。1話の時点からボーイミーツガール的な始まり方はしてましたが、GRIDMANではそんなに恋愛描写をやってた記憶がなく、ここまでちゃんと触れると思ってなかったので嬉しい誤算でしたね。夢芽のバックボーンにもうまいこと触れつつ、いい感じにまとめてくれました。あと、このアニメは全体的にナチュラル系の演技なので恋愛描写が映えるんですよね。

f:id:Tatamin:20210630225538p:plain

最終話でお互いのことを名前で呼び合う二人。ガウマさんが守りたかったのはこういう未来なのかもな

 とはいえ、回収されなかった謎も結構あると思うんですけど、そのあたりは続編でやるつもりなんですかね。結局、怪獣優生思想がなんなのかもよくわかんなかったしな。最終話のラストで続編っぽいのが示唆されてたので気長に待とうと思います。そのころにはDYNAZENONの記憶残ってなさそうだけど…。

 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

 前季は異世界転生もので日常やられてもなあみたいなこと書いてた気がするんですが、女の子がイチャイチャしてるのなら全然見れますね。というか、キャラが可愛ければ異世界だろうがどこだろうがいいんだよな。そもそも今回に関して言えば異世界転生ものであることを忘れてたんですけどね。神達に拾われた男は主人公がある程度現世の知識を使う場面がありましたが(洗濯屋さん開いてますからね)、この作品はそんなシーンは記憶に残っている限り一切なかったです。スローライフをやるなら働いたりせずに、ガチでスローライフを送ってくれた方がいいのかもしれない。

 聖女の魔力は万能ですも主人公は女性でしたが、毛色はだいぶ違いますね。向こうは女性向けっぽいですが、こっちはがっつり男性向け。可愛い子(種族も様々)がいっぱい出てきます。主人公のアズサ(CV:悠木碧)が女たらしなので最終的には6人の女の子を家族として迎え入れます。

f:id:Tatamin:20210717135000p:plain

左からエルフのハルカラ(CV:原田彩花)、幽霊のロザリー(CV:杉山里穂)、精霊(姉)のファルファ(CV:千本木彩花)、アズサ、精霊(妹)のシャルシャ(CV:田中美海)、レッドドラゴンのライカ(CV:本渡楓)、ブルードラゴンのフラットルテ(CV:和氣あず未)、魔族のベルゼブブ(CV:沼倉愛美)。ベルゼブブ以外は一つ屋根の下で暮らしてます

これは完全な主観なんですけどキャラデザと声優がぼく好みだったのも楽しめた要因の一つだったかもしれません。ぼくはこの中だとライカが一番好きです。ぼくも異世界転生したら料理が上手いドラゴンの少女を仲間にしたいんだよな。あとはファルファとシャルシャも可愛かった。異世界に転生したらロリに慕われるのも夢なんだよな。キャラクターに関してはおおむね満足なんですけど、ぼくは巨乳エルフガチアンチなのでハルカラだけは微妙でした。ぼくが内閣総理大臣になったらエルフの胸は小さくしないといけないという法律を制定したいと思います。

 話の中身はあってないようなものでしたが、こういうアニメは話そのものが面白いかよりもキャラの可愛さを引き立たせられているかが肝心なのでその点においてはかなり良かったんじゃないかと思います。異世界だとなにやってもOKという節があるので、話の幅が広がっていいのかもしれない。各キャラの個人回ではそれぞれの種族特有のエピソードが披露されたりしていましたし、(転生要素はさておき)異世界であることは存分に活用してたと思います。異世界スローライフはこういうのでいいんだよ、こういうので。

 

ゾンビランドサガ リベンジ

  2期。1期1話はわりと衝撃的な展開から始まってましたが、流石に2期は普通に始まってそのまま無難に終わりました。ぼくの記憶が正しければ1期でメンバー全員の話を網羅しきれていなかったはずですが、これで一通り全員の深堀りができたはず。ぼくは特に推しがいるわけではないですけど、個人回見てると面白い回とそうでない回が結構はっきりしてる感じがします。あと、このアニメバカアニメっぽい設定のわりに結構シリアス展開好きですよね。シリアス展開は内容がよければいいですけど、微妙だと一気に話が面白くなくなるのでアイドルもので多用するのは諸刃の剣だと思うんだよな。個人的にはゆうぎり(CV:衣川里佳)の回とかはちょっと違うんだよな。このアニメに求めてるのはこういうのじゃないというか。このアニメはどっちかというと人情とかそういうのをやりたそうな雰囲気は感じるけどね。需要と供給のミスマッチが起きてる。

 個人回で印象に残ってるのは5話のリリィ(CV:田中美海)回。オーデイション番組で天才子役の大空ライト(CV:高山みなみ)と対決するやつですね。天才子役の役で高山みなみを起用するのはセンス◎。決勝で披露する曲が被ってしまった際のリリィの機転の利かせ方が印象的な回でしたが、こういうところで生前の彼女の特徴を出してくるのがいいですね。キャラの魅力を引き出してこその個人回なので、そのキャラにしかできないことをやってくれるともっとキャラクターを好きになれます。ちなみにぼくはこの回を見るまでリリィが生前天才子役だったことを忘れてました。男の娘であることは覚えてたんだけどなあ。

 メンバーは全員ゾンビなので、当然ゾンビであることをバレないように気を付けているわけですが、終盤の災害と幸太郎の失踪が重なってとうとうすっぴんを見られてしまいました。流石に迫害されたり、アイドル活動を続けられなくなるみたいな展開にはならないだろうとは思っていましたが、子供たちに受け入れられているシーンを見て心が温かくなりました。今までの努力は無駄ではなかったんやなって。最終話のチャリティーライブも大成功に終わりましたし、いい感じにまとまったんじゃないかと思います。これまでは売れないご当地アイドルみたいな立ち位置で話が進んでましたが、仮に続編をやるならついに全国区デビューしたりするんですかね。

 あと、ゾンサガのライブシーンのCGってイマイチじゃないですか?虹ヶ咲アイプラを見た後だと違和感を感じてしまう。人は一度目が肥えてしまうともう戻れないので、頑張って最新の水準まで追い付いてきて欲しい。

 

B

憂国のモリアーティ(2クール目)

 秋に放送されていた分の続き。モリアーティ(CV:斉藤壮馬)の「Catch me if you can, Mr. Holms」というセリフにゾクゾクしたのを覚えています。モリアーティには国を変えるための計画があり、ホームズ(CV:古川慎)には犯罪卿(=ホームズ)の正体を暴くという目標があるわけで、どちらの願いが成就するのか気になっていたんですが、明確な決着がつかずに中途半端で終わってしまい個人的には期待外れでした。モリアーティには悲劇的な結末が待ってて欲しかったなあ。

 モリアーティはこれまでに(殺されて当然とはいえ)貴族を殺し続けてきたと言うこともあり、最終的に負けるのはモリアーティかなというのは当初から思っていました。で、ホームズが犯罪卿の正体に薄々気付いてはいたので、どうやって正体を暴いて裁きを与えるのかというところに注目していました。で、実際にホームズに犯罪卿の正体がばれるんですが、まさかの第三者による介入で偶然知ってしまうという。仕方なかったとはいえちょっと味気ないなあとは思いました。それ以降、ホームズは犯罪卿を捕まえるというよりは、モリアーティを救うという思いが強くなっていきます。1クール目の頃は事件にしか興味がない男みたいなイメージだったんですが、結構印象が変わりましたね。

 物語のラストではモリアーティは自身の死をもって計画を完遂させようとし、それをホームズが阻止しようとします。最終的にはモリアーティの生死不明(=生きている)で終わります。無難な終わり方ではあるんですが、モリアーティが死んで絶望するホームズや荒れ狂う民衆を見たかったなという思いもあります。納得はしてるけど満足はしてないって感じ。ぼくは悪役には悲劇が待ち受けていて欲しいと思ってるので。どっちの終わり方がキレイだったかと言われると諸説あると思うんですが、ホームズが真の主人公であったのならこのオチになって然るべきではあると思います。でもやっぱなあ…。

 1クール目と比べると爽快感は減ったので楽しみ方が変わりましたが、まあ無難な内容だったんじゃないかなと思います。むしろ2クール目はホームズ陣営の話のほうが面白かったまである。ぼくが好きなキャラソンの一節に”たとえ悲劇が待ち受けようと 白くときめく道だけ選ぶ”というフレーズがあるんですが、悪役にはこれを貫いて完遂してほしいというぼくの中の美学が邪魔をしてしまったというのは否めませんね。

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(3クール目)

 3クール目。ダイが記憶を失ったあたりからザムザを倒したあたりまで。前も書いた気がするんですけど、この作品って箸休めのタイミングが全然ないですよね。一難去ってまた一難の繰り返しな気がする。物語が進むにつれて敵の強さがインフレしていくので、毎回ギリギリのところで勝利してる感じ。最近は敵に苦戦する描写があるアニメも少なくなってるのでこれはこれで新鮮な感じがします。30年前の作品なんですけどね。

 前半はダイ(CV:種﨑敦美)とバラン(CV:速水奨)の対決が一番の見どころ。悪側についた父親と主人公との対決はアツいよな。戦局的にはわりと絶望的でしたが、仲間の想いを背負ってなんとか相打ちにまで持ち込みました。それにしてもダイはもう少しメンタルがなんとかならんのか?頼もしいときと脆いときの差がでかすぎる。あと、ダイに目がいきがちですけどポップ(CV:豊永利行)もカッコイイよな。話が進んでいくにつれて頼りがいのある男になってる気がする。やっぱこの作品の真の主人公はポップだと思うんだよな。

 後半は久しぶりにマァム(CV:小松未可子)と再会しました。アバン先生からもらった道具が壊れて今後どうするのかと思っていましたが、僧侶戦士から武闘家にジョブチェンジするのはなるほどって感じ。その後は当然のように敵襲がありましたが、成長した彼女たちの実力を見ることができました。敵の強さもインフレしてますが、ちゃんとダイたちも成長してるんだってことは感じ取ることができます。戦闘後はマァムがパーティに復帰してくれたので今後の活躍が楽しみです。やっぱパーティに戦闘ができる女の子は必要なんでね。

 話数的にはだいたい半分くらいだと思うんですが、ここからどうクライマックスへ持っていくか楽しみです。

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω  

  2期。異世界転移系のアニメということで、当然無双をしながらハーレムを築くんですが、主人公が魔王のロールプレイをしながら自分のコミュ障を隠すっていうのはわりと珍しいタイプかもしれません。実際の発言とモノローグで性格が違うっていうとオーバーロードを思い浮かべます。あれ、それほど珍しくない?あっちは別に中身がコミュ障ってわけではないけど。で、異世界魔王の魅力はえちえちポイントが高めな点。メインヒロインに巨乳とちっぱいを揃えておくことで両対応できるようにしてあるのはポイント高い。こういうえちえちアニメはとりあえず登場する女の子を巨乳にしておこうという悪しき風習があるのでね。でも、エルフのおっぱいは小さくあるべきなんだよなあ。ぼくが内閣総理大臣になったら”エルフも胸は小さくなくてはならない”という法律を制定します(二度目)。

 個人的に1期は結構面白いと思って見ていたんですが、2期は正直微妙だったかなと思います。タイトルに”奴隷”とある通り、メインヒロインの二人は主人公であるディアヴロの奴隷であり、その二人との絡みを見るのを楽しみながら見てたので、彼女たちとの絡みが少なかったのが一番の理由かもしれない。奴隷の女の子に優しくしたり、ときにはたじろいだりするやつ好きなんだよな。盾の勇者のラフタリアとか。ぼくの将来の夢の一つが異世界転移して奴隷の女の子を従えるというのがあるので憧れちゃうんですよね。それはいいとして、2期ではルマキーナ(CV:伊藤美来)やホルン(CV:内村史子)が登場して、彼女たちがメインのエピソードがメインに繰り広げられていたのでメインのシェラ(CV:芹澤優)とレム(CV:和氣あず未)のエピソードがかなり少なかったです。ルマキーナたちのエピソードもそんなに面白くなかったしな。たいしてえっちなシーンなかったし。あとは、単純に日常シーンが少なかったというのも大きいかもしれない。どっちかというと話の内容よりもキャラの絡みを楽しむアニメだと思ってるので、戦闘シーンやシリアスパートが多いと退屈に感じてしまいます。しかも、そういうシーンが多いと必然的にえっちシーンも減っちゃいますし。話自体はそんなに面白いわけではないしなあ。

f:id:Tatamin:20210613205322p:plain

やっぱりこの二人なんだよなあ。キャラが増えても初期ヒロインがしっかりかわいい作品っていいですよね

 2期になって個人的に許せないポイントが一つあるんですよね。それはレムの衣装です。2期中盤でレムが衣装チェンジしたんですけど、どう考えても1期の衣装のほうがよくないか?

f:id:Tatamin:20210613204730j:plain

左が1期、右が2期(いずれも公式サイトのキャラクター紹介ページから引用)

2期の衣装はもはや裸では?ディアヴロから貰ったからとはいえこの服を好き好んで着てる時点でレムも十分すけべだよな。ぼくは露出が多いかどうかよりもかわいいかどうかを重視するので、2期の衣装は微妙な感じでした。それにしてもこの衣装ってちゃんと履いてるのか?微妙とは言いましたけど、どういう構造をしてるかはわたし気になります!

 いろいろ書きましたが、1期と比べると微妙だったよなあという感想に尽きます。7話みたいな日常パートは面白かったですし、やっぱシリアスの比重がでかかったのがよくなかったんかなあ。全10話で寄り道する時間がなかったっていうのもあるかもしれないですが。それにしてもこのアニメのエンドカードめっちゃえっちですよね。エンドカードに力を入れているアニメは名作ってそれ一番言われてるから。

f:id:Tatamin:20210613205911p:plain

 

バック・アロウ(2クール目)

 1クール目のときはそこまででもなかったんですが、2クール目は結構面白かったと思います。特にシュウ(CV:杉田智和)が消滅した後あたりからの盛り上がりはすごかった。メインキャラクターの死は物語の最高のスパイスかもしれない。まあ、実際は消滅してなかったんですけどね。

 この作品に限った話じゃないんですけど、序盤が微妙だと真面目に見なくなってしまうせいで、途中から面白くなってもいまいち内容を理解できないまま終わっちゃうんですよね。前クールでこの物語のゴールがどこで、それを達成するために今何をしているかがわからないみたいなことを書いた気がするんですけどまさにこれを引きずっていたせいでちゃんと楽しめていたかと言われると怪しい。完全に雰囲気で楽しんでたので内容に触れるのはやめときます。1クール目以上の感想が出てこない、あんま内容覚えてないしね。とはいえ、2クール目は雰囲気だけで楽しんでいたとしても、かなりアツかったです。こんなことなら1クール目から真面目に見とけばよかった。あまりアニメに好き嫌いがないと思ってましたが、こういうタイプのアニメが苦手なのかもしれない。

 

聖女の魔力は万能です

 召喚されるタイプの異世界もの。そして、主人公は女の子&取り巻きは男性。女性向け異世界ものって感じなんですかね。女性向け異世界ものといえばはめフラもありましたが、あっちは百合描写のほうが目立ってたので、純粋に女性主人公の異世界ブコメは初めて見た気がします。こういうのって実際に女性受けするんですかね?

 主人公のセイ(CV:石川由依)は”聖女”として異世界に召喚されますが、同時に召喚されたもう一人の女の子ばかりもてはやされ、”それならこっちも好き勝手してやる”ということで城を飛び出し、薬用植物研究所で働くことにします。これはあれですね、いわゆる”追放系”の亜種ですね。まあ、セイは復讐を企てたりしてるわけではないのでちょっと違いますけど。異世界に召喚されただけあって、研究所でも聖女の力を存分に発揮して注目の的になります。これはあれですね、いわゆる”なんかやっちゃいました?”系ですね。まあ、セイはわりと自分の力を理解してたのでちょっと違いますけど。わりとやってることはよくある異世界ものですが、主人公の性格や行動だけでここまで印象変わるんですね。イキリはよくない。で、騎士団の団長や研究所の所長、魔道師団の師団長といろいろな男性から興味を持たれることになるんですが、展開としては少女漫画っぽいなと感じました。男主人公だと周りのヒロインが無条件で股を開くことが多い印象なので、それも含めて新鮮に感じました。

 序盤はどちらかというとスローライフ系で、ポーションを作ったりしながら周囲の人たちと親睦を深めていくといった内容。後半になると戦闘描写なんかも出てくるんですが、ぼくは序盤の雰囲気が好きだったので後半は微妙でした。結局、ラブコメ的な展開も全然進展しませんでしたしね。まあ、前半の内容をダラダラやってたらそれはそれで飽きそうですが。あと、もう一方の聖女のアイラ(CV:市ノ瀬加那)のエピソードも微妙な感じでした。セイのことをないがしろにしていた王子が意外にいろいろ考えてたのが分かったのは結構面白かったんですけど、アイラ自身のエピソードが弱かったなあと。せっかく同時に召喚されたんだからもう少しメインの話に絡んでくれたらなと思いました。

 この作品を通して女性向けの異世界ものも結構いけるんじゃないかと思ったんで、今後増えたらいいなと思います。巷では異世界ものってだけで嫌悪感を抱いてる人もいますけど、そういう人におすすめできるジャンルになれるんじゃないかと思います。でも、女の子が主人公ならスライムみたいにブヒ性能に特化してくれてたほうがぼくはうれしいけどな!

 

ゴジラS.P<シンギュラポイント>

 スーパー戦隊以外の特撮にほぼ触れることなく生きてきたので、ゴジラ関連の作品を見るのはこれが初めてだったりします。もともと、これまでゴジラシリーズに触れてこなかった層を取り込もうとして企画されたらしいので*5むしろぼくみたいな人間がメインターゲットだったのかもしれない。ぼくの勝手なゴジラのイメージは、街を破壊するゴジラに対して地球上のあらゆる兵器を使って立ち向かうという感じだったので、この作品を見始めたときもそんな感じの内容になるのかなと思ってたんですが、戦闘の規模はさほど大きくなく、むしろ謎解き要素のほうが強かったです。いわゆる頭を使うアニメですね。

 大学院生のメイ(CV:宮本侑芽)とエンジニアのユン(CV:石毛翔弥)の二人の視点で物語が進んでいくんですが、専門用語が多すぎて話についていけていたかというと怪しい。少しでも情報を取りこぼすと一気に内容の理解が難しくなるんだよな。。謎解き要素が強めな作品なのでちゃんと細かいところも詰めて作ってあるとは思うのでちゃんと話追えてれば面白かったのかもしれませんが、ぼくのキャパでは処理しきれなかった。ただ、謎解きパートは追えなくとも、怪獣との戦闘は楽しめるので退屈はしなかったです。つまり、謎解き要素はいらなかったのでは?あと、この二人は終盤まで直接顔を合わせる機会がなかったということもあって、もう少し絡んでるところが見たかったなあとも思います。ラブコメまではいかなくてもいいけど、ただメッセージアプリ上で議論してるだけだと味気ないですし。なんかいろんなところで物足りなさを感じる作品でした。

 どうでもいい話なんですけど、劇中でメイが着てたCH3I Tシャツが実際に発売されて思わず買っちゃったんですよね。腐っても理系なのでこういうの見ると欲しくなってしまう。あと、普通にメイが可愛かったです。ああいうダサいTシャツ着てる女の子すこ。

 

やくならマグカップも

 ぼくの地元である岐阜県が舞台のアニメ。なんか毎年1作品は岐阜が登場するアニメが出てる気がします(昨年)。今回の舞台は多治見市。日本一暑い町で知られています(少なくとも県内では)。美濃焼が有名でこのアニメでも陶芸の話をしていますが、関市の刃物とかと比べると知名度はそこまででもない感じがしますね。これを機に美濃焼が世に知られるようになるといいね。

 最近は女子高生がおっさんの趣味をやるのがブームになってますが、陶芸は流石におっさんでもやってる人は少なそう。内容としては、主人公の姫乃(CV:田中美海)が亡くなった母親が伝説の陶芸家だったと知り、陶芸に興味を持って陶芸部に入部するといった内容。陶芸が題材の作品ですが、実際に何か作ったりしてるシーンはそんなに多くなかった印象。まあ、画面映えしないしな。かといって陶芸そっちのけで話進めてるわけでもなく、いい感じのバランスだったんじゃないかと思います。

 キービジュアルとかだけ見るとゆるそうな内容にも思えますが、主人公の母親が亡くなっているということもあり、若干シリアスな描写も入っていました。日常モノに無理やり入れるシリアスは悪影響しか及ぼしませんが、この作品の場合は主人公の動機付けや父と娘のハートフル要素に繋がったりしてたので”いいシリアス”だったんじゃないかと思います。父親もあんないい子を娘にもって幸せだろうなとしみじみ感じたりもしました。父子家庭の父と娘のエピソードは涙腺によく効く。姫乃関係の話は面白かったんですが、他の3人のエピソードは印象が薄かったように思います。直子(CV:若井友希)とか何してたか覚えてねえしなあ。

 多治見を強調してるわりには、多治見というか岐阜要素は抑えめだったように思います。そのあたりは実写パートで補ってた感じなんですかね。Bパートはメインキャラ4人の声優が多治見を観光する実写パートになっており、陶芸体験や美味しそうなものを食べたりしてました。ぼくは声優の実写番組を見ていると何故か共感性羞恥が発動してしまう病を患っているので、普段はAbemaやニコ生みたいなのも含めて声優の実写番組はほとんど見ないんですが、これに関しては岐阜が舞台ということもあってちゃんと見ました。結構面白かったです。多治見観光行ってみたいとは思うけど、確実に車必須なんだよな。

 なぜか2期が決まってて草。10月放送開始ってことは最初から決まってたんですかね。わざわざ2期をやるほどのアニメともおもえないけど…。せっかくなら、岐阜県民ならクスッとなるようなご当地ネタをひとつまみしてくれるとうれしいな。

 

すばらしきこのせかい The Animation

 アクションRPGが原作のアニメ。2007年にDSでリリースされた作品*6なので結構古いですよね。今年新作ゲームが出るらしいのでそれに合わせてアニメ化したってことなんですかね。アニメの内容を見てる限りはあまりRPGっぽい感じはせず、むしろアクション要素の方が目立ってましたが実際のところはどうなんでしょう?画面の動きが少なくなる推理パートを端折ったんからそう見えたりしたのかな。アニメならやっぱ動いてた方が楽しいのでもしそういう意図があったりするのならうまくいってたんじゃないかと思います。

 死神ゲームの参加者になってしまったネク(CV:内山昂輝)がパートナーとなったシキ(CV:鉢嶺杏奈)と協力して死神ゲームと自身の記憶の秘密に迫っていくというストーリー…かと思ってたら途中でシキが退場してたまげました。しかも他の参加者も女の子だけ退場していくので中盤以降は敵陣営の一人以外女の子が画面からいなくなってしまいました。悲しい、あまりにも悲しすぎる。死神ゲームは二人一組なので、シキの退場後も男とペアを組んで行動していましたが、やっぱり女の子は欲しいよなあ。男キャラに魅力がなかったわけではないですが、華が欲しいね。

 結局死神ゲームが何なのかはイマイチ理解していないんですが、キャラクターのバックボーンとかはちゃんと触れていましたし、物語を通してキャラクターの成長がわかりやすく描かれていてメインキャラクターたちへの感情移入はしやすかったです。そのあたりの描写がしっかりしていたからこそ最終話のラストの演出が光るんですよね。シキが本来の姿でみんなと会うシーン(ここで本来の顔を描写しないところがいいんですよね)であったり、ネクが他人を拒絶するために付けていたヘッドホンを外すシーンであったり。やっぱ物語はハッピーエンドじゃないとな。

 話の内容は特に悪いところもなかったんですが、やっぱ途中で女の子がいなくなると見るモチベが低下してしまいますね。ぼくは萌え豚なので。シキもライム(CV:竹達彩奈)も可愛かっただけにもったいなさすぎる。男女のパートナーというとハンドシェイカーを思い出すので、そういうのを期待してたのがよくなかったのかもしれない。でもなあ、途中で退場するのはなあ。

 

NOMAD メガロボクス2

 2018春に放送されたメガロボクスの2期。1期が綺麗に終わったということもあってわざわざ続編作らなくてもいいのにと思っていて、最後まで見てもまあ蛇足だったかなという感じです。序盤は意外性があって面白かったんですけど中盤以降は微妙でした。1期の頃のよさを消してるんだから中盤以降化けの皮が剥がれちゃったらそうなるわな。

 1話を見た時点では、「ジョー(CV:細谷佳正)がグレてる!?南部さん(CV:斎藤志郎)が死んだ!?サチオ(CV:村瀬迪与)はどこ行った!?」と1期を見ていた人間からすると驚きの光景が広がっており、1期終了時点からの7年間で何があったのか、そして今後どうなっていくのかということがめちゃくちゃ気になっていました。1期が綺麗に終わってたからなおさら。7年間で何があったのかはストーリーが進むにつれて明かされていきましたが、そこに関しては納得がいく内容になっていたと思います。それにしても南部さんかっけえよなあ。末期ガンでボロボロになりながらもジョーや”番外地”のみんなを気遣っているのを見て泣きそうになってしまった。

 ジョーや番外地の面々のエピソードはよかったんですが、2期はジョーたち以外のキャラにもかなりスポットが当たっており、むしろジョーがそいつらの引き立て役に回っているのをモヤモヤしながら見てました。1期の頃はギアを付けずに戦うジョーが強豪たちをなぎ倒していく爽快感がよかったのに、2期はそういうのがなく、どちらかというと人情ものに特化しており、ぼくが見たかった内容とはずれていました。ジョーも精神的に成長したということを描きたかったのかもしれませんが、牙が抜けてしまったジョーは見たくなかったよなあ。極めつけは最後の試合。話の流れ的にジョーが勝つことはないだろうとは思ってましたが、せめてギアは付けないで欲しかった。もちろん、ギアを付けて戦ったのには理由があり、ぼくも納得はしているんですがギアレスジョーを見たかったという思いは捨てきれませんでした。

 正統派続編というよりは変化球のような内容でしたが、個人的には微妙でした。ここまで作風を変えられると戸惑ってしまいます。1期の内容が結構好きだっただけにちょっと残念。番外地のみんなの成長した姿が見れたのは嬉しかったですが。あと南部さんが亡くなってたのが普通にショックでした。メガロボクスで一番好きなキャラだったので。ぼくは可愛い女の子もすきですが、おっさんキャラも好きになりがちなんですよね。

 

ショート

黒ギャルになったから親友としてみた。 

 今季の僧侶枠。女体化ものですが公式のジャンル的にはBLらしい。主人公のシオンが謎の女に薬を盛られ女体化したところへ、友人のルイが戻ってきたところで口説かれてしまう…といういかにも僧侶枠というかんじのイントロダクション。最初こそシオンであると思わずに口説いていましたが、正体がわかった後も普通に一線を越えてて”やっぱりホモじゃないか(歓喜)”。最終話では男の姿と女の姿の両方でえすいばつを楽しんでおり、TSってこういうジャンルなのかと知らなかった世界への知見を得ました。ぼくはホモではないのでこれを見て興奮はしませんでしたが、女の子バージョンだったら普通に使えるかもしれない。でも、TSよりはふたなりのほうがいいよなあ。話の内容的には、”登場人物が全員ホモ”という前提があれば普通に成立する話だったので、僧侶枠特有の”そうはならんやろ…”となる展開が少なくて僧侶枠のなかではわりと面白かったです。

 一つ気に入らなかったのは主人公の声。女体化前後で声優を変えて欲しかった。男の姿の時も女声なのは違和感を感じました。ショタならまだしもチャラ男だしな。こういう部分でこだわりを見せて欲しいところ。イケボの男が女体化したら可愛い声になったほうがギャップ的によくないですか?知らんけど。

 

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期(3クール目)

 放送頻度と尺がちょうどいいよなって感じ。このアニメのせいでさよなら私のクラマーの男3人組がくるみの3人組にしか見えなくなってしまった。今後、外野で解説をする男3人組を見るたびにこのアニメを思い出すことになるんだろうなあ。

 

B-

転生したらスライムだった件 転スラ日記

 転スラのスピンオフ。とりあえず言いたいことは”なんで30分アニメにした?”ということ。5分とまでは言わないですけど、15分アニメだったらまた変わってたと思うんですよね。30分は冗長すぎる。キャラクターのいつもと違う側面を見れるのがこういうアニメの醍醐味だとは思うんですけど、30分間茶番を見せられ続けるのはなんか違うんだよな。ぼくが転スラのストーリーが好きなだけで、ミリム以外のキャラクターに対してそこまで愛着がないせいかもしれませんが。

 本編では何かしら問題が進行してることが大半なので、ここまで平和な日常を見るのは初めてかもしれない。日本文化がテンペスト内の随所に散りばめられてたのが気になったんですけど、これってリムルが持ち込んだんでしたっけ?普通に定着してて笑っちゃったんだよな。この作品はサブキャラまで含めると結構な数のキャラクターがいますが、流石に3クール見てきただけあってほとんど覚えてるのでスピンオフにありがちな”こいつ誰だよ”現象は回避できました。スピンオフオリジナルキャラがいないのもでかい。なので、話自体は悪くなかったんですけど、絶対15分にしてサクッと見れるようにしたほうがよかったと思うんだよなあ。転スラはストーリーはいいけどキャラ同士のノリはちょっと寒いと思ってるので、キャラの絡みだけで30分はちょっとしんどかったです。

 転スラ日記を見てて思ったんですけど、転スラって女性のメインキャラって少ないですよね。シュナ(CV:千本木彩花)、シオン(CV:M・A・O)、ミリム(CV:日高里菜)、シズ(CV:花守ゆみり)くらい?シズに至っては死んでるけど。主要キャラの大半が男性ってのは異世界モノにしては珍しいかもしれない。もしかして、ぼくが転スラ日記を楽しめなかったのは女の子が少なかったからという説あります?まあ、ミリムさえいればあとは別にいいみたいなところあるけどな。というかミリムがばちくそかわいかった。第2期第1部で不足していたミリム成分を補給できただけでもこのアニメに価値はあったかもしれない。かわいいだけでなく、ギャグ要員になって話を動かせるのもでかい。あと、いろんなコスプレを披露してくれてめっちゃかわいかったのだ!

f:id:Tatamin:20210629175430p:plain

f:id:Tatamin:20210629175543p:plain

かわいい
 夏からは本編の2期2クール目が始まるので楽しみです。転スラ2期1クール目は結構いい感じだったと思うんでわりと期待してます。ペリカンの生放送では”ペリカンと外人しか見てない”なんてコメントで言われてましたが、ぼくはもう少し評価されてもいいと思うんだよな。

 

ポケットモンスター(7クール目)

 毎回言ってる気がするんですけど出来が良い回と悪い回の差が激しいんですよね。というより未だにゴウのことが嫌いなのでゴウがメインの回が嫌いなだけという説もあるんですけど。ぼくはDP世代なので一番思い入れのあるシリーズもDP編ですが、あの頃と比べてクオリティが下がってるのは単なる思い出補正だけではないはず。DPもサトシとヒカリのW主人公みたいな感じありましたが、少なくともゴウにはヒカリほどの魅力がない。

 今回も印象に残ったエピソードをピックアップしていきます。

第62話「じめじめジメレオン」

 可愛かったメッソンがついにジメレオンに進化してしまった。ゴウが登場する唯一の利点だったメッソンを失ったことでゴウへのヘイトがさらに高まってしまった。しかも、ジメレオンになって引きこもり生活を始めたことでジメレオン自体の出番も激減することに…。

第64話「嫌われたアブソル」

 アブソルは別に災いを呼び起こしてるわけではないというのはポケモン界の常識ですね。ぼくはポケスペで学びました。こういうポケモンの図鑑テキストを活かした話は面白くなる傾向にあると思います。

第65話「ドラゴンバトル!サトシVSアイリス!!」

 過去キャラが登場するエピソードは面白い。アイリスといえばアニポケ暗黒期の象徴みたいなキャラですが、久しぶりに見たら可愛かった。しかも、今回はBW2のチャンピオンの衣装まで披露してくれるというサービスっぷり。サトシとのバトルも見ごたえがあって、往年のファンへのサービスが行き届いた回でした。

第66話「フラベベの白い花」

 今シーズンで一番の神回。フラベベがめちゃくちゃ可愛かった。知識として知ってはいたけどフラベベってあんなに小さいんですね。一応、ゴウのメイン回ですけどこの回に限ってはよかったです。

第67話「ゴウにライバル!?ミュウへのみち!!」

 シゲル登場回。初代の頃はイヤミな奴という印象が強かったですが、シゲル自身も成長してるからか、サトシとのやり取りも大人になってました。サトシとシゲルのやり取りを見てゴウが嫉妬していましたが、お前はサトシとは釣り合わないんだからこれを見て退場してくれって感じ。あと、この回でサトシのポケモンたちの何体かが再登場してましたが、一部のポケモンにしか声が付いてなかったのは寂しかった。そして、サトシのベトベトンやシゲルのカメックスの声が石塚運昇から変わってて泣きそうになってしまった。

第70話「おねがい!モルペコゲットして!!」

 ロケット団回。ついにモルペコがコジロウにゲットされました。ロケット団回は当たりが多いというのはアニポケ界では通説ですが、今回も期待通りでした。とはいえ、モルペコが問題児な事には変わりないので今後どうなっていくかは見ものですね。

第72話「地下迷宮シャッフルパニック!?」

 サトシ一行とロケット団が一緒になってわちゃわちゃする回も当たり回が多いと思うんですけどどうですかね?個人的にはニャースとコハルのやり取りがよかったです。今のキッズってニャースの過去とか知らないと思うんだけどどうなんだろう?というか今の大学生とかですら知ってるかどうか怪しい説あるけど。

 そういえば、EDが変わりましたね。前のEDは頭お花畑すぎて嫌いだったので早く変わってくれと願い続けてきたんですが、新EDもまあ微妙ですね。ADV~DP世代の名曲で育ってきたものとしてはどうにかしてほしいと思ってしまう。これも老害の思考なのかなあ。あるいは、タイプ相性表はポケモンに触れたことがある人なら全員暗記しているというぼくのなかにある前提条件が間違っているのかもしれない。最近だとゲームの技選択画面でタイプ相性見れるようになってるしね。”こういう歌を通してタイプ相性を覚えてね”というメッセージなのか?でも、もう少しカッコよくできなかったのかなあ。

 

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

 成人男性が女子高生を拾って同居生活をするというどこかのエロ漫画かと思うような展開でスタートするラブコメ。案の定、これを見て「犯罪だ!」とかなんやかんや言ってる人たちがいましたが、こういう人たちにエロ漫画見せたら泡吹いて倒れちゃうのでは?創作を創作であると認識できない人はうんぬん。

 会社員の吉田(CV:興津和幸)が家出女子高生の沙優(CV:市ノ瀬加那、以下さゆちゃそ)と同居するという設定だけ見ればエロ漫画ですが、登場人物が基本的に聖人しかいないので特にえっちな展開にはなりませんでした。ただ、さゆちゃそは吉田と出会うまで援交を繰り返して寝る場所を確保していたということもあって非処女なんですよね。これえっちポイント高くないですか?世の中にはヒロインは処女でなければならないと考えている人もいるようですが、その考えは浅井秀一なんだよな。見た目は清楚そう(アニメの女子高生はだいたいそうだけど)な女の子が実は経験者だったらゾクゾクしませんか?ぼくはする。清楚っぽいイメージのある市ノ瀬加那の声もこれを引き立たせていますね。あと、回想シーンでさゆちゃそがオナニーしてるシーンもあってえっちでした。というかテレビで放送していいのか?

f:id:Tatamin:20210720215344p:plain

f:id:Tatamin:20210720215408p:plain

接触ってるシーンは描かれませんでしたがここまではっきり描いてるアニメは初めて見た

一応、劇中でさゆちゃそが吉田にちょっかいをかけるシーンもありますが、どちらかというと微笑ましく見えるシーンなのでそこまでえっちではなかったり。設定にだけえっちポイントを全振りしてる作品でした。まあ、そのせいで印象悪くなりやすいんだろうけど。で、吉田とさゆちゃその関係性で一つ言いたいのは、さゆちゃそがデレるのが早すぎないか?ということ。今までの男と違って優しくされることでだんだん心を開いていく的なのを期待していた身としては少し物足りなかったです。まあ、これはこれでいいんだけど。吉田とさゆちゃその共同生活を見ててニヤニヤできたのでヨシ!

 女子高生をかくまっているわけなので、当然人目は気にしないといけないわけなんですが、登場人物がみんな聖人なのでハラハラするような展開は特になかったです。吉田の同僚やさゆちゃそのバイト先のギャル(CV:川井田夏海)がぐう聖なのはもちろん、さゆちゃその昔の男(CV:逢坂良太)は我々の脳を破壊してくるかと思いきやすぐに改心するし、さゆちゃその兄(CV:鳥飼浩輔)は普通にいい人だったりと肩透かしをくらってばかりだったように思います。もうちょっとヒヤヒヤする展開があってもよかったのにね。一応、さゆちゃその家での経緯はわりと重かったですが、わりとあっさり解決しちゃってやっぱ物足りなさを感じました。まあ、女子高生との共同生活をメインでやりたいのならそのあたりはガッツリやらなくてもいいっちゃいいけども。

 ところで、吉田と同僚の女との話いる?それこそ女子高生との生活を見に来てるわけなんだから、別に同僚の女との恋愛模様とかたいして興味ないんだよな。結局たいして進展してなかったし。あと、もう一つ文句を言いたいのは最終話のラスト。高校を卒業したさゆちゃそと再会するところで終わるのはいいんですよ。それまでの流れもまあちゃんとしてたし。問題はエンドカード

f:id:Tatamin:20210720220807p:plain

これはないでしょ。結局のところ、吉田に拾われたのがよかったっていうのが重要なポイントなのにエンドカードでこんなこと書くのは制作陣のセンスを疑う。個人的にはこれでかなり印象が悪くなりました。ぼくがこの作品に対して感じていたことと制作側が意図していたことの食い違いを目の当たりにした気がして悲しくなりました。

 

バクテン!!

 ノイタミナ作品であり、今季スポーツアニメ四天王の一つ。題材は男子新体操。今季のスポーツはカバディ以外競技シーンが少ないのが特徴なんですが、これもその特徴があてはまります。スポーツアニメはスポーツそのものを魅せるタイプと、スポーツはあくまで舞台装置でキャラクターをメインで魅せるタイプのアニメの2種類があると思っているんですがこの作品は後者。別に後者のタイプが悪いとは思ってないんですが、男キャラがメインの話の場合、ぼくは野郎同士の絡みに興味がないので競技の描写が薄いとあまり楽しめない感じです。ぼくが初めて見た男がメインのスポーツアニメがユーリ!!! on iceだったのもよくなかったよな。いきなり100点を見てしまったら、もう戻れねえよ。

 新体操未経験である主人公の双葉(CV:土屋神葉)が男子新体操部に入部するところから物語が始まります。人数が足りない部活に主人公が入部するところから話が始まるっていうのは最近のテンプレになってる感じがしますね。そうでもしないと未経験者の主人公に活躍の舞台を上げられないからっていう事情もありそうですが。新体操の場合、人数が少なくても大会に出場できますが、その分減点されてしまうというルールがあるため、初心者の主人公が期待されるのは納得ができます。入部後は練習、合宿、大会と一通りのイベントがありましたが、新体操に関係ない茶番シーンが多すぎる。かくれんぼの話とか仮病の話とかそれぞれ1話まるまる使ってやるような話か?茶番をやるなとは言わないですけど、今後の展開にとってプラスになる内容でもないですし、わざわざ長尺をとってまで入れなくてもよかったのになと感じました。こういうのは円盤特典のドラマCDでやってくれ。

 一番印象に残ったのは監督(CV:櫻井孝宏)のケガの話。選手たちのバックボーンはもちろんですが、指導者のバックボーンがわかると信念であったり指導方法の意図であったりが見えてくるので面白さが増すと思います。まあ、その話の直後に仮病の話をするのは台無しだと思うけどな。ケガの話で言うと、終盤で双葉がけがをした際のやり取りなんかもよかったです。過去の自分と照らし合わせて思うところがあったんやろなあ。

 あと、競技シーン自体は結構よかったと思います。CGがめっちゃ綺麗だった。演技もモーションキャプチャーで実際の動きをアニメ化しているらしいですし、かなり力が入ってました。ちなみに、皆さんは演技中にモノローグが欲しい派ですか?ぼくは欲しい派です。ユーリ!!! on iceボールルームへようこそで競技中のモノローグの魅力に気付いたんですが、団体競技でモノローグ入れるのはやっぱ難しいのかなという思いもあります。

 競技シーンはよかったんですが、キャラクターをあまり好きになれなかったのがこのアニメを楽しみ切れなかった一番の要因な気がします。ぼくはどっちかというと熱血タイプのキャラが好きなので、このアニメの雰囲気が合わなかったのかもしれない。あと、どうでもいい話なんですが双葉の妹(CV:上田麗奈)がどちゃくそ可愛かった。これに関しては滅茶苦茶評価してる。ちなみに、双葉が寮に入るってなったときに泣きました。妹の出番がなくなるので。

f:id:Tatamin:20210716155739p:plain

妹属性ってツーサイドアップと一番相性がいいと思うんだよな。サイレントラボウルトラネクロズマ(SM12)くらい相性がいい

 

BLUE REFRECTION RAY/澪

 魔法少女ものですが、ファンタジー要素よりも人間ドラマを重視してる感じがします。というより世界観の説明があまりないのでファンタジーアニメとして楽しむには物足りない感じがします。ファンタジー要素もある百合アニメくらいのノリで楽しむのが一番よさそう。

 未だにこのアニメのゴールが見えて来ないんですけど、主人公たちの最終目標はどこにあるんでしょうかね。人類を脅かす怪物のような明確な敵役がいればわかりやすいんですけどね。ぼくが忘れてるだけでそういう存在がいるのかもしれないですが、それにしては存在感が無さすぎる。一応、妹の陽桜莉(CV:石見舞菜香)陣営と姉の美弦(CV:上田麗奈)陣営で対立しているのはわかるんですが、何がどうなって対立しているのかよくわからない。美弦陣営の裏に何か裏がありそうな気もしますが、話の雰囲気的にそこまで大きなものを抱えているわけでもなさそうですし、世界征服のようなでかい野望があるわけでもなさそうなので話が見えてこない。ただの姉妹喧嘩の延長戦だったらそれはそれで笑うけど。

 キャラクターは結構可愛いと思います。それぞれのキャラクターに何かしら矢印が向いているので、細かいことを考えずに百合アニメとして見ればそこそこ。ぼくのお気に入りは陽桜莉と詩CV:田辺留依)。何千回も言ってることなんですけど、幸薄そうなキャラと石見舞菜香の声の相性が抜群なんだよな。陽桜莉自体は明るい子なのであんま幸薄いキャラではないんですけどね。詩はいわゆるドMキャラで痛いことをされることに悦びを感じるキャラなんですが、まあえっちですね。最近ぼくのなかでこういうキャラがブームなのでもっとえっちな目にあってるシーンが見たい。

f:id:Tatamin:20210718171000p:plain

OPの詩。表情がえっち

あと、このアニメは全体的に胸の大きさが控えめに描かれているのがいいですね。ただ、キャラデザが結構簡素なのでもうちょっと綺麗な絵で見たかったなという思いはあります。衣装とか結構よさそうなのに残念。

f:id:Tatamin:20210718171312p:plain

陽桜莉。なんか作画のっぺりしてるよなあ

 円盤の発売は中止になってましたが、2クール目はちゃんと放送するらしいです。というかこれ2クールでやる内容か?1クールで綺麗にまとめてしまった方が面白くなってた気がします。

 

幼なじみが絶対に負けないラブコメ 

 幼なじみ=負けヒロインっていつ頃から定着したんですかね?確かに幼なじみが勝利を収めてる作品ってほとんど無い気がします。付き合いが他のヒロインたちに比べて長いとなかなか恋愛対象として見てもらえないからなのかなあ。でも、いざ顔なじみだったキャラが勝利するとオタクたちはキレ散らかすので幼なじみを負けヒロインになるのは自然の摂理なのかもしれない。ちなみにこのときはぼくもキレ散らかした。そんな幼なじみ属性が絶対に負けないと銘打っていれば興味も湧くわけですが、一方でこんな不安も生まれます。”登場ヒロインがみんな幼なじみとかいうオチなんじゃないか?”と。まあ、的中してしまったんですけどね。

 このアニメの感想を一言で言うならば”3話まではよかった”。同じことを俺好きのときも言ってましたがほぼ同じですね。シリーズじゃなくて読み切り作品だったら面白かったのにってやつ。実際にイントロダクションだとめちゃくちゃ面白そうなんだよな。

f:id:Tatamin:20210719224655j:plain

公式サイトより

キャラクターもロリ巨乳の幼なじみのクロ(CV:水瀬いのり)とスタイル抜群の初恋相手のシロ(CV:佐倉綾音)と声優込みでキャラパも高い。しかも、実はシロと末晴(CV:松岡禎丞)には過去に面識があり…とバックボーンも上出来。話の展開も3話までは完璧で、クロに振られるという意外な結末まではよかったんですがそこからの話の膨らませ方が微妙過ぎた。この2人で末晴を取り合うのが醍醐味だったのにモモ(CV:大西沙織)が登場したことでそれぞれのエピソードが中途半端になってしまったのも残念ポイント。モモ自体は悪いキャラではないんですが、物語のコンセプトには合っていないのでは?と思いながら見てました。あと、中盤以降で顕著なんですが、ヒロインたちの心理描写に納得がいかない。なんていうか浅いんですよね。そうはならんだろみたいな言動が多く、回を重ねるにつれてヒロインたちの魅力が落ちていったように思います。話の都合でキャラを動かすのやめちくり~。ただ、クロの妹たちは最初から最後まで可愛かったです。話の本筋に関わってこないからな!

f:id:Tatamin:20210719234408p:plain

左から三女の蒼依(CV:島袋美由莉)、次女の碧(CV:藤田茜)、四女の朱音(CV:日岡なつみ)
 面白そうな設定、パワーの高い声優陣、動画工房制作ということでかなり期待値が高かっただけにこの内容は正直期待外れでした。アニメ化前にラノベのCMが放送されてた頃が一番よかったまである。群青チャンネルとかいうよくわからん企画でなれ合うよりも、もっと恋愛頭脳戦みたいなことしてくれたほうが面白かったかもしれないよね。あと、作画が悪いのも気になったんですよね。動画工房は調子悪いときはとことん調子悪いので最後まで作画は改善されませんでした。原画外人ばっかだったしな。期待外れという言葉がここまで似合う作品はなかなかないよ。

 そういえば、何かのインタビューでメインヒロイン3人のキャスティングが普段のキャスティングからごちゃまぜにした感じみたいなことを言っていて確かにと思いました。普段だったらクロが佐倉綾音、シロが大西沙織、モモが水瀬いのりっぽいよね。ほんと、声優だけはよかったのになあ…。

 

セスタス -The Roman Fighter-

 +Ultra枠ってネトフリが関わっているということもあって内容はともかく作画はいいイメージだったんですが、今作はネトフリが関わっていないせいか他の作品と比べて作画(CGモデル)のランクが落ちたように感じました。人間は一度目が肥えてしまうともう戻れないのである。

 ローマ時代を舞台とした格闘技アニメなんですが、作画があまりよろしくないので肝心の格闘技の描写はイマイチでした。 クオリティの低いCGモデルを使ったアイドルアニメを見ていると、ダンスに体重が乗ってないと感じることがありますが、この作品も似たようなもので、技に体重が乗ってないんですよね。前季に放送されていたレビウス(ネトフリアニメ)と比べるとクオリティの差がわかりやすいんじゃないかと思います。それが気になりすぎて格闘シーンに集中できませんでした。戦術とかは結構しっかりしてたんですけどね。CGアニメは綺麗なやつは本当にきれいなんですけど、おざなりなやつは見るに堪えないので、(少なくとも作画に関しては)出来が極端になりやすいよなあ。

 ローマ時代が舞台ということですが、史実や当時の文化をもとに描かれているらしいです。ぼくは地理選択なのでローマ時代のこと何一つ知らないので実際のところどうなのかはわかりませんが。ぼくは細かいところまで理解せずに見てたので、セスタス(CV:峯田大夢)の下克上物語という認識でこの物語を見ていたんですが、多分間違ってないですよね。1話を見た段階では主人公が奴隷のような身分にいるというのはわかったんですが、実際に大会に出場した時って身分が上がったりしてたんですかね?途中で皇帝に拝謁してたわりに生活の質も上がってないしこれもうわかんねえなあ。

 バトル描写があるアニメは作画が大事なんだなと言うことを改めて思いました。いくら話がよくても戦闘シーンの作画が微妙だったらそれだけでショボくなっちゃうもんな。+Ultra枠はちゃんとネトフリと制作協力してくれよな。

 

イジらないで、長瀞さん

 女の子にちょっかいをかけられるタイプのラブコメ。他にからかい上手の高木さんくらいしか思いつかないのでまだまだメジャーではないジャンルのように思います。むしろ高木さん以降勢力を伸ばしてきてるジャンルなのかもしれない。高木さんは高木さんが可愛かったので結構好きだったんですが、この作品では長瀞さんのことを好きになれませんでした。この違いは何だろうか?高木さんのほのぼのした雰囲気が好きだっただけでこのジャンル自体がぼくの性癖に刺さってないだけかもしれない。ぼくはイジられるよりも対等か服従させる方が好きなので。

 イジりといじめは現代社会でも問題視されるグレーゾーンですが、いかに視聴者に不快感を与えずに展開できるかっていうのが重要だと思います。長瀞さん(CV:上坂すみれ)は明確な悪意を持っているわけではなさそうでしたが、センパイ(CV:山下大輝)への敬意はそんなに感じなかったのでうーんって感じ。好きの裏返しでイジってるってよりは、何しても怒られないからイジっちゃえと思ってるようにしか感じないシーンも多々ありました。ドMの人はそういうのが気持ちよかったりするんかな。

 長瀞以外にもギャルが3人登場して、センパイをイジっていましたがこいつらいる?よく高木さんの二次創作で西方がNTRれて高木さんの脳が破壊されるのを見ますが、それを一次創作の時点でやってしまおうという魂胆でしょうか。脳破壊は立派な犯罪なのでNG。長瀞自身がセンパイへの好意を自覚するために必要な存在なのかもしれませんが、高木さんは西方と高木さんの2人の世界で完結していましたしやっぱこいつらいらなかったんじゃないか?普通にヘイトを貯めるだけの存在になってた気がします。

 ギャル3人組はともかく長瀞さんに関しては評価するポイントがいくつかあります。まずは胸が小さめという点。メスガキとかにも通じる点があるんですが主人公のことをイジってくるキャラは胸が小さくないといけないっていうことは武家諸法度において江戸幕府が制定した重要な決まりなんですが、しっかり順守されていてよかったです。あと、ぼくは胸が小さいキャラが好きなのでツイッター長瀞のいい感じのえっち絵が楽しめたのは助かりました。あとは、えっちなハプニングがあったときにちゃんと照れていた点。おねショタみたいな年齢差があるやつだと「そんなことで興奮してるの?」みたいにお姉さんにからかわれるほうがいいですが、学生同士ならお互いに照れあう方が自然な感じが好きです。いろいろ愚痴も挟みましたが、この手のアニメはどれだけ性癖にマッチしてるかで評価が大きく変わる作品なので好きな人が楽しめればいいと思っているのでそこまで悪いとは思ってないということは強調しておきます。

 くそどうでもいい話を2つしていいですか?いいよあり。まず、長瀞さんが耳につけているアクセサリーが86で主人公が付けていた通信機(?)にしか見えなくて草生やしてました。

f:id:Tatamin:20210717173658p:plain

f:id:Tatamin:20210717173822p:plain

もしかして長瀞さんにも戦場で戦ってきた過去があったりするのかもしれない
あと、キャストについて一言いいたいんですよね。まずはこの動画を見てください。

www.youtube.com

コミックスのCMだと黒沢ともよが声当ててるんですよね。なぜキャストを変えてしまったのか。黒沢ともよの生意気系のキャラ好きなのでもったいなさすぎる。政治キャスティングはうんぬんかんぬん。

 

擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD

 舞台は明治64年。これはぼくの偏見なんですけどこの辺の時代設定の話で面白かった試しがない気がするんですよね。実在しない和暦だとなおさら。明治は45年までなのでこの作品もぼくのジンクスに当てはまっていますが、一応途中までは結構面白かったと思います。途中までは。

 明治とは言いましたが設定的には徳川慶喜(94)(!?)が権力を握り続けているということで、キャラクターの格好とか生活スタイルはどちらかというと江戸時代っぽい感じ。反体制派組織と徳川政権の闇組織である”鵺”が対立しているなかで主人公の雪村咲羽(CV:三森すずこ)は鵺の処刑人として活動しています。この設定だけ聞くとなんか面白そうに感じますけど、最後まで見て別に徳川政権である必要なかったよなあとは思いました。ある程度近代にしたかったんだけどどうしても和服を着せたいのでこういう設定にしたかったのかなあ。

 途中までは結構面白かったということは途中から面白くなくなったということなんですが(セクシー構文)、こうなる作品ってだいたい何したいのかわからなくなるからこうなると思うんですよね。最初は咲羽が親の仇討ちをするのかと思ったら序盤であっさり倒しちゃうし、共同生活を送る少女とのエピソードをやるのかと思ったら退場しちゃうし、新キャラが出てきたと思ったら敵か味方かわからないし。何度も物語のゴールを見失ってるうちに、今何をしているのかがわからなくなっちゃいました。結局最後もよくわからなかったのでぼくのなかの擾乱は7話くらいで時間が止まっちゃった。

 ちょっと触れましたが、咲羽は浅陽(CV:伊藤彩沙)という少女と生活していて、この子が絡むエピソードは面白かったです。浅陽は咲羽に親を殺されており、共に生活をしながら咲羽を殺そうとしますが未遂や失敗に終わります。実際には、咲羽が死んだということにして2人で逃げるという目的があったわけなんですが、それを知ったときは感心しました。殺すほど憎んでるわけでもなさそうなのにこのやり取りはいるのか?と思ってましたがこれなら納得。二人のやり取りにはおねロリ的な尊さを感じていたので、この展開は正直アツかったですね。まあ、直後に浅陽は退場するんですけどね。ぼくのなかで擾乱が終了した瞬間でした。

 冒頭でこの辺の時代設定の話で面白かった試しがないみたいなことを書きましたが、設定がわかりづらいうえに対して回収されないから面白くないのが多いのかなという気はします。雰囲気づくりだけで終わっちゃうっていうね。

 

ショート

結城友奈は勇者である ちゅるっと!

 よくあるアニメ原作のソシャゲ原作のショートアニメ。あくまでソシャゲ原作なのでアニメしか見てないと知らないキャラしか出てこなくて何が何だかってなるタイプのやつ。このアニメもそんな感じでした。キャラ紹介をかねた内容にしてくれれば、”こんなキャラもいるのね”ってなるんですが、最初からキャラを知ってる前提の内容だったので”知らないキャラが茶番してる”だけの内容に成り下がっちゃいました。こういうアニメってソシャゲ内で配信すればいいと思うんですけどどうでしょうか?内容楽しめるのはそのソシャゲを実際にプレイしている人しかいないわけですし。

 スーパーアニメイズム枠のおしりはゲラゲラ犬と猫みたいな適当に見ててもわかりやすい作品のほうがこの枠に適してるんじゃないかということを改めて感じました。あくまでスーパーアニメイズム枠の”おしり”ですからね。おやつ感覚で気軽に楽しめるくらいのがちょうどいい。

 そういえば、秋にゆゆゆの3期が始まりますね。もはや2期の内容を覚えてないので秋までにおさらいしとかないとなと思ったり。それこそ”1分とちょっとでわかるゆゆゆ”みたいなのをやってくれればよかったのにな。

 

C

蜘蛛ですが、なにか?(2クール目)

 1クール目の頃はあくまで蜘蛛パートのほうがメインで、一緒に転生した同級生たちによる人間パートはサブストーリーのような立ち位置だったんですが、2クール目は完全に逆転していました。ぼくが勝手に蜘蛛が主人公だと思ってただけで実はそうではないのか?最終話直前の回なんてもはや蜘蛛の出番なかったし。結局何がやりたかったのかがわからないまま終わってしまった。

 で、人間パートが面白いかと言われたらまあ面白くない。1クール目はたいして重要じゃないだろうと思って半分くらい聞き流してたのが後半になって仇となるとは思ってもいませんでした。おかげで設定が追えなかった。あと、一番の問題点は蜘蛛パートとの温度差。蜘蛛パートは知恵を使いながら無双していくタイプの話なのに、人間パートは裏切りや疑心暗鬼が入り混じったドロドロした内容で物語全体を通して何をどう楽しめばいいのかわからない。蜘蛛パートと人間パートの2つの話がうまいこと交錯するのかと思いきや、24話使ってもそこまでたどり着けてないし。制作陣的にはどういう楽しみ方を想定してたんでしょうかね。しかも、いろいろやってたわりに人間パートのほうは風呂敷広げたまま投げっぱなしで終わったからわけがわからない。敵を倒すか一時撤退して「俺たちの戦いはこれからだ!」ならまだわかるけど戦いの最中に終わるってどういうこと?2クールあったのにキリが悪いところで終わるのは流石に意味が分からない。

 1クール目の蜘蛛パートの戦闘シーンは結構動いてて見ごたえあったんですけど、2クール目から露骨に戦闘シーンのクオリティ落ちてませんか?特に人間パートの戦闘シーンは見るに堪えないレベル。コピペ兵士は百歩譲っていいとしても、メインキャラの戦闘もショボすぎる。話が意味不明なのと合わさってもはやギャグにしか見えませんでした。2クール目に入って露骨にクオリティが落ちるといろいろ勘ぐっちゃってよくないですね。なにより、最終話を落としてる時点でやべーよ。最終話の中途半端な終わり方は制作の都合仕方なかったのかもしれない。

 この作品はかなり転スラに影響を受けている感じがしていますが、これ見てると転スラって面白かったんだなと改めて思いました。人外に転生して無双しつつも、人間ドラマみたいなこともやりたくてわざわざ蜘蛛パートと人間パートに分けたのならそれは浅井秀一なんだよな。転スラをリスペクトするならちゃんと爪の垢を貰ってきて、煎じたものを飲み干してからにして欲しい。

 

MARS RED

 んにゃぴ、よくわかんなかったです…。

 

さよなら私のクラマー

 今季スポーツアニメ四天王の一角。題材は女子サッカー。今季のスポーツアニメはスポーツをしない傾向にありますが、このアニメもまさにその傾向に当てはまっています。まあ、世の中にはキャラの可愛さに特化して競技シーンはおまけ程度にしか触れないアニメもあるのでそれ自体はいいんですけど、別に可愛さを売りにしているわけでもないという。どこの層を狙っているのかよくわからない内容でした。

 サッカーをやってるシーンが序盤のボコボコにされた試合と終盤の公式戦の2つしか記憶にないんですが、どっちの試合も主人公たちのチームの力不足感がめちゃくちゃ出ていて見ていて気持ちいいものではなかったです。最初の試合はチーム組んだ直後だったとはいえ個人プレーの連続でとても見れたものではなかったし。で、ここから成長していく過程が描かれればこの試合にも意味があるんですけど、物語を通してたいして成長しないんですよね。普通は課題を克服するために練習に打ち込むシーンがあると思うんですけど、このアニメでやってたのはユニフォーム作りのための金稼ぎと練習場所の確保のために男子サッカーの監督をおちょくるみたいなクソどうでもいい話ばかり。そりゃそんなことしてたら上手くなるはずがないよな。終盤の公式戦では初戦から強豪校と当たっていましたが、これまでの過程がクソすぎたこともあって応援する気すら起きませんでした。むしろ、ここで勝ってたらキレてたまである。別にスポ根をやれとは言わないですけどもう少し努力の描写を見せてくれてもよかったんじゃないかなと思います。ブヒ性能に特化してるわけでもないならなおさら。

 話の展開もなかなかアレでしたが、キャラクター自体も好感が持てませんでした。多分、恩田希(CV:島袋美由利)が主人公だと思うんですけど、主人公っぽい活躍してました?気分屋で自分勝手なようにしか見えなかった。性格に難があってもちゃんとプレーで魅せてくれればまあいいんですけど、たいした活躍もしないしもはや存在意義を感じませんでした。ナレーション(モノローグと言うべき?)を聞いてる感じだとこれから強豪プレイヤーになっていくっぽいですが、ぼくにはそんな見込みを感じられませんでした。他のキャラクターたちも自分勝手な振る舞いが目立っていて、とてもチーム競技のスポーツのアニメの登場キャラとは思えませんでした。せめて可愛ければよかったんですけどねえ。

 作者が四月は君の嘘の人って聞いていたので期待していたんですけど、本当に同じ人が書いてるのか?と疑ってしまうような内容でした。原作が悪いのか脚本(高橋ナツコ)が悪いのかは知りませんが、映像化にあたってもう少し何とかならなかったのかなあ。映画もやってるっぽいですが、このアニメの内容を見て「見に行こう!」とはならないと思います。

 

バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!

 太古のアニメの続編。前作が1997年秋~1998冬に放送されてたのでぼくとほぼ同い年になります。内容的には前作の約100年後なのでほぼオリジナルアニメといっても過言ではないのかもしれない。なので、前作の知識がないぼくみたいな人間でも一応見れました。逆に当時前作を見てた人たちが今作を見てるのかは気になるところですが。そんな歴史のある作品ですが、内容はとても令和のアニメとは思えないお粗末な内容でした。もしかして実はこれも20年以上前に人知れず放送されていて、今回デジタルリマスター版として放送されてたとかあります?それならまだ納得いくけど。

 タイトルに大運動会とある通りスポーツ大会に参加する少女たちの物語なんですが、ちゃんと競技してた記憶がほとんどないんですよね。じゃあ何をしていたのかというと、出場してるキャラたちの身の上話や裏で暗躍している組織の話に尺を使いまくっており、肝心の競技シーンがおまけに成り下がっていました。大運動会とか銘打っておいて誰が何で何ポイント取ったとか一切わからないってどういうこと?前作はスポ根アニメって聞いてたんですけど、スポ根要素はどこにも残っていませんでした。これならウマ娘1期のほうがスポ根してますよ。これで競技以外のシーンが面白ければよかったんですけどツッコミどころが多いだけでなく、単純につまらないので何も面白いところがなかったです。もしかしてスポーツの祭典は政治が絡むと面白くなくなるということを揶揄しているメッセージ性の高い作品だったりします?それだったら大成功だけど。

 本筋の話が面白くなくてもキャラクターが可愛ければ見る理由が生まれるんですが、キャラ魅力も微妙でした。ぼくはかなた(CV:諸星すみれ)とシェリィ(CV:富田美憂)のペアが主人公なのかなと思ってたんですけど大して何もしてないですよね。どちらかというとヤナ(CV:早見沙織)とリディア(CV:鬼頭明里)のペアのほうが主人公っぽい活躍だった気がします。特にかなた周りのエピソードが浅すぎる。もしかしてたまたまキャスト欄が一番上なだけで別に主人公じゃなかったりします?

 最初から最後まで何をしたいのか、何を見せたいのかわからない作品でした。駄作という二文字がここまで似合う作品もなかなかない。作画もだいぶ怪しかったし、何で制作しようと思ったんだろう。ただ、ユニフォームだけは評価してもいいかもしれない。あれはえっちでしょ。あんなえちえちユニフォームで競技やってたら現実世界の陸上競技みたいに写真撮りに来るおっさんがいっぱいいそう。

f:id:Tatamin:20210717213436p:plain

おしっこしにくそうな服ってえっちポイント高めですよね

 

究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら 

  内容はタイトルそのまま。これも広義の異世界ものですよね。異世界ものといえばその無双ぶりを楽しむものというのが普通ですが、この作品はそれに逆らってストレスフルで理不尽な世界を描いています。ここまで聞くと盾の勇者の成り上がりみたいにどこかで一転攻勢するのかなと思いきや、そういった今までのストレスを発散する展開は一切なく、主人公が不憫な目に遭い続けるのをひたすら見せられるという、一体何を楽しめばいいのかわからない内容でした。主人公が無双するのを見てストレス発散するのではなく、主人公が理不尽な目に遭うのを見てストレス発散するというのは新しい形式かもしれない。でも、主人公(しかも男)が失禁してまわりに笑われてるシーンを見て面白がれるのならそれはそれで問題な気がするけどなあ。

 前述した通り、一転攻勢する展開さえないので、ストーリーに山場がない。主人公のヒロ(CV:山下大輝)がひたすら理不尽な目に遭って、それをヒロインのレオナ(CV:竹達彩奈)や周りのNPCにからかわれるというのの繰り返し。これでヒロがどうしようもないクズだったりすればまだよかったのに、ほとんどの場合ヒロに非はなく、むしろ周りの奴らがクズなので終始胸糞悪いだけという。別にヒロに対して好感を持ってるわけではないですが、あまりに惨めすぎて思わず同情してしまった。世の異世界無双ものに対するアンチテーゼなのかもしれないですけど、なぜ無双ものが流行ったのかを一回考えた方がいいと思うんだよな。

 展開も不快ですが、それ以上にキャラクターも不快。レオナとかあの所業を見て好感持てる人いるのか?レオをこのゲームに巻き込んだ張本人であり、ゲーム内でもヒロと同行していますが、ヒロのことをいじったり嘲笑したりするだけで特に何もしないのでなんのためにいるのかすらわからない。ここまで不快感を感じたヒロインは初めてかもしれない。EDを歌っている4人がメインヒロインだと思うんですけど、ゲーム内の幼なじみ(CV:ファイルーズあい)はバーサーカー状態で可愛いシーンが一切ないし、えっちな格好した赤髪ツインテ(CV:井澤詩織)も頭おかしいだけで可愛いシーンないし、妹(CV:古賀葵)はメインの話に絡んでこないし。世の異世界ハーレムものに対するアンチテーゼなのかもしれないですけど、なぜハーレムものが流行ったのかを一回考えた方がいいと思うんだよな。

 最後まで見ても、何を楽しみにして見ればいいのか一切わからない作品でした。このアニメを楽しめた人がいるのなら、楽しみ方を教えて欲しい。全体的に作画も悪かったし褒める部分が何一つ存在しない。異世界無双ハーレムものは敬遠される傾向がありますが、この作品を見たら異世界無双ハーレムの魅力を再発見できるので、そういうところに存在価値を見出していくほうがいいのかもしれない。

 

セブンナイツ レボリューション -英雄の継承者- 

 ソシャゲ原作。ソシャゲアニメの例に漏れず、このアニメも何とも言えない内容でした。これに限った話じゃないんですけど、ソシャゲアニメってどの層をターゲットにしてるんですかね?実際にそのソシャゲをプレイしている人たちへのファンサービスなのか、新規プレイヤーの開拓を目指しているのか。少なくとも後者を目的としているのなら、このアニメは失敗なんじゃないかなと思います。まあ、今まで見てきたソシャゲアニメの中で原作ゲームに興味もった試しがないから、ぼくに刺さらないだけという可能性もありますが。

 美少女系以外のソシャゲのアニメは本編の前日譚か後日譚(ないし次世代)のどっちかじゃないと放送してはいけないという法律があるので、このアニメもそれに従ってます。このアニメは後者のパターンですね。かつての英雄を従えて戦うっていう世界観はFateとかを想起させますが、その英雄もパッとしないうえに、そのシステム自体があまりうまく活かせてなかったように思います。そして、話の内容がつまらない、というより興味をそそられなかった。ソシャゲアニメは過去の作品たちの負の遺産もあって序盤でいかに興味を惹かせるかが需要だと思っていて、そのためには斬新な設定であったり魅力的なキャラクターであったりと他の作品と差別化ができるポイントがなにかしら必要なんですが、まあよくあるソシャゲアニメの導入でしたね。こんなんじゃ商品になんないよ(棒読み)。最初に”あ~いつものやつね”ってなってしまうと脱却するのは厳しいうえに普通だったらそこで視聴やめちゃいますしね。ちなみにぼくは中盤から話の内容を理解することを諦めました。展開がわけわからないんだからしゃーない。

 あとは、突飛な展開が多かったようにも思います。さっきまでドンパチやってたのに急に和解したり、その逆で今までそんな素振りがなかったキャラが急に裏切ったりと納得いかない展開が多かったです。ストーリーの都合で仕方なしっていう感じなのかもしれないですが、そういうのを見て感じ取れてしまう話が面白いわけもなく。キャラクターの設定自体は悪くないと思ってるんですが、如何せん動かし方がヘタクソだったかなあと思います。

 唯一評価したいのはレダ(CV:花守ゆみり)。かわいかった。というか花守ゆみりの声を聞くためだけにこのアニメを見てたまである。最近花守ゆみりの声を聞くだけで幸福感が得られる。なんかいい感じの花守ゆみりのASMRあったりしませんか?

f:id:Tatamin:20210628171151p:plain

最終話でただの可愛いキャラになってて草生えた

 

ドラゴン、家を買う。

 臆病者のドラゴン・レティ(CV:堀江瞬)が不動産屋を名乗るエルフ・ディアリア(CV:石川界人)と共に家探しの旅に出るというストーリー。まあ、日常モノですね。大抵の場合、レティがゲストキャラに振り回され、特に進展もなく終わるという1話完結型の話なんですが、やってることがたいして変わらないので退屈でした。最初は気付かなかったんですけど、多分この作品女性向けですよね。ぼくに合わないのは仕方ないのかもしれない?

 主人公が臆病者のドラゴンということもあり、ナヨナヨしてる描写が多いためイラっとくるシーンもちらほら。これはぼくがナヨナヨ主人公が嫌いという好みの問題でもあるんですが、甲斐性を見せるシーンもほとんどなく、魅力をちっとも感じませんでした。で、ナヨナヨ主人公は無茶ぶりをかましてくるキャラとセットで登場することが常であり、このアニメでもディアリアがその役割を担っています。ナヨナヨ主人公への無茶ぶりはヘイトを溜める要因にしかならないので、ぼくはどうにも好きになれない。ディアリアはそこまで性格悪いタイプじゃなかったのでまだマシでしたが。ぼくの明確な苦手ジャンルの一つです。

 家探しをするなかで、ファンタジーっぽい要素をいろいろ出したりしてたんですが、どれもスベってた印象があります。というより、ギャグがつまらなかった。単調な日常アニメほどしんどいものはない。一応、ネル(CV:福圓美里)が出てきてからは、わりと面白かったんですけどそれも終盤だからなあ。

 ぼくの好みに合わなかったというのがでかい気もしますが、それにしても話が単調だったと思います。日常アニメは味付け次第でおいしくも不味くもなりますが、味がしないのは勘弁願いたい。

 

ショート

ダイナ荘びより

 なにこれ?シャドーハウスと長瀞さんの間に放送されてたからしゃーなし見たけど何が面白いのかわからない。ぽっこりーずに近いものを感じました。

 

番外編

ユメノツボミ  S

www.youtube.com

 

 単発のポケモンアニメ。薄明の翼とかGOTCHA!もそうだけどポケモンは単発アニメのクオリティがガチなんだよな。俺たちが見たかったポケモンの世界を的確に描写してくれる。なのにアニポケはあのクオリティなのか…。

 主人公のツボミが親に認められて旅に出るまでのストーリー。こういう話の主人公って少年とかのイメージが強いですけど女の子なんですよね。この辺は近年の男女のうんぬんかんぬんが絡んでたりするんですかね?ま、ぼくはかわいい女の子が見れればそれでいいんですけど。CVも水瀬いのりということでなかなか贅沢なキャスティング。劇中のツボミのセリフを聞く限り、この世界では少年少女が旅に出るのはそれほど珍しいというわけでもなさそうですね。ぼくもポケモンの世界に生まれてポケモンマスターを目指して旅に出たかったなあ。

 母親が旅に出ることを認めてくれないため勝手に旅に出ようとしたツボミはモンスターボールときずぐすりを買い込んで森に向かいます。なかなかポケモンを捕まえられないなかでニドラン♂アーボックに襲われているのを目撃し、アーボックモンスターボールを投げたところで、”最初のパートナーがアーボックになるの?”と驚きましたがそんなことはなかったです。アーボックを追い払ったら今度はニドランの親が襲ってきてまあ大変。ニドキングって意外と小さい(1.4 m)ことで有名ですが子供からしてみたらでけえよな。ニドキングたちから逃げるツボミを追いかけるニドランがめっちゃ可愛かったです。この話を見たことでぼくの好きなポケモンランキング内でニドラン♂の順位が500位くらい上がった気がする。

 ニドキングたちを止めるために父親のちょろび(リザードン)に助けを求めるわけですが、皆さんご存じの自分が親でないポケモンは言うことを聞いてくれないという描写はここでも健在。それでもツボミの思いに応えて手を貸してくれます。やっぱねえ、リザードンの背中に乗って空中戦するのはかっけぇんだよな。リザードンを乗りこなしているツボミにも才能を感じます。ニドキングたちを止めることに成功し、ニドラン♂ニドキングたちのもとへ帰そうとしますが、ニドラン♂はツボミと一緒にいることを選びます。このシーンで号泣しました。王道だけど王道だからこそ泣いてしまうんだよな。なあ、見てるかゴウ、こういうことだぞ。これを機に母親も旅に出ることを認めてくれたんですが、母親が旅に出ることを認めなかったことにもちゃんとした理由付けがあって泣いてしまった。父親の昔の対戦の映像が流れたときに、”対戦相手は母親なんだろうな”とは思ってたんですけど、”だとしたらパートナーのポケモンはどこにいるんだ?”ということをずっと考えていました。父親のリザードンは庭で放し飼いにされてますし母親にもパートナーのポケモンがいるはず。対戦の映像でも動きが早くて見えませんでしたがドラパルトなら納得だわ。ゴーストタイプだから姿消してても問題ないし。トーリーの流れ的にもキャラ人気的にもリザードンとドラパルトのチョイスはセンスあるなと思いました。ス

 あとは、ツボミのパートナーがニドラン♂なのもセンスの塊。ツボミと両親の対比でニドラン親子を出したというのはもちろんなんですが、最後のシーンでポケモン老人を狙い撃ちしてくるのはずるいわ。。ゲンガーVSニドリーノポケモン老人が無条件で泣いてしまう対戦ランキングベスト3に入ってるくらいなので当然泣いてしまった。ご丁寧にBGMまで完璧だし。ポケモン Kids TVの動画なので子供にもわかりやすい作りになってるのはもちろんですが、ぼくたちみたいな老人も楽しめるつくりになってるのはガチでセンスの塊だと思う。どうしてこれをアニポケではできないんだ…。

f:id:Tatamin:20210723171318p:plain

;;

 ポケモンの単発アニメはどれも面白いので定期的に作って欲しいですね。冒頭でも書きましたけど”俺たちが見たかったポケモンの世界”が的確に描かれてるのが素敵ですね。早くポケモンのいる世界に転生してえなあ。パートナーは当然マタドガスがいいんですけど、マタドガス連れ歩いてるトレーナーってやばいやつしかいなさそうなんだよな。

 ちなみに、水瀬いのりがラジオでこの作品について話していたので気になる方は是非チェックしてみてください。それと、ユメノツボミというと水瀬いのりの1stシングルが”夢のつぼみ”なんですよね。本人もタイトルがユメノツボミだと知らなかったらしくめちゃくちゃ驚いたらしい。あ、水瀬いのりの推しポケモンはエーフィらしいですよ。

www.youtube.com

09:19~ 

 

ワンダーエッグ・プライオリティ 特別編 B-

 前クールで放送しきれなかった分が放送されました…と言いたいところなんですがBSでは放送されなかったんですよね。なぜ?やはりBSでしかテレビでアニメを見れない人間には人権がないんですね。BS11だとちゃんと放送してくれるイメージなんですが、BS日テレには思いやりの心が無かったらしい。ま、別にdアニで見たからいいんだけど。

 3ヶ月間待ったうえに1時間スペシャルということで期待していたんですが、その期待は見事に裏切られました。まず、最初の30分が全部総集編ってどういうこと?もちろん、3ヶ月間あいてるのでおさらいの時間を作ってくれるのはありがたいんですが30分も使ってやることじゃないんだよな。これじゃ結局本編は30分だけだし、詐欺じゃん。で、本編はどうだったかというと未回収の伏線は回収されないし、そもそも問題は解決してないしでなんのために3ヶ月も待ったのかわかりませんでした。俺たたENDが許されるのは本編だけであって、わざわざ特別編と銘打ってそのオチはないよ。こんなんなら本編の12話までで終わってた方がマシだったまである。せっかく1時間の尺を貰えたのなら総集編に時間を割かずにちゃんとキリがいいところまで終わらせてほしかったです。

 

☆ヒロインランキング

※エントリーは一作品につき二人まで

 

第5位

恵庭椎(CV:日岡なつみ)~スーパーカブ

f:id:Tatamin:20210723170158p:plain

 小動物的な可愛さをもつしーちゃん。体は小さいけどしっかり者っていうのはそそるものがありますね。小熊や礼子に振り回されているシーンもマスコット的な可愛さが垣間見えて好きです。あと、CV日岡なつみで純粋に可愛いキャラ久しぶりに見た気がする。最近小賢しいキャラばっかやってた気がする。

f:id:Tatamin:20210723154105p:plain白パンツに白いスポブラは解釈一致と言わざるを得ない 

 

第4位

リーン(CV:石見舞菜香)~不滅のあなたへ

f:id:Tatamin:20210723170549p:plain

 見た目は清楚系だけど中身はお転婆なキャラっていいですよね。気品がありつつもとっつきにくさがないので魅力的です。グーグーとのやり取りをニヤニヤしながら見ていましたが、あの終わり方は悲しすぎる。最後のフシが化けたグーグーとのやり取りとその後は涙なしでは見られませんでした。健気な女の子は可愛いってそれ一番言われてるから。そんでもってやっぱ石見舞菜香の声がよく合ってた。

 

第3位

キサラギ=アリス(CV:富田美憂)~戦闘員、派遣します!~ 

f:id:Tatamin:20210723170726p:plain

 ダウナー系だけどノリがいい女の子すこ。6号のしょーもない言動に冷静にツッコミながらも、時には一緒に悪ノリすることもあって可愛い。相棒というより悪友ってのがしっくりくるかもしれない。あと富田美憂のダウナー系の演技がどちゃくそすこなのでもっと増えて欲しい。ガヴみたいなやつ。あと、いつになったら富田美憂は家族を人質から解放してもらえるんでしょうね。

 

第2位

山野桜(CV:谷口夢奈)~ましろのおと~ 
画像

 めっちゃいい子ですよね。世話好きな年下はぼくの好きな属性ランキングトップ10に入るくらいには大好き。雪に対する感情は現時点では憧れですがここからどうやって恋に昇華していくか楽しみやんな。あと、谷口夢奈の声は世話好きな年下キャラにピッタリだと確信しました。まあ、奈緒ちゃんは年下じゃなくて同級生だけど。マネージャー声って言うべきなんかな。

 

第1位

橘日向(CV:和氣あず未)~東京リベンジャーズ~

f:id:Tatamin:20210723171128p:plain

 なんというか、理想のヒロインですよね。東京リベンジャーズの感想でも書いてますが、 こんないい子絶対に救わないといけないじゃん。東京リベンジャーズの魅力の4割はヒナにあると思うんですよね。あとは単なる守られるヒロインじゃないのもいいですね。言うことはちゃんと言うのはヒロインとして大事なところです。そして、たけみっちのことが好きだというところが節々から伝わってきてニヤニヤせざるを得ない。たけみっちのどんなところが好きなのかが明らかになるエピソードが欲しいですね。

 

☆お気に入り楽曲 のコーナー

 各アニメの感想に書くよりも一つのコーナーにしちゃったほうがいいかと思って新設しました。ぼくは毎季気に入った楽曲を買ってるんですが、その中でも特に気に入った曲は”お気に入りアニソン”という名のプレイリストにぶち込んで頻繁に聞いています。そこで、そのプレイリストにぶち込まれた名誉ある曲を紹介しようと思います。

※50音順

 

おもいでしりとり(Vo:DIALOGUE+)~ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 ED~

f:id:Tatamin:20210723171651p:plain

物語を紐解いていけ 今季節は まるで天秤のように

 DIALOGUE+は元気が出る曲という印象が強いですが、こういう曲もいいなって思いました。あと、人に言われるまでサビの部分がしりとりになってること気付かなかった。

 

この夢が醒めるまで(feat. 吉田兄弟)(Vo:加藤ミリヤ)~ましろのおと ED~

f:id:Tatamin:20210723171737p:plain

この夢が醒めるまで此処にいて 刹那の時を抱きしめていたい

 EDへの入り方がすこだった。イントロの部分が一番すこ。

 

Sing My Pleasure(Vo:ヴィヴィ(Vo:八木海莉))~Vivy -Fluorite Eye's Song- OP~

f:id:Tatamin:20210724020526p:plain

宿命さえ 運命さえも どうぞ輝かせて

 歌がメインのアニメにふさわしいOP。ばちくそカッコイイ。ちゃんと歌詞もヴィヴィの気持ちを歌ってる感じになっていていいですね。

 

ストロボメモリー(Vo:内田真礼)~DYNAZENON ED~

f:id:Tatamin:20210723171528p:plain

多分この世界 広くはない 今日は僕が一歩踏み出すから

 内田真礼のカッコいい系の曲すこ。就活の移動中に聞きまくってたせいでこの曲聞くたびに就活を思い出してしまうのはぼくの人生における致命的なバグだと思う。

 

戦略的で予測不能なラブコメのエンディング曲(Vo:志田黒羽(CV:水瀬いのり)、可知白草(CV:佐倉綾音))~幼なじみが絶対に負けないラブコメ ED~

f:id:Tatamin:20210723171846p:plain

Yes スキ キミ夢中 もしくは No キライ 未確定

 タイトルが誇大広告であることはおいておいて、曲自体はラノベ原作ラブコメっぽくてよい。水瀬いのり佐倉綾音もキャラ声で歌うのうまいよね。個人的には2番の2人の掛け合いがすこ。本編でもこういうのをやってくれればよかったのに…。

 

Plastic Smile(Vo:石原夏織)~ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 ED~

f:id:Tatamin:20210723171923p:plain

傷ついていることにさえ 気づけずにいた 自分でも少しずつ変わって ゆけるかな

 TEMPESTとかAgainst.みたいな古臭い感じの曲もかなり好きだったんですが、こういう普通の曲もすこ。歌詞の内容がちゃんと本編にリンクしてる主題歌こそ至高だと思っているので他のアニメも見習っていこうな。

 

☆おわりに

 始まる前は「春は不作」みたいなことを言ってた気がするんですけど、結果的には中央値は結構高かったんじゃないかと思います。まあ、Cランク帯のアニメもかなり多いので平均値はかなり低めな気がしますが。夏はずば抜けて面白いアニメは少ないですが、つまらないアニメも少ないのでバランスがとれたクールになりそうです。夏も暑さに負けず大量のアニメたちと付き合っていけたらなと思います。

 それでは。

*1:人に触れると獣になってしまうというもの。夾の場合は猫になります

*2:宇宙空間で繰り広げられる騎士道物語的な宇宙活劇

*3:スター☆トゥインクルプリキュアのマスコットキャラクターであるフワがまるでケルディオみたいな姿にフォルムチェンジしたこと。それまでは可愛いかったのにめんどくさいキャラに成り下がってしまったため、あまりいい印象がない。

*4:Eテレの土曜夕方に放送しているので

*5:https://www.asahi.com/and/article/20210326/25292647/

*6:ポケモンだと時の探検隊・闇の探検隊の頃