畳に耳あり障子に目あり

オタクがアニメやポケモンの話をするだけの落書帳

サイトマップ

☆アニメ感想記事

毎クールの備忘録

回を重ねるにつれて評価が甘くなってる気がします

2019

冬   

2020

    

2021

冬 春 夏 秋

 

☆クール別ランク表

序…1話

中…6話くらいまで

最終…最終評価

評価の変遷を追ってみると結構面白い

2019春

鬼滅の刃、ひとりぼっちの○○生活、世話やきキツネの仙狐さん、ワンパンマン2期、ノブナガ先生の幼な妻とかのクール

 中 最終

2019夏

荒ぶる季節の乙女どもよ。、まちカドまぞく、Re:ステージ!ドリームデイズ、彼方のアストラ、異世界チート魔術師とかのクール

  最終

2019秋

旗揚!けものみち放課後さいころ倶楽部ハイスコアガール2期、BEASTARS、厨病激発ボーイとかのクール

  最終

2020冬

虚構推理、推しが武道館いってくれたら死ぬ、ランウェイで笑って、ドロヘドロ、ぼくの隣に暗黒破壊神がいますとかのクール

  最終

2020春

かくしごと、グレイプニルイエスタデイをうたって波よ聞いてくれ、ギャルと恐竜とかのクール

  最終

2020夏

Re:ゼロから始める異世界生活 2ndクール、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完、デカダンス、魔王学院の不適合者、ジビエートとかのクール

  最終

2020秋

呪術廻戦、安達としまむら、戦翼のシグルドリーヴァ、おちこぼれフルーツタルト、100万の命の上に俺は立っているとかのクール

  最終

2021冬

ゆるキャン△Season2、無職転生、怪物事変、俺だけ入れる隠しダンジョン、EX-ARM エクスアームとかのクール

  最終

 

☆簡易版アニメランク

ブログ開始前に見たアニメのランク

2016秋~2017秋

2018冬~2019冬

 

☆今まで見たアニメ一覧

2016秋から狂ったようにアニメを見始めました

2016秋~現在

 

2019

2020

2021冬アニメ中間ランク

※同ランク帯は50音順

だいたい5~6話くらいまで

()内の矢印は1話 or 前クールの最後からの変動です

S

ゆるキャン△

 

A+ 

呪術廻戦(↑)

 

A

進撃の巨人 The Final Season(↑)

Dr.STONE STONE WARS(↑)

無職転生異世界行ったら本気出す~

ホリミヤ(↑)

ワンダーエッグ・プライオリティ(↑↑)

 

A-

ウマ娘 プリティーダービー Season2

ゲキドル(↑↑↑)

のんのんびより のんすとっぷ(↑↑)

BEASTARS 第2期(↑)

ひぐらしのなく頃に 業(↑)

約束のネバーランド(第2期)

 

B+

WIXOSS DIVA(A)LIVE(↑)

裏世界ピクニック(↑)

怪病医ラムネ

キラッとプリ☆チャン シーズン3

怪物事変

シャドウバース(↑↑)

七つの大罪 憤怒の審判(↑)

2.43 清陰高校男子バレー部

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(後半クール)(↓↓↓)

Levius -レビウス-

ログ・ホライズン 円卓崩壊

ワールドトリガー 2ndシーズン(↓)

ショート

アズールレーン びそくぜんしんっ!

八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ

 

B

IDOLY PRIDE

俺だけ入れる隠しダンジョン

五等分の花嫁(↓)

弱キャラ友崎くん(↓)

SHOW BY ROCK!! STARS!!(↓)

真・中華一番!(第2期)(↓)

スケートリーディング☆スターズ(↓)

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

天地創造デザイン部(↓)

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

バック・アロウ(↓)

はたらく細胞 BLACK(↓)

半妖の夜叉姫

ヒーリングっど♡プリキュア

ワールドウィッチーズ発進しますっ!(↓)

ショート

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期

幼女社長(↑)

 

B-

EX-ARM エクスアーム

SK∞ エスケーエイト(↓)

オルタンシア・サーガ

回復術士のやり直し(↓↓)

キングスレイド 意志を継ぐものたち

蜘蛛ですが、なにか?

装甲娘戦機

転生したらスライムだった件(第2期/第1部)(↓)

はたらく細胞!!(↓)

ブラッククローバー

プレイタの傷

ポケットモンスター(↓)

ショート

おとなの防具屋さんⅡ

じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~

 

C

 

アイドールズ!

ぽっこりーず

 

 今季はかなり豊作な気がします。続き物のパワーが高すぎる。逆に新規アニメのパワーが弱い気もしますが見ててキツいアニメも少ないので平均点は結構高そう。新規アニメだとホリミヤとゲキドルを推していきたい。

 

☆ヒロイン四天王(2月中旬)

 

堀京子(CV:戸松遥)~ホリミヤ

f:id:Tatamin:20210209174454p:plain

堀さんの単体性能も高いけど宮村が堀さんの魅力を最大限に引き出してるのがよい。

 

ロキシー・ミグルディア(CV:小原好美)~無職転生

f:id:Tatamin:20210209174522p:plain

ヒロインみんな可愛いけどロキシーのパワーが高すぎて見劣りしてしまう 

 

小桜(CV:日高里菜)~裏世界ピクニック~

f:id:Tatamin:20210209174542p:plain

今季困り顔が似合うヒロインランキングNo.1

 

友崎の妹(CV:日高里菜)~弱キャラ友崎くん

f:id:Tatamin:20210209174559p:plain

作中で一番かわいい女の子に名前すらついてないのはバグだろ

1話【2021冬アニメ】

※同ランク帯は50音順。1話時点の感想です。

 

S

ゆるキャン△ SEASON2

  俺たちの桃源郷。最高。

 

 

A+ 

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season(後半クール)

  開幕から熱い展開。前半の無理ゲーからどうやって脱するか期待

 

A

無職転生異世界行ったら本気出す~

 なろうの最終兵器と言われるのも納得。杉田のモノローグがいい味出してる。作画もめっちゃ綺麗。

 

A-

ウマ娘 プリティーダービー Season2

 レースシーンがCGになっちゃったけどこれはこれで。トーカイテイオーが足に違和感を覚えてたけど果たしてどうなるか。

Dr.STONE(第2期)

 ワクワクさせてくれるねえ。千空とメンタリストが親友みたいになってて嬉しい、ぼくはホモじゃないです。

ホリミヤ

  外と家で雰囲気が違う女の子はかわいい。二人の絡みも見てて微笑ましい。

ワールドトリガー 2ndシーズン

 作画が進化してて感激。いきなり戦闘から始まったのもあってわくわくがとまらん。

 

B+

アズールレーン びそくぜんしんっ!

 そうだよ、こういうのでいいんだよ。長縄まりあのキャラしか覚えてなかったのでこれを機にキャラ覚えてえっち絵を漁っていきたい。

回復術士のやり直し

 ついにもう遅い系がアニメ界にも出てきた。復讐シーンとえっちシーンの両方で気持ちよくなれるといいな。

怪病医ラムネ

 怪病が面白おかしいからギャグなのか真面目な話なのか分からん。1話みたいなエピソードは好き。

怪物事変

 諏訪部のキャラがいい奴だった。1話が完全にイントロダクションだったので本筋の話が楽しみ。

五等分の花嫁∫∫

 作画が改善されてて泣いちゃった。謎の少女が五つ子の誰かってことをまだ意識してなかったんすね。ちなみにぼくはネタバレ踏んでるので誰か知ってるんですけども。

弱キャラ友崎くん

 主人公は別に人生ガチャ失敗してないと思うけどな。ヒロインが可愛いので今後に期待。

SHOW BY ROCK!! STARS!!

 ましゅまいれっしゅしか勝たん。このままいい感じに狂気を醸し出してほしい。

真・中華一番!(第2期)

 料理対決モノとしてならソーマよりも中華一番のほうが好き。1期のときから思ってるけど藤井ゆきよのキャラはトロールでしょ、こいつが絡むとロクなことにならん。

スケートリーディング☆スターズ

 スポーツを通して復讐するってのは面白そうよね、ぐちゃぐちゃした怨恨を生まないし。作画も話も悪くないので露骨なホモ展開がないことを祈る。

天地創造デザイン部

 動物の雑学を学べるギャグアニメ。マンネリしないか不安。

2.43 清陰高校男子バレー部

 話重くて草。このノリが続くとしんどいなあ。

バック・アロウ

 思ってたのとは違うけどギャグアニメとして見れば結構面白い。ロボのデザインも結構すこ。

はたらく細胞BLACK

  本家よりこっちのほうが殺伐としてて面白い。最終話で赤血球の心が完全に破壊される救いのない展開だったら評価したい。

BEASTARS 第2期

 レゴシもだいぶ変わったよなあと思ってたらレオ先輩のほうがもっと変わってて草生えた。1話ラストに出てきたCVくじらのキャラが気になる。

 ログ・ホライズン 円卓崩壊

 クッソ懐かしかった。話はまあこれからって感じだけど今回は政治色が強そう。アカツキ顔変わった?

約束のネバーランド(第2期)

 脱出してサバイバル始まるかと思ったらあっさりとかくまってもらえたけどこの後どうなるんだろうか。世界観が明らかになっていくのも楽しみ。

八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ

 東海出身のぼくには刺さるアニメ。「ほかる」は実際に言うけど「ケッタマシーン」はじじばばが使ってるところしか見たことない。

 ワールドウィッチーズ発進しますっ!

 キャラ崩壊系ショートアニメってだいたいつまらんけどこれは結構面白かった。キャラ知ってるかどうかがでかいんかなあ。

ワンダーエッグ・プライオリティ

 世界観は一応理解できた。作画も雰囲気もいい感じなので期待できそう。

 

B

IDOLY PRIDE

 すげえ展開早いなと思ったらどんでん返しくらってビビった。で、結局あの幽霊は厳格じゃなくてマジなん?1話のインパクトを超えられるかどうかが心配。

WIXOSS DIVA(A)LIVE

 俺たちが見たいのはこんなきれいなのじゃなくて命を奪い合う鬱展開なんだが。いつか来るであろう不穏展開が楽しみ。

裏世界ピクニック

 百合も楽しめそうな雰囲気アニメ。世界観がわかってくれば楽しめそう。
SK∞ エスケ-エイト

 レースシーンは作画も相まって見ごたえある。キャラがガイジしかいないのがうーん。
俺だけ入れる隠しダンジョン

 また富田美憂の家族が人質に囚われてるんだが。股間に響くお色気シーンを期待していきたい。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

 無双モノじゃなくてハイテンションギャグっすよね。ヒロインに期待。

転生したらスライムだった件(第2期/第1部)

 1期2クール目からの微妙な雰囲気を引き継いじゃってる感じある。ここらで一発盛り上がる展開が欲しい。

七つの大罪 憤怒の審判

 3期覚えてなさ過ぎて状況を整理するのに時間かかった。団長あっさり見つかったけどこっからどうするんだろう。 

のんのんびより のんすとっぷ

 まあ、のんのんびよりって感じ。2期までと比べると微妙に感じたのはメイン4人でのエピソードじゃなかったせいなのかいろんな日常アニメを服用してきたせいで耐性ができてしまったのか。

はたらく細胞!!

 1期から良くも悪くも変わらず。飽きそう。

Levius -レビウス-

 メガロボクスを思い出した。1話だけだと何とも言えん。 

 

B-

EX-ARM エクスアーム

 令和のアニメとは思えないクオリティ。作画があまりにもお粗末すぎて笑わずにはいられない。DYNAMIC CHORD的な楽しみ方になりそうだけどこっちは原作(漫画)があるだけに真面目な話をシュールな作画でやることになって自分が何見てるのかわけわからなくなりそう。

おとなの防具屋さんⅡ

 えっちさが足りねえ。

オルタンシア・サーガ

 The・ソシャゲって感じ。低予算感ハンパない。堀江由衣のキャラが女だったらなあ。

<追記>

女でした。

蜘蛛ですが、なにか?

 Y.AOI劇場。Y.AOI(蜘蛛)視点と他のクラスメート視点で話が進むっぽいけどちゃんと話つながるのかしら。

ゲキドル

 共感性羞恥を刺激された。内容は何とも言えんけどギスギスしそう。作画も怪しい。

じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~

 全然地味子じゃないやんけ!

装甲娘戦機

 世界観のわりに緊張感なさすぎません?戦闘に見ごたえがないしテンポも悪い。

プレイタの傷

 ホモ。

幼女社長

 1話で飽きそう。

 

C

アイドールズ!

  ゴミ。

 

切った

魔道祖始

 2クールも見る気にはなれなかった。

 

 わかってはいたことですが今季は継続アニメが強いですね。逆にPV時点では新規アニメが微妙だったんですけど思ってたよりいい感じ。めっちゃ面白いというよりはキツイのが少ないって感じ。ここ数年で一番キツイアニメが少ないクールになる予感がしてるので楽しくアニメ消化できそうです。というか今季アニメ多すぎないか?一週間で60本以上もアニメ見てたら頭おかしなるで。
 

☆ヒロイン四天王(1月)

 いつもノリノリでこの項目作ってるんですけど今季はぼくがときめきを感じるようなヒロインが少なすぎる。豚アニメが少ないとこういうことが起こるんですよね。途中から可愛いキャラが出てくることに期待したい。

 

ロキシー・ミグルディア(CV:小原好美)~無職転生異世界行ったら本気出す~~

f:id:Tatamin:20210117200254p:plain

 

掘京子(CV:戸松遥)~ホリミヤ

f:id:Tatamin:20210117200625p:plain

 

 

 新規アニメでビビッと来たヒロインがこの2人しかいなかったので継続アニメからぼくが好きなヒロインを2人載せておきますね!

 

ミノリ(CV:田村奈央)~ログ・ホライズン

f:id:Tatamin:20210117201533p:plain

 

各務原なでしこ(CV:花守ゆみり)~ゆるキャン△

f:id:Tatamin:20210117201739p:plain

 

私的2020秋アニメランク

☆はじめに

 秋アニメも終わったので個人的なランクとちょっとした感想をまとめました。完全にぼくの主観であり、ぼくの好みでランク付けしているので、「いや、それはおかしい」と思っても目をつぶっていただければと思います。例えば、男がいっぱい出てくるアニメは不当に評価が厳しくなる傾向があります。女の子がいる場合は可愛ければ話がつまらなくてもキャラの可愛さだけで高評価に置いたりもするんですが、男だとそういうわけにもいかないので。逆に、男しか出てこないアニメで高ランクに置いてるアニメは相当面白かったということになります。

 

☆ランク表

S

体操ザムライ

 

A+

GREAT PRETENDER(2クール目)

無能なナナ

呪術廻戦 

 

A

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

おちこぼれフルーツタルト

魔女の旅々

 

A-

ゴールデンカムイ(第3期)

安達としまむら

 

B+

憂国のモリアーティ

アサルトリリィ BOUQUET

ご注文はうさぎですか? BLOOM

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

禍つヴァールハイト -ZUERST-

アクダマドライブ

トニカクカワイイ

キラッとプリ☆チャン シーズン3(2クール目)

ひぐらしのなく頃に

秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~

いわかける! -Sport Climing Girls-

One Room サードシーズン

兄に付ける薬はない!4 -快把我哥带走4-

 

 

B

戦翼のシグルドリーヴァ

魔法科高校の劣等生 来訪者編

くまクマ熊ベアー

池袋ウエストゲートパーク

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

半妖の夜叉姫

ヒーリングっど♡プリキュア(3クール目)

ポケットモンスター(5クール目)

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期

 

B-

魔王城でおやすみ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

神達に拾われた男

炎炎ノ消防隊 弐ノ章(2クール目)

100万の命の上に俺は立っている

ヒプノシスマイク -DIvision Rap Battle-』 Rhyme Anime

シャドウバース(3クール目)

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

キングスレイド 意志を継ぐものたち

神様になった日

NOBLESSE -ノブレス-

ブラッククローバー(12クール目)

ミュークルドリーミー(3クール目)

それだけがネック

デジモンアドベンチャー:(2クール目)

大人にゃ恋の仕方がわからねぇ! 

土下座で頼んでみた

エタニティ~深夜の濡恋ちゃんねる♡~

ぐらぶるっ!

レヱル・ロマネスク

シルバニアファミリーミニストーリー ピオニー

 

C

ぽっこりーず(3クール目)

まえせつ!

 

まだ終わってないやつ

D4DJ First Mix

 

番外編

~夏の忘れ物~

別冊オリンピア・キュクロス B-

メジャーセカンド 第2シリーズ B+

もっと! まじめにふまじめ かいけつゾロリ B-

~春からの刺客~

ギャルと恐竜 C

~冬への期待~

進撃の巨人  The Final Season A-

 

目安

S…覇権

A+…覇権候補

A, A-…生きがい

B+…面白い

B…普通

B-…キツイ

C…ちんぽ

 

☆個別感想

※ネタバレあり

 

S

体操ザムライ 

 MAPPAのスポーツアニメというだけで期待せざるを得ないわけですが序盤はわりと微妙だと思ってました。というのも、最初は体操選手の父親とその娘のストーリーを期待して見始めたのでレオのことを邪魔だと思ってたんですよね。しかしながらそれ以上にレイチェルがどちゃくそ可愛かったのでいつの間にかそんなことも忘れて夢中で見てました。一応、最後まで見てから改めて振り返るとレオの存在はストーリーに必要だったかなと思ってます。

 この作品を語るにあたって外せないのはレイチェルこと荒垣玲ちゃんでしょう。というよりこのアニメの主人公はレイチェルじゃないですか?もはやタイトルを”体操ザムライのムスメ”にしてもいいくらい。最初は体操選手の父親を支えるいい娘さんっていう印象だったんですけど、中盤以降レイチェルの内面に触れていくにつれてより魅力的になっていきました。学校で父親のことをいじられてたり、授業参観でレオがやらかしたときは心配でしたなんとかなってよかったです。そんなレイチェルも父親の前では心配させないようにとずっと我慢し続けてたのが健気すぎて泣いてしまった。「本当は自転車乗れないんだよ!」っていうセリフにはハッとさせられました。そして、レイチェルを語るうえで忘れることができないのはキティちゃんとの交流でしょう。同年代の女の子と一緒に遊ぶレイチェルがどちゃくそ可愛かった。それだけでは終わらずキティちゃんとの別れ際に「大女優になりたい!」という夢を口にしてて思わず”やりますねぇ!”と叫んでしまった。f:id:Tatamin:20201230105217p:plain

あら^~。キティちゃんが出てきたときにもしかしたら「大女優の娘のくせに」みたいな感じの性格悪いキャラじゃないかと心配したんですが普通にいい子でよかった

11話ではレイチェルの演技がレオの背中を押すのに一役買っています。ここのシーン普通に泣いてしまったんだよな。レイチェルならきっと大女優になれるよ。

f:id:Tatamin:20201222213946p:plain

忍道とは!必死即生!死への覚悟こそが生への道なり!恐れ、侮り、杞憂なき不動の心を得る好機!忍をもって和を為す者、真の忍者になりたくば今ここで私とともに立て。」

 レイチェルにスポットが当たりまくってるせいで父親のサムライが若干空気になってた感が否めませんが最終話でばっちりキメてくれました。鉄棒の演技はもちろんですが9.975って点数が出たときは思わず泣いてしまいました。こいついつも泣いてるな。ずっとサムライのことを目の敵にしてたてっちゃんの表情もいい味だしてましたね。あこがれの選手の完全復活とかめっちゃ嬉しいやろなあ。一方でレオがバレエに復帰した後の話はエピローグにちょっと描かれただけで若干物足りなさは感じました。本編でレオがダンスしてるシーンほとんどなかったしなあ。とはいえサムライの完全復活を目にした彼がどうなったのかはわざわざ描かなくても想像に難くないわけで。実際にぼくはエピローグは短ければ短い方がいいと思ってる人間なのであの終わり方でよかったかなと思います。

 それにしてもレイチェルが可愛かった。レイチェルファッションショーの回(8話)の翌日が危険物取扱者の試験日だったんですけど試験当日の朝にこの回の録画を見たせいで試験中ずっとレイチェルのこと考えてたんですよね。合格できたのもレイチェルのおかげですよこれは。あとEDも好きなんですよね。出だしの”なあ何が見える?度がズレた色眼鏡 かけて今日も顔色見てどこまで言える?”のフレーズがすこ。この曲も試験中に脳内でリピートされてました。

 

 

A+

GREAT PRETENDER(2クール目) 

 1クール目のときも言ってた気がするんですが見てるこっちも騙されるんですよね。特に今回のCASE4では最終盤までエダマメが朱雀連合に寝返った(というかローランたちから遠ざかった)と思ってたので騙されましたね。わりとマジで寝返ったエダマメをローランはどうやって操縦するのかなあってことばかり考えてました。

 CASE4ではついにエダマメとローランの過去が明らかになりました。エダマメと父親のオズとの間の確執がCASE4のキーポイントだったと思います。エダマメからしてみたら父親は家族を捨てた最低な人間にしか見えないうえに二度も裏切られたんだから船の上で撃ち殺してもしゃーないと思うじゃないですか。その後の実際は生きていたオズとサシで話をしてるシーンとか朱雀会の会長に可愛がられてる様子見てたら裏切ってもおかしくないと思うじゃないですか!だって何やらかすかわからないエダマメですよ。とはいえ21話のローランとエダマメのガバガバ翻訳見てたら”あー一応ちゃんとローランに協力するんやな”ってなったんですけど22話でエダマメの迫真のセリフを聞いたら土壇場でローラン達を裏切ったと思うじゃん。エダマメならやらかしかねないし。で、オズに斬られたときはマジでエダマメ死んだと思ったんですよね。状況が飲み込めなくて”え?は?”って言いながら見てました。まあ、ぼくは騙されたんですけども。あれは一本取られました。でもエダマメもだいぶローランたちにキレてましたよね、どこで協力することを決めたんだろう。やっぱアビーの言葉なのかなあ。そうなるともしあれがなかったら一体どうなってたんだろうか。

f:id:Tatamin:20201225224922p:plain

ここのアビーかっこよかった

23話でのネタバラシもめちゃくちゃ面白かったです。過去のキャラたちがいっぱい出てくるのもそうですし前の話が嘘であるかのようにギャグ満載で見てて楽しかったです。エダマメも過去とうまいこと決着をつけられたようでよかった。まあ、今後もローランの掌の上で踊らされそうですけど。

f:id:Tatamin:20201225225724p:plain

「やあ、そろそろ退屈してる頃だろ?」

 ローランの過去もかなり驚きましたね。まあ一番驚いたのはキム・シウォン(CV:くじら)がローランよりも古株だったことなんですが。それは置いといてドロシーの話もCASE4の見どころの一つですね。過去の回想なのにかなり丁寧に描かれてたのがよかった。過去編を見てからローランへの印象がだいぶ変わりましたね。ただの”金髪クソ野郎”じゃなかったんやな。ほんとキャラの魅力もある作品だと思います。

 話も面白かったしキャラの掘り下げもよかったしでばちくそ面白かったです。何より後味が悪くないのがいいですね。最終話のCパートみたいなのもぼくは好きです。

f:id:Tatamin:20201225222012p:plain

CASE4_8, 4_9のサブタイの背景カッコよすぎる

 

無能なナナ

 まずはこのアニメの第一弾PVを見てください。クッソつまんなさそうじゃないですか?なので最初は期待せずに見てたんですけど早速1話でいい意味で裏切られました。だってナナオが主人公だと思うじゃん、下野紘が声やってるし。ナナオが海に沈んでいくところでOPが流れてタイトルがバンっと出てくる演出は鳥肌が立ちました。で、こういうアニメは1話だけになりがちなんですけどそんなことはなく最後までずっと面白かったです。

 無能力者のナナがいかにして能力者を殺すかというのと、いかにしてキョウヤの目を欺くかというのがこのアニメの見どころ。しかも毎度のようにナナが窮地に追いやられてるところでその回が終わるのでめちゃくちゃ次の話が気になるんですよね。引きのうまさは今季一だったんじゃないでしょうか。ナナのピンチの切り抜け方も毎回”あ~なるほどな”ってなるものばかりでめちゃくちゃ面白かったです。GREAT PRETENDERもそうですけど見てるこっちも”騙された!”ってなる瞬間が一番面白い。中にはわりとガバガバなものもありましたがそれでも納得はできるものがほとんどだったのでそれほど気にならなかったです。ガバにも多少寛容になれた方が楽しめるものが増えるよね。

 このアニメのもう一人のキーパーソンはミチルちゃんでしょう。CVが中原麻衣とか絶対裏があると思ってたんですけどまったくそんなことはなかったです。疑ってごめんなミチルちゃん…。下野紘もそうですけどこのアニメはCVでもミスリードを誘ってきてて油断ならない。ミチルちゃんとの交流を通して今まで隠していた本来のナナを垣間見ることができてナナのことがどんどん可愛く見えるようになりました。

f:id:Tatamin:20210104233417p:plain

ナナしゃんの凍てついた氷が溶けていく…

今までナナを苦しめてきた壮絶な過去もミチルちゃんのおかげで乗り越えることができてせっかくナナが心を許せる存在ができたと思った矢先にミチルちゃんがナナを助けるために命を落とすことになって言葉を失うと同時に泣いてしまった。こんな結末ないよ…。しかも直前にミチルちゃんを逃がすためにナナがひどい言葉をかけたにも関わらず戻ってきてくれたっていうね。ほんとにいい子だっただけに失ったショックが大きすぎる。ナナしゃんが再び闇堕ちしないか心配だ。

 1話のどんでん返しから失速しなかったうえに最後は泣かせる展開もあるという全体を通してめちゃくちゃ面白いアニメでした。ミチルちゃんが死んだところで終わっちゃったので続きが気になって仕方ない。2期を頼むぞスクエニ。あと、本編との内容は関係ないんですけど終盤で藤原啓治の声が聞けて思わず泣いてしまった。収録が1年前だったらしいんですけどまさか再び藤原啓治の声を聞けると思ってなかったので嬉しいサプライズでした。

 

呪術廻戦

 巷では”ポスト鬼滅”なんて言われてますよね。ジャンプの編集部もちゃんとしたクオリティでアニメを作れば売れると言うことを鬼滅を通してわかってくれたのか呪術廻戦も結構力入れて作ってくれてます。今後もこの傾向が続いていって欲しいものです。

 小学生だから真っ先に出てくる感想が”作画すげぇ”なんですよね。流石MAPPAと言わざるを得ない。1話からあの作画で戦闘シーン見せられたら引き込まれるよなあ。今のところ戦闘シーンのクオリティが全然落ちてないのでこのまま最後まで突っ走って欲しいと思います。

 キャラもいいっすね。優しい虎杖(いたどり)に残虐な宿儺(すくな)が受肉するっていうのがいいですね。虎杖じゃなかったら制御できないやろなぁ。虎杖に嫌みが一切ないので見ていて気持ちいいです。あとは五条先生やナナミンがマジでかっこよかった。主人公の先生が最強クラスのキャラなのめっちゃ熱くないですか?こういうのすこだわ。ナナミンはこのアニメで一番好きなキャラかもしれない。全人類が津田健次郎ボイスに対して「原作で聞いた声だ!」って言ってますけど原作を読んでないぼくですら”原作の声じゃん”ってなるくらいマッチしてる。ナナミンのセリフ回しとか過去回想とかも好きなんですけど7:3となる点を強制的に弱点にするっていう能力の設定が個人的にめっちゃすこ。シンプルなのがカッコいいんだよな。

f:id:Tatamin:20210102130156p:plain

この演出ばちくそすこ

1クール目だけだと他の一年生の影が薄かったんですけどここから出番ある感じなんですかね。虎杖関連の話が面白かっただけにこっちも期待せざるを得ない。

 このアニメ見てると上げてから急に落としてくるから油断できないんですよね。順平が虎杖の友人になったかと思いきやすぐに敵対することになっててマジか…ってなりました。しかもその後すぐに殺されちゃうし。このアニメ平気で人を殺してくるからなあ。怒涛の展開がずっと続いてるので1話1話がめっちゃ短く感じます。

 いろんなポケモン実況者が”呪術廻戦面白い”って言ってただけあってかなり面白いアニメでした。でしたというかもう1クールあるんだけど。ただ、ジャンプアニメは間延びするのがお約束なのでテンポよく2クール目もやってくれたらいいなと思います。

 ところで、本編終了後のミニコーナーとして”じゅじゅさんぽ”なる茶番ショートアニメがあるんですけどこれいる?本編で殺伐とした話された後にこれ見せられても寒いだけなんですけど。同じ理由で鬼滅の”大正こそこそ噂話”も嫌いだった。この寒いミニコーナーが伝統にならないといいけどなあ。ちなみに同じジャンプアニメのブラッククローバーにも”ぷちっとクローバー”なるミニコーナーがあったんですけどいつの間にかほとんどやらなくなりました。君はまず本編を面白くしてくれ。

 

 

A

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 

 ぼくは昔ラブライバーだったんですけどサンシャインのアニメがゴミすぎて一気に熱が冷めて他界した経験があるんですよね。なので今作も一切期待せずに見始めたんですけどかなり面白かったです。無印も含めて歴代で一番面白かったんじゃないかと思います。

 前作までとだいぶ毛色が違いましたね。まずはグループとしてではなくソロアイドルとして活動してる点。そのおかげか1話から9話まで毎話個人回と合わせてライブを披露してくれました。各キャラに焦点を当てて掘り下げてくれたおかげか知識0で見始めたのに最終話までにキャラを全員覚えることに成功しました。アイドルアニメでキャラの名前全員覚えるとか普段のぼくにはできない芸当なのでこれはすごいことですよ。個人回に捨て回が全然なくてキャラの魅力を引き出すことに一役も二役も買ってたと思います。楽曲もそれぞれのメンバーに合っててキャラを覚える手助けになりました。というより普通に気に入ったのでアニメの挿入歌全部買ってしまったんだよな。ちなみにぼくのお気に入りはりなりーの”ツナガルコネクト”です。ライブシーンもサンシャインの頃からかなり進化してて感動しました。1話の歩夢のライブのクオリティを見たときは”ついにラブライブもここまで進化したか”と思わず涙を流してしまった。

 あとは、今作はゲームでいうところのプレイヤーのポジションのキャラがアニオリで設定されてる点。その名も高咲侑ちゃん。見た目がドラパルトって言われてるってのを聞いてからドラパルトにしか見えなくなってしまった。

f:id:Tatamin:20201108210326p:plain

Dragapult

歩夢の幼なじみなのでよく一緒に行動してたんですけどこの2人の絡みがとてもよい。あら^~的な意味で。終盤で侑ちゃんがせつ菜とこそこそやってるのを歩夢が目撃したことで嫉妬心と不安が爆発して侑ちゃんを押し倒すところにまで発展したときはビビりました。歩夢に問いただされた侑ちゃんが「違うよ」って即答したあとのこれだからな。こういうシーン見てるとよく”そのままレズセしろ!”って言うんですけどマジで押し倒すのを目の当たりにしたら普通にびっくりしちゃった。

f:id:Tatamin:20210103143420p:plain

修羅場

どうなることかと思いましたが次の回で円満に解決してよかったです。寄り合う関係から支えあう関係へ進歩したのがいいっすね。何より歩夢がこの件を”恥ずかしい”と認識してくれててよかった。これがなかったらガチのクレイジーサイコレズだからな…。

 ゆうぽむ以外でもこのアニメではいろんなキャラでカップリング組めますよね。それこそ前半は侑ちゃんがかすかすやせつ菜をたらしこんでましたが、中盤からはあいりなとかはるかなとかしずかすみたいにカップリング間で問題を解決しててよかった。りなりー回とか最高でしょ。他の媒体ではどういう設定か知らないですけどりなちゃんボード誕生のきっかけとかめっちゃうまいと思いました。

 OPとEDもいい曲ですよね。OPの映像もめっちゃよかった。OPのサビのあとの”そうきっとひとりじゃないよ…”の部分の映像とか好きすぎてあそこのgifを100万回くらい見返しました。EDは今季で2番目に好きな楽曲です、特にサビの部分がすこ。個人的には楽曲も今までのシリーズで一番好きかもしれない。

 キャラも可愛いし曲もいいし話も面白いしで文句なしのぼくが見たかったラブライブ!でした。そうなんだよ、こういうのでいいんだよ。今回は花田が関わってないらしいので今までのシリーズの戦犯がとうとう明らかになってしまった、前から知ってたけど。2期もぜひ作って欲しいな。

 どうでもよくない話なんですけど今作おっぱいや太ももの作画めっちゃ気合入ってません?大事な話してる最中なのにおっぱいにしか目がいかないことが多々ありました。これはとてもいいことなので今後も続けていってもらいたい。

f:id:Tatamin:20210103145139p:plain

ロケットおっぱい

 

おちこぼれフルーツタルト

 きたないハナヤマタなんて呼ばれてますけどもはやそれはハナヤマタに失礼なんじゃないかってレベルできたなかったです。きたなかったんですけどキャラの可愛さとお色気要素を両立しててめちゃくちゃ面白かったです。この2つを両立できてる作品ってなかなかないですよね。

 ぼくは登場人物全員頭がおかしいアニメが好きなんですけどこのアニメはまさにそれ。6話のサブタイが”へんたいあらわる!”なんですけど誰がサブタイのへんたいなのかわからないレベルで変態しかいない。1話のころはよくあるきららアイドルアニメだと思って見てたんですけど気付いたときには性癖開放してやばいアニメと化してました。本誌上で”お茶の間デビューして本当に大丈夫か!?”っていうキャッチコピーでアニメ化の広告が掲載されてたということは聞いてたんですけどまさかここまでとは。しかしながらこのアニメ舞台になってる東小金井市と結構がっつりコラボしてるんですけどこんな内容で大丈夫なのか?

 フルーツタルトのメンバーみんな可愛くないですか?なんというか誰を選んでも逆張りにならないというか。ちゃんとそれぞれにやべー性癖が付与されてるのもいいですね。キャラによってやばさの度合いが違うけど。イノ先輩がおそらくメンバーの中でぶっちぎりで頭おかしい。掲載紙が同じ別作品のイノ先輩と対比してきたないイノ先輩って呼ばれてて草生えた。1話のころは一番まともそうだったんだけどなあ。頭もだいぶおかしいですけど緊張すると催してしまう体質もやばい。未だかつてここまでトイレの描写が描かれたアイドルがいただろうか。ぼくもトイレが近い方なので実はイノ先輩なのかもしれない。あとは作中一の女たらしっぷりでいろんなキャラから矢印向けられてて草だった。人当たりがいい変態はいい変態ですよ。あと太ももが太いのはえっち。時代はおっぱいじゃなくて下半身なんだよな。

f:id:Tatamin:20210105112020p:plain

”とります!おといれ?”

ロコ先輩は大きいおっぱいが大好きっていうこと以外はわりとまともなのでよくツッコミに回ってるイメージでした。大人ぶろうとして失敗したり黒歴史をほじくり返されたりして涙目になってるのがめっちゃ可愛かった。あとは何といってもブロ子の歌。完全に洗脳ソングだった。はるかなレシーブのワクワクシークヮーサーと似たようなものを感じましたが中毒性はこっちのほうが高そう。

f:id:Tatamin:20210105112216p:plain

ブロッコブロッコブロッコリー

はゆちゃんは数少ない(唯一?)”まだ”ヨゴレきってないキャラで時折見せる乙女なところにキュンキュンしてました。こういうキャラがまわりの頭おかしい人たちにどうやって汚されていくのか見たくなるよね。11話のメイド服with首輪の破壊力はハンパなかった。あと、おっぱいが小さいのを悩んでる描写が可愛かった、これがあるから小さいおっぱいはアドなんだよな。関係ない話ですけどラジオで白石春香が自分の声質を貧乳ボイスって言ってて草生えた。なるほどたしかに

f:id:Tatamin:20210105111412p:plain

本人はロックな感じを目指してるのが可愛いよね

ニナちゃんは背も胸もでかいというぼくの性癖からは大きく外れたキャラだったんですけどよさみを感じずにはいられませんでした。ロコ先輩がニナちゃんの胸に飛び込んでるシーン見たてたらいくらちっぱい好きとはいえ羨ましくなっちゃうもんな。小さい子が好き+匂いフェチというわりとヤバめの性癖も随所で見られて面白かったです。多分きたないイノ先輩の次にヤバい性癖してるよな。

f:id:Tatamin:20210105111840p:plain

来世は美少女になっておっぱい大きい女の子のおっぱいに顔をうずめたい

へもちゃんはクレイジーサイコレズの極みみたいなキャラでいたるところで狂気を感じることができて可愛かったです。常時目がハートなのいいですよね。当人であるイノ先輩がへもちゃんの重過ぎる愛に気付いてないのも面白い。イノ先輩はいつかへもちゃんに刺されるのでは?個人的にはゆちゃんとへもちゃんでイノ先輩を取り合う展開が見たいのでぜひ続きをよろしくお願いさしすせそ。ちなみにぼくの推しはへもちゃんです、次点ではゆちゃん。

f:id:Tatamin:20210105111638p:plain

ひえっ…

サブキャラも全員頭おかしくてフルーツタルト以外のキャラがメインの話も面白かったです。お色気要素がただえっちなだけじゃなくて笑えるギャグになってたのがよかったですね。

 一応アイドルアニメなのでちゃんとアイドルらしいきれいなシーンもたまに入ってました。初ライブで緊張してるへもちゃんを励ますシーンとかまるでアイドルアニメを見ているかのようでした。f:id:Tatamin:20210105111603p:plain

「勇気注入~♡」このあとのライブシーンのへもちゃんのモノローグ(1個上の画像)がなければきれいな話で終わったのに…

アイドルアニメに欠かせないライブシーンはまさかの手描きライブ。やっぱfeel.しか勝たん。3話の初ライブシーンでは微妙に動きがずれていていかにも初ライブって感じがしててリアルでした。ライブシーンの数は少なかったですがどれもクオリティが高くて満足です。曲もOPED含めて全体的によかったです。ぼくのイチオシは”タルトなキモチ”。歌詞が中高生の女の子って感じがしてかわいい。

 1話の頃はそれほどでもなかったんですけど化けの皮が剥がれてからはどちゃくそ面白かったです。こういう感じのきららアニメ増えて欲しいと思ったけどこの作品が特殊なだけで普通はきららで主人公がおしっこ漏らしたりしないんだよな。

f:id:Tatamin:20210105114018p:plain

 

魔女の旅々 

 キノの旅の女バージョン*1。一部ではキノの旅の下位互換なんて呼ばれたりもしてましたがぼくは相互互換なんじゃないかなと思ってます。話の内容はキノの旅に分があると思いますがキャラ萌え的な性能だとこっちに軍配があがるんじゃないかなと。キノと原付のやり取りもよかったですがイレイナはブヒ性能が高い。ちなみにぼくは魔女の旅々のほうが好きです、萌え豚おじさんなので。

 このアニメの一番の魅力はなんといっても前述の通り主人公イレイナの可愛さでしょう。自分に自信のある女の子っていいですよね、わからせてあげたくなる。冷静な性格のわりに結構周り(主に師匠とサヤ)に振り回されたりとコミカルな面も押し出されてて可愛かったです。あと普通にキャラデザがよかった。何よりおっぱいがちょうどいい感じのサイズだったのが高評価ですね。

 旅の話はギャグ調のものから結構エグイものもあったりしてどれも面白かったです。ぼくのお気に入りは11話の入れ替わりのやつ。あの展開が嫌いなオタクいないでしょ。あとは9話もよかったですね。わざわざ冒頭に注意喚起のテロップを入れるレベルのエグい回。ああいう救いのない話は半年に一回くらいは見たいです。どれも1話完結で見やすいのはもちろんですが、個々の話がブツ切りになってるわけじゃなくサヤや師匠の再登場であったりニケの冒険譚の話だったりちゃんと一つの作品としてストーリーが動いてるのもいい感じでした。

 サブキャラもなかなかいい感じでサヤとかめっちゃすこなんだよな。冷静なキャラには積極的なキャラを組み合わせるのがいいって偉い人も言ってました。初登場のときはまさかこんなキャラになるとは思ってなかったけど。おそろいのペンダントをプレゼントするところとかやばかったですね、愛が重すぎる。ちゃんとイレイナもそれ以降ペンダントを身に着けてるのがいいですね。

f:id:Tatamin:20201220011604p:plain

野獣の眼光。今季のレズはどいつもこいつも重すぎる。

2人の師匠やイレイナの母親もいいキャラしてました。ニケの正体の匂わせ方とかもよかった。キャラの魅力に関しては今季アニメの中で群を抜いてたと思います。

 作画や主題歌もこのアニメの雰囲気にマッチしてて全体的に高水準なアニメでした。最終話に新キャラが出てきましたがこれは2期をやるつもりがあるということでいいですかね?しかも新キャラの声が小原好美ちゃんだったので期待せざるを得ない。しかしながら今までに2期をやる雰囲気を醸し出しながら消えていったアニメたちを何十本も見てきたのもまた事実。頼むから2期やってくれよな~。

 

A-

ゴールデンカムイ(第3期)

 2期が2年前ってマジ!?そりゃ内容覚えてないわけだ。1期(2018春)から2期(2018秋)がわりとすぐだっただけに2年のブランクは長い。キャラはちゃんと覚えてたんですけど話がどうなってたかを思い出すのに少し時間がかかりました。前回までのゴールデンカムイ!が欲しい。

 このアニメの一番すごいところは茶番も面白いところ。サウナのシーンとか格闘技のシーンとかゲラゲラ笑いました。アシリパさんがいないと男しかいなくなるアニメですが吹っ切れてあんなの見せられたらそりゃ笑うわ。個人的に印象的なのはサーカス回(28話)。ギャグ全開のサーカスシーンの後に急に真面目な話をし始めたと思いきや最後はきっちりギャグで締めるという。杉本「今この瞬間にアシリパさんのキレイな青い目に俺が生きてる証拠が映っていますように」→アシリパ「見ろ白石、うんこだ!」の流れはずるすぎるわ。しかもこの杉本のセリフがCMでいい感じっぽいセリフとして使われてただけにばちくそ笑いました。これがギャグとシリアルの絶妙なバランスというもの。

 最初に言った通り話はあんま覚えてなかったわりにキャラはちゃんと覚えてたんですよね。それだけキャラの印象が強いわけなんですけど。今季でいちばんビビったのは33話で長谷川と名乗っていた男が正体を現すシーン。いきなり芳忠ボイスで「鶴見篤四郎」って言われたらビビるわ。しかしながら鶴見中尉と月島軍曹の過去話はどこまで台本でどこまでが本当の話なんだ…?個人的に好きなキャラは白石。一度はアシリパ一行と別れようとしたけれども男の約束を守るために思い直してアシリパたちに付いていくシーン好きなんですよね。おちゃらけたキャラですけど杉本が「頼んだ」とアシリパさんを託しただけあります。あとキロランケニシパが死んだの普通に悲しかったゾ…。

 それにしてもこの作品やってることはマジメで面白いのにあまりにもド直球な下ネタが多すぎる。いいぞもっとやれ!もっとじゃんじゃん白石晴香にうんことかちんぽとか言わせてくれ!今季だとせっかく杉本、アシリパ、白石が再会したのにやることがおしっこでくっついた杉本のボタンとアシリパさんの瞼を剥がすっていう。これぞ感動の再会ですよ、ぼくも目からおしっこ出ちゃったわ。やっぱゴールデンカムイといえばこの3人なんだよな。

f:id:Tatamin:20201222231903p:plain

感動の再会。この液体はきっと涙なんやろなぁ…

 この先の展開も気になるので4期もやって欲しいですね。願わくば3期の記憶が消えないうちに…。

f:id:Tatamin:20201222232157p:plain

相棒の契約更新

 

 

安達としまむら

 この世には2種類の百合アニメが存在してると思うんですよね。一つはイチャイチャすることに特化したタイプ。桜Trickみたいなの。もう一つは2人の関係性を掘り下げるタイプ。やがて君になるみたいなの。このアニメは後者のタイプ。安達としまむらの関係性の変化を見ていると思わずニヤニヤしてしまいます。

 安達の挙動がめっちゃ童貞なんですよね。ずっとしまむらのことを考えているのにいざしまむらと何かすることになると冷静でいられなくなるところがまさに童貞。この安達の童貞ムーブがこのアニメの楽しみの一つですね。バイト中に着ていたチャイナドレスを可愛いと言ってくれたからという理由でクリスマスデートにチャイナドレスを着て行くのはやべーよ。

f:id:Tatamin:20201231202819p:plain

足もと寒そう

2年生になってしまむらのまわりに別の女たちが群がってきたときにしまむらと距離を置いてたのがめっちゃリアルだった。ぼくも陰者なので気持ちはめちゃくちゃわかる。それでも逃げずにしまむらのもとへ向かったのは流石だぞ安達。でも、その晩のしまむらとの電話で泣きだすのは重すぎないか?今季はやべーレズキャラがわんさかいましたがその中でも安達は群を抜いてやべーと思う。重いレズキャラすこ。

 しまむらしまむらで安達の気持ちに気付いてるにも関わらずスルーしてるのがなんとも。しかも飴をあげちゃいけないところで飴をあげちゃうから安達がどんどん重くなっていくという。とはいえしまむらの安達への感情も変化しつつありますよね。しまむらはどこまで本気なんだろうか。

f:id:Tatamin:20201231205735p:plain

こんなことしたら安達が大変なことになっちゃうだろ

最終話の最後のしまむらの「だから私は安達に桜を求める。その横顔にはきっと…」っていうセリフがいいなあって思いましたね。”安達に桜を求める”、なるほどね。今後の2人のエピソードも見たいから2期やってくれよな~。

 安達としまむらの他にも日野と永藤の絡みもよかったっすね。あだしまの2人では見ることができない空間を楽しめました。おでこにちゅーするのはどう考えてもデキてるでしょ。

f:id:Tatamin:20201231204729p:plain

あだしまの2人よりもガチ感ある

あと、途中で樽見が出てきたときは脳が破壊されかけましたがなんとか耐えることができました。むしろ樽見の脳が破壊されてるような気もするけど。しまむら樽見のやり取りを見てるとしまむらのなかで安達が特別な存在になりつつあるのがわかっていいですね。それにしても宇宙人いる?百合の間に入るのは女であろうと許されないんだよな。途中からしまむらの妹の付き人みたいになってたけどしまむらの妹と宇宙人の間でもそういうのが始まるのだろうか。

 OPとEDもいいですよね。ぼくは特にEDが気に入ってます。サビの部分の「あと何十回何千時間一緒にいれば ”いつも通り”と呼べるようになれるかな」の部分が作中の安達の感情とリンクしててすこ。主題歌がアニメ本編とリンクしてるやついいよなあ。

 終始ニヤニヤしながら楽しめるとてもよい作品でした。やが君と比べると心理描写が弱い気もしますがそのぶん直接的なイチャイチャはこっちのほうが楽しめたかなと。それにしても作画は何とかならんかったのかなあ。手塚プロダクションは顔の作画が苦手なのか?問題作と比べれば頑張ってたけども。

 

B+ 

憂国のモリアーティ

 創作世界の貴族って基本的に悪さしかしないわけですがその悪い貴族を容赦なく殺していく作品。陰者は自分よりも階級が上の人間が嵌められてどん底に落ちていくのを見るとどちゃくそ気持ちよくなる人種なのでぼくもこのアニメを見て気持ちよくなってました。

 タイトルの通り主人公がモリアーティで中盤からライバルとしてシャーロックが出てきます。モリアーティをメインに据えるのは珍しい感じがしますがシャーロックホームズ系の作品の例があんまり思いつかなかったので多分気のせいです。このアニメのいいところはちゃんとモリアーティが貴族を嫌っている理由がはっきりしてるとこですね。というよりも3話で本物のウィリアムを殺して屋敷に火を放ったシーンがめちゃくちゃ衝撃的でした。あそこでこの作品に引き込まれました。1話を見たときは”あー悪いヤツを懲らしめてく感じのやつね”っていう感想だったのが2~3話で描かれたバックボーンを見たことで”これから面白いことが始まりそうだ”っていうワクワクに変わりました。腐った貴族社会を変えるという目標を達成するのは容易なことではないですが”こいつらならやってくれそう”っていう期待が持てるからこそ話も面白く感じるんじゃないかなと思います。

 中盤から登場したシャーロックもなかなか頭が切れる男なのでこれからのモリアーティとの対決が楽しみです。個人的に好きなのが10話での2人のやり取り。前話までの事件について話すシャーロックの「その切れる黒幕がお前だったらいいなって思ったんだよ」というセリフに対しモリアーティが「Catch me if you can, Mr. Holms」と返したシーン。いやあ、この返しはずるいじゃん。それを聞いたシャーロックの表情もいい味出してました。

f:id:Tatamin:20201223232543p:plain

f:id:Tatamin:20201223232435p:plain

今後の2人の対決が楽しみすぎる

 春からの分割2クール目も結構楽しみにしてます。ぼくは陰者なのでモリアーティを応援してます。

 

アサルトリリィ BOUQUET

 最初にこのアニメのイントロダクションを読んだ感想が”固有名詞を別の名前に変えたらどっかで見たことある内容になりそう”だったので1話を見た段階では結構怪しいと思ってたんですけど普通に面白かったです。キャラが可愛いかったのと日常シーンが多めだったのがよかったのかもしれない。

 ヒュージと呼ばれる謎の生命体と戦う少女(リリィ)たちの話。世界観的に結構殺伐とした感じになるのかなと思ってたんですけど特にそういうこともなかったです。こういうのは下手したらいつの間にか人間同士で戦い始めたりするので心配してたんですけど杞憂に終わってよかった。思い返すと戦闘シーンよりも日常シーンのほうが多かった気がしなくもない。百合アニメなんだから日常シーンに時間を割くのは当たり前だよなぁ。シュッツエンゲルっていう疑似姉妹制度が完全に百合の花を咲かせる気満々ですよね。素晴らしい制度だと思います。

 このアニメのメインは梨璃と夢結様の関係性の変化でしょう。シュッツエンゲルの契りを結んだ直後は素っ気なかったゆゆ様が自分の暴走を止めてくれたことをきっかけにあっさりデレてて草生えた。ゆゆ様がチョロすぎるのかりりが凄いのかこれもうわかんねえなあ。りりがゆゆ様のことが大好きなのは見てわかる一方でゆゆ様がりりのことをどう思ってるかイマイチわからなかったんですが、りりのためにラムネを買いに行く回でゆゆ様がりりのことを大事に思っていることがわかりました。ただのギャグ回かもしれないんですけどこの回でぼくはこのアニメの尊さを身をもって感じましたね。キャラを見ただけだとおっちょこちょいなりりをゆゆ様がカバーする感じになるのかと思いきやどっちかっていうとりりがゆゆ様を救うっていう展開が多かった感じがします。むしろゆゆ様のほうがポンコツなイメージがある。過去にゆゆ様に救われたりりが今度はその件でトラウマを抱えていたゆゆ様を救うって構図がいいですね。今季は百合っぷるが多いシーズンでしたがその中でもこの2人の組み合わせはかなり好きです。

f:id:Tatamin:20210104164311p:plain

ケーキ(ヒュージ)入刀。クールなお姉さまと元気な妹の組み合わせすこだ…

一柳隊の他のメンバーもいいキャラでした。個人的には楓がすこ。このアニメの縁の下の力持ち的存在ですね。大好きなりりのためにいろいろ動いてる様子は頼もしかったです。

f:id:Tatamin:20210104165004p:plain

楓「夢結様にまでお礼を言われる筋合いはございませんわ」

夢結「シュッツエンゲルとして、姉として言っているの」

楓「あーそれはあれですわね。梨璃さんは私のもの、渡さないわという私への牽制ですわね」

夢結「ええ。そのとおりね」

楓「く~っ!認めましたわね!」

ところで、一柳隊に夢咲楓いませんでした?そのせいで楓が二人いる現象が発生してたんですけど。

f:id:Tatamin:20210104165700p:plain

夢咲楓(Player:バンビー)

途中で人造リリィの結梨が登場しました。完全にりりとゆゆ様の間にできた子供なんだよな。結梨の扱いで一騒動起こりましたがみんなの奮闘のおかげで解決してやったぜ。と思った矢先に結梨が退場して”マジかよ…”ってなりました。いくらなんでも退場が早すぎないか…。EDのりりが墓前で泣いてるシーンがりりの笑顔に差し替わってるのを見たときは思わず泣いてしまった。ダンまちも見習ってくれよな。

f:id:Tatamin:20210104170217p:plain

;;

 百合に目が行きがちですけど戦闘シーンも結構動いてて迫力ありました。武器が変形するのもカッコよかった。ところで、劇中で連携技みたいなのをやってたんですけどゴレンジャーハリケーンにしか見えなかった。多分それ意識して作ってますよね。

 OPとEDもすこでした。OPのチュチュ様の合いの手すこなんだよな。時々脳内でOPが流れてはぼくの脳内のチュチュ様が暴れてました。EDは曲も映像も神でした。映像ヤバくないですか?ガチ百合アニメじゃん。曲は今季で一番好きです。アニメ版ではカットされてますが1番の前の”遠ざけても(りり) 遠ざけても(ゆゆ様)”の部分がどちゃくそすこ。あと2番のサビもすこ。なので皆さんも一度fullを聞いてみてください。あとこの曲がよすぎて特殊EDがあんまり記憶に残らなかった。

 キャラよし戦闘よし百合描写よしでなかなかいい作品だったと思います。終わり方もきれいでしたし。これを1話切りしたとかペリカンはもったいないことをしたよなあ。どうでもいい話なんですけど地上波だと提供画面でりり(OP後)とゆゆ様(エンドカード後)がしゃべるんですよね。なので毎週ゆゆ様の「お疲れ様」を聞くのを楽しみにしてました。ゆゆ様のお疲れ様を聞くために一週間頑張っていた男。

f:id:Tatamin:20210104163928p:plain

「「ただいま」」最終話のEDの導入が完璧すぎるんだよな

 

ご注文はうさぎですか? BLOOM

 2期が微妙だったので正直期待してなかったんですけど3期はかなり面白かったです。1期と比べてもかなり面白かった。ギャグのキレもブヒ性能もこれまでとは比べ物にならないくらいよかったです。ぼくのなかでごちうさはきららアニメの中でもギャグはつまらない方だと思ってたんですけどその認識は改める必要がありそうです。

 今期は全体を通していろいろなカップリングを見せてくれました。メインキャラが7人なので7C2=21通りのカップリング*2があるわけですけどほぼ全部見せてくれたんじゃないかってくらいやってくれました。まさか令和の時代にごちうさカップリングの多様性に気付くことになるとは思わなかった。シャロなんかがいい例でココアや千夜と絡んでるときとチマメ隊と絡んでるときで全然違いますし。キャラのいろんな面が見れるとブヒ性能も格段に上がりますね。

 今期はチマメ隊の高校受験の話やリゼの将来の夢の話、ココアとチノママの話みたいなキャラそのものやキャラ同士の関係性の掘り下げもされててよかったです。ただのいい話になるだけじゃなくてちゃんとキャラの魅力を引き出す材料になってるのがいいよなあ。ぼくは昔からココアが一番好きだったんですけど今期の内容見てたらリゼちゃんのこと好きになっちゃいましたもん。

f:id:Tatamin:20210102224326p:plain

「小学校の先生になりたいって言ったら(父親に)笑われた…」かわいい。チマメ隊が背中を押すのがいいよな

あとはココアがチノママ(の幻?)に手品を習ったあとにチノに手品を見せるシーンで泣いてしまった。まさかごちうさで泣く日が来るとは。これも普段のココアとチノのやり取りがあるからこそ映えるんだよな。やっぱりぼくは王道を往くココチノですかね。

 まさか3期になってごちうさのよさを再確認することになるとは思いませんでした。このクオリティでやってくれるなら4期もぜひ見たいですね。あとくそどうでもいいんですけどOPでココアとチノがちゅーしてたのがやばかった。3期で一番興奮したのがそこかもしれん。

f:id:Tatamin:20210102232024p:plain

ちゅーしてる!

 

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

 室町時代に放送されていた太古のアニメの続編。2期が2010年夏なので10年ぶりの新作。流石に当時リアルタイムで見てたわけではないですがそれでも1期、2期を見たのがだいぶ前なので話なんも覚えてなかった。まあ、キャラとか世界観は去年の春に501部隊発進しますっ!が放送されてたのもあって覚えてたのでギリセーフ。

 息が長いアニメだけあって安定感は随一でした。各カップリングの当番回をこなしながら最後にでかい対戦でシリアス展開をやって締めという流れは洗練されたものを感じます。各カップリングの当番回はあら^~要素が多くていい感じでした。10年以上前のキャラであら^~ってなるのって結構すごいよな。しかも当時から声優も変わってないですからね、生きた化石アニメ。それでいて作画とかは時代に合わせて進化してるのですごいことですよ。

 ぼくはエイラが好きなので8話のエイラーニャ回もよかったんですが一番好きなのは6話(ハルトマンとバルクホルンの回)。ハルトマンが撃墜された後のリベンジマッチに向かうバルクホルンがかっこよかったし、戦闘中にハルトマンが通信を受信して一方的にバルクホルンノロケ台詞が聞こえてるのもばちくそよかったし、ズボンから拳銃を取り出したりおっぱいの谷間からチョコを取り出したりするギャグも面白かったし。ギャグもシリアスもどちらも面白かった回でした。というより3期見てたらバルクホルンもアリやなと思うようになりました。

f:id:Tatamin:20201230173936p:plain

あら^~

この次の回がキャラが巨乳になって洗脳される回だったんですけどぼくはちっぱいのほうが好きなので”なんてことをしてくれたんだ…”と思いながら見てました。話自体はかなり面白かったんですけど小さいおっぱいの魅力を改めて感じることになりました。ところで当番回でも毎話のように宮藤のガス欠を挟んでた気がするんですけどそんなに描写する必要あるか?ただ宮藤がポンコツに見えるだけであんまりいい印象持てなかったんですけど。3期のメインの話であることはわかるけどさ。

 最終話付近でベルリン奪還戦が始まりました。玄田哲章が声やってるおっさんがかっこよかった。おっさんがかっこいいアニメは名作。見応えがある戦闘でしたし、最後は宮藤がきっちりかっちりキメてくれたのでぼくは満足です。

 1期や2期と比べて戦闘も話の内容にも真価を感じられてよかったです。そうだよ、こういうのでいいんだよ。501部隊の話はこれで終わりなんですかね?なんか寂しい気分になります、5年後くらいにしれっと4期やってそうな気もするけど。むしろ未だに501部隊が現役なのがおかしいんだよな。

 

禍つヴァールハイト -ZUERST-

 ソシャゲの前日譚のアニメというと白猫みたいな惨事を真っ先に思い浮かべてしまうんですけどこのアニメは珍しくソシャゲの前日譚なのに面白いアニメでした。ソシャゲの前日譚アニメ界の革命児ですよこれは。

 主人公のイヌマルくんがほんといいキャラしてましたね。たまたま密輸組織”ヘッドキーパー”の物資を密輸したことで運命が変わってしまったという言ってみれば不憫キャラなうえに性格も相まって最初の頃はこいつかわいそうだなと思いながら見てました。そもそも最初の頃はイヌマルが主人公だと思ってなかったので1話か2話で死ぬと思ってたんですよね。ですがヘッドキーパーとともに行動していくにつれてカッコいいシーンも増えてきてだんだん主人公らしくなってきました。普段は気弱なキャラがいざというときにカッコいいところを見せてくるとおっ!ってなりますね。あとはヒロイン(?)のシャアケがえっちだった。見た目もだけど声がえっちいんですよ。花守ゆみりの大人っぽい声がぼくの性癖にクリーンヒットしてしまってる。他のヘッドキーパーの連中もいいやつばかりで見てて不快感がなくてよかったです。もしイヌマルくんにキツイ態度とってたりしたら”なんだこいつら?”ってなりますし。ちなみにぼくが一番好きなキャラは途中から登場したイルマです。かわいい。

 序盤はヘッドキーパー(イヌマル)側と帝国(レオ)側でそれぞれ話が進んでたんですけどヘッドキーパー側の話は面白くて帝国側の話は微妙っていうエガオノダイカ現象*3が起きてました。ですがイヌマルたちとレオたちが手を組んでからはずっと面白かったです。帝国に不信感を抱いてヘッドキーパー側へ寝返って真の敵と戦うっていう展開がもう熱いよな。それまではレオの存在感が薄かったですけど手を組んでからはだいぶキャラが立つようになりました。最終話のレオVS正気を失ったイヌマルの戦闘と戦闘後のやり取りもよかったです。

 ソシャゲアニメにありがちなことの一つに設定がわかりづらいっていうのがあると思うんですけどこのアニメはわりとわかりやすい部類だったかなと思います。もちろん細かいところまで気にし始めると怪しい部分もあるんですけど、劇中で説明されてる部分だけ最低限理解しておけばあとは雰囲気で十分楽しめました。ソシャゲやってる人が見ればちゃんと全部つながるし、やってない人が見ても最低限何やってるかはわかるっていうのが内容としてはベストなんですけどなかなか難しそうですよね。このアニメはそこのところよくやってたと思います。

 最後の終わり方が駆け足というか俺たたエンドだったのがちょっと気になりますが続きはソシャゲで!ってことですかね。内容が面白かっただけにキリよく終わって欲しかったと思わなくはないですがまあしゃーない。てっきり死んだと思ってたイヌマルくんも生きてたし今後どうなるのか気になるところです。ソシャゲをやろうとは思わんけど。

f:id:Tatamin:20210104220716p:plain

イヌマルが抱えてる赤ん坊がソシャゲ本編の主人公だったりするんですかね 

 

アクダマドライブ

 ダンガンロンパのアニメにあまりいい思い出がないので制作陣がダンガンロンパと同じって聞いたときは心配してました。しかも序盤は個人的に微妙だったのもあって諦めてたんですけど後半は結構面白かったです。主人公の一般人(詐欺師)が覚醒してからがいい感じでした。それにしても一般人の声が黒沢ともよってめっちゃセンスいいと思いません?ピッタリだと思うわ。

 前半は”アクダマ”と呼ばれる犯罪者たちが黒猫からの依頼で10億イエンの報酬のために協力し合ってシンカンセンの金庫を襲撃するというもの。情報量が多いうえに話がよくわからないまま進んでいったので個人的には微妙でした。テンポはめちゃくちゃよかったんで雰囲気で楽しむのが正解だったんでしょうけど。あとは詐欺師と運び屋以外のキャラが好きになれなかったのがよくなかったかもしれない。で、金庫の中身は黒猫の本体(兄)とその妹だったんですが妹ちゃんがめっちゃ可愛かった。CVが市ノ瀬加那なので声が可愛いのは当然として喋り方がかわいい。中盤以降はこの妹ちゃんを見るのを楽しみにしてました。こういうキャラは死んで途中退場しそうなものですが不死身設定のおかげでそんなこと気にしなくてもよかったのもありがたい。

f:id:Tatamin:20201230212920p:plain

兄妹。妹ちゃんかわいいの

 中盤以降は医者の裏切りによってアクダマたちがバラバラになり、詐欺師は妹と逃げ回りながら運び屋に兄妹を送り届けるように依頼します。邪魔者がいなくなったのでこのへんから面白くなりました。まあ、邪魔者は詐欺師一行を邪魔しにくるんですけどね。ぼくは医者にめっちゃヘイト溜めてたので医者が死んだときは思わずがっつポーズしてしまった。また、このへんから詐欺師が覚醒するんですよね。妹ちゃんを守るために初めて人を殺すシーンとかカッコよかった。そして最終話で本物の詐欺師になるシーンですよ。このシーンを見るためにこのアニメを見てきたと言っても過言ではない。ほんといいキャラしてました。カッコよかったぞ詐欺師。

最終話でこのカットインはアツすぎる。最終話のキャスト欄で役名が詐欺師になる演出もいいね

ラストの運び屋もカッコよかったです。命と引き換えに依頼を達成するのはかっけえよ。

 そういえば劇中にミニアニメが挟まるんですけどそのキャラのCVが間宮くるみとチョーのいないいないばあっ!コンビで笑ってしまった。このアニメで一番笑ったのはこれかもしれない。

f:id:Tatamin:20201230230337p:plain

これがEテレですか

 個人的には序盤は微妙だと思ってるんですけど巷の評価が高いのも納得できるアニメでした。海外人気は今季一ですからね。はえ~って感じ。

 

トニカクカワイイ

 (嫁さんが)トニカクカワイイっていうタイトルなんですけどまさにタイトルの通りでした。司ちゃんがとにかくかわいかった。なんていうか旦那さんの一歩後ろを付いてくるって感じじゃなくて旦那さんと対等な関係っていうのがいい感じ。あと、なんというか女の子口調じゃないしゃべり方結構好きなんですよね。それもあって最初はクールな感じなのかなと思ってたんですけど実際は照れもするし旦那さんにグイグイいくこともあったりするしでギャップ萌え的なものを感じました。まあぼくが勝手に抱いてた第一印象とのギャップなんですけどね。しかしまあ司ちゃんは理想のお嫁さんの具現化みたいなキャラですよね。ぼくもトラックに轢かれたらこんなに素敵なお嫁さんに出会えたりしませんかね?

f:id:Tatamin:20201223225345p:plain

これは惚れちゃうよ

 ぼくが毎回言ってる”ラブコメは男で決まる”ってやつですが個人的にナサくんの評価は75点くらい。司ちゃんの可愛さを描くうえで邪魔にはなってなかったけど加点するポイントも特になかったっていう感じ。かっこいいときはかっこいいんですけどそうでない時が微妙でした。司ちゃんがナサくんに惚れた理由がもっと明確だったら見る目が変わってたかもしれない。それにしてもナサくん中卒なんですよ。中卒でもこんな素晴らしい嫁さんをゲットできるんとか俺くやしいよ。

 サブキャラだと千歳ちゃん(CV:小原好美)がかわいかったです。千歳ちゃんと司ちゃんの絡みが完全にまちカドまぞく

f:id:Tatamin:20201223224812p:plain

集中線が似合うキャラはもれなくカワイイ

ナサくんと司ちゃんを別れさせようと奮闘するんですが挙動がいちいちかわいい。ここちゃんの騒がしいキャラが新鮮だったのも相まって見てて楽しかったです。ナサくんの後輩の要ちゃんもかわいかった。あんな感じでちょっかいかけてくる後輩キャラいいよなあ。でも、お姉さんはいらなかったです。

 それにしても司ちゃんの正体が気になりますね。言動やOPの歌詞から考えるとかぐや姫なのかなあって思っちゃいます。そのわりには現代の生活に馴染んでるのでいつ地球に戻ってきたんでしょうかね。わたし気になります!

 

キラッとプリ☆チャン シーズン3(2クール目)

 ぼくのなかではアイドルタイムプリパラが女児アニメの頂点に君臨しているのでゆいの再登場はどちゃくそ嬉しかったと同時に懐かしかったです。当時の狂気具合も健在でゆいのメイン回は声を出して笑いました。そうなんだよ、女児アニメはこれくらいの狂気がないと。また、ゆいのキャラソンである”チクタク・Magicaる・アイドルタイム!”はぼくが3番目に好きなアニソンなので令和の時代にライブで見ることができたのも涙が出るほど嬉しかったです。ゆいの普段のキャラとは裏腹に歌詞が知的でオシャレなのが好き。

 今シーズンは主にアリス(CV:ファイルーズあい)を軸に話が進んでました。ゆいの狂気回の直後はぼくの感覚がマヒしてたのでアリス回を微妙に感じてたんですがだんだんアリスとイブに愛着が湧いてきました。この2人の関係性はなんとなく想像が付きますがどうやって明らかになるのか楽しみです。あと、アリスのライブもよかった。シーズン3の中でも当たりの部類なんじゃないでしょうか。

 そしてついに待ちに待ったおしゃまのライブですよ。ここまで長かったなあ。こういう感覚が味わえるのが長期アニメの醍醐味ですよね。個人的には妹山とも一緒にライブして欲しいけどな~。

 OPもEDもいよいよ最終シーズンみたいな感じの雰囲気のものに変わりましたが今シーズンで終わりなんですかね。3年近く追ってきてるので終わるのは寂しいなあ。

 あと、クソどうでもいい話なんですけどぼくはアニメ見てるときに自分が研究に使ってる金属元素が出てくると研究室のことを思い出して吐いてしまうんですよね。とはいえアニメに金属元素が出てくることなんてめったにないのでそんなに気にしてなかったんですけどまさか女児アニメを見てるときに吐くことになるとは思ってませんでした。なんで女児アニメに希土類元素が出てくるんだよ…。

f:id:Tatamin:20210104212405p:plain

皆さんはこの元素記号たちがなにかわかりますか?ぼくはわかります、使ってるので…

 

ひぐらしのなく頃に 業

 鎌倉時代に放送されてたアニメの続編。ストパンもそうですけど当時と声優が変わってないのはすごいよな。梨花ちゃまと沙都子の声優の年齢を足したら100歳になるって話を聞いたときは草が生えたのと同時にひぐらしの年季を感じました。で、始まる前は”1期のリメイクやるんかな~、じゃあ過去作見てないけど大丈夫そうやなあ”と思ってて実際に1話まではそう思ってたんですけど、2話で化けの皮が剥がれました。完全新作なら完全新作だって先に言っといてくれよな~。いやまあ言ってたら台無しなんだけど。一昔前なら3話で急展開を迎えるのが恒例でしたが最近は配信がアニメを見るプラットフォームとして確立したこともあって2話で急展開を迎えるようにしてるって話を聞いてなるほどなと思いました。配信だと3話が配信されたころにはもう2話が見れなくなってますもんね。

 前述の通り過去作を見てないので、某トリプルバトルVTuberのツイートを見て過去作からの変化を確認してるんですけど結構変わってるらしいですね。過去作見てないのが悔やまれますがそれでも普通に面白い。一番最初に印象に残ったのは4話のレナが圭一に襲い掛かるシーン。それまでのシーンでもレナの行動が十分に怖かったのにあのシーン見たらおしっこちびっちゃいますよ。しかもあの後圭一生きてますからね。頑丈すぎるだろ…。むしろそっちに驚いたまである。

f:id:Tatamin:20201230204152p:plain

あーもうめちゃくちゃだよ

綿騙し編も祟り騙し編もなかなかえぐい終わり方でビビりました。祟り騙し編とか沙都子の問題も解決していい感じだと思ってた矢先のレナと圭一以外全滅ですからね。レナが「わけがわからない」って言ってましたけどわけがわからないのは視聴者なんだよなあ。こりゃ梨花ちゃまが途中で投げやりになるのもわかるわ。露骨に捨てゲー感を出す梨花ちゃますこ。祟り騙し編とか途中まで投げやりだったのに手のひらクルーしてて笑ってしまった。

 とはいえまだ出題編なので解答編への期待が高まります。そういえば、2クール目最初の”猫騙し編”を見たダブルバトル勢がガオガエンを思い出してて笑ってしまった。猫騙しで圭一の頑丈をつぶしていけ。

 

 

秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~

 まさかの鷹の爪が15分の深夜アニメになるとは。アニメ化の告知を見たときは”これは大丈夫なのか?”と心配でしたが普通に面白かった。むしろ今までで一番面白かったかもしれない。

 15分になったことで鷹の爪にもストーリーが付きました。突拍子のないことやってるのにちゃんと話は繋がってて面白かったです。。前半はシュガーが放ったゴールデン・スペルに振り回されるという内容でしたが、スペルの内容がしょーもなさ過ぎて毎回笑ってました。ぼくが好きなのは”お世辞を言われると服を破る・スペル”。ぼくは小学生なのでこういうのでゲラゲラ笑ってしまう。この感覚を一生失くさないようにしたいよな。

f:id:Tatamin:20201228200738p:plain

レオナルド博士(熊)には乳首ないんですね

後半はシュガーによるわりとガチでやばそうな世界征服が行われてるのにギャグ全開で笑ってしまった。敵対してたザハルと美冬とかくっついていい感じになってるし。最終決戦の決め手もしょーもなさ過ぎて笑ってしまった。

 このアニメの面白ポイントの一つに時事ネタの多さがあると思うんですよね。今この瞬間にこのアニメを見ている視聴者を笑わせてやるぞという気概を感じます。こんなに早くコロナをネタにしてるアニメは他にないですよ。菅首相が出てきたときも笑ってしまった。これ怒られないのか?

f:id:Tatamin:20201228202049p:plain

おもし令和

 アニメの内容も面白かったですけどこのアニメの本編はCM。毎週日清の商品を宣伝してた(宣伝してたとは言ってない)のに日清から提供もらえてないの意味不明すぎる。CMでも日清はこれでいいのか…とドン引きするくらいめちゃくちゃやってたので毎週楽しみにしてました。アニメ本編中でもラ王カップでシュガーを倒したりしてましたし意味不明すぎる。最終話でついに日清からの提供を貰えてましたけど日清は本当にこれでいいのか?

 

いわかける! -Sport Climing Girls-

 スポーツクライミングが題材。メジャーどころから外れたスポーツのアニメを見るの好きなんですよね、自分が知らなかった世界に触れることができるのはアニメの魅力の一つだと思います。

 主人公の好(以下このみん)はクライミング初心者だったんですが落ちものパズルをやりこんでいたこともあり類まれな”オブザベ力”を活かしてぐんぐん成長していきます*4。こういう初心者が成長していくスポーツアニメって主人公が何かしらの才能を持ってないと話が始まらないわけですがまさか落ちものパズルから持ってくるのかと驚きました。そういえばこのみんは躓いてから解決までのスパンが短いからかあるいは大会で無双してるイメージが強いからかあんまり挫折してるイメージないですね。まあ、隼ちゃんのスランプの印象が強すぎるというのもあるけど。初大会で無双してるのを見て自分が登れなくなっちゃうってのはわりとリアルですよね。

 このみんも隼ちゃんもわりと好きでしたが一番かわいかったのはのの先輩ですね。後輩っぽい先輩キャラよくないですか?

f:id:Tatamin:20201222223317p:plain

最終話でもギャグ要員ののの先輩

スポーツクライミング個人競技ですけど”みんなで戦ってる”っていうのがちゃんと描かれててよかったです。最終的にはみんなが自分の課題を乗り越えて花宮女子が優勝できてよかったです。部長が強キャラすぎたせいで途中退場しちゃったのがちょっともったいなかった感じもしますが。

 このアニメの見どころの一つとしてカメラアングルがえっちなんですよね。上からの構図も下からの構図もえっち。別に本編ではえっちいこと一切やってないからこそカメラワークによるえっちさが際立ちますね。これは匠の技ですよ。

f:id:Tatamin:20201222221952p:plain

こんな構図クライミングじゃなきゃ見れませんからね

 当然全国大会を目指すということで2話から他校の生徒も出てくるんですけどここでまさかのライフル・イズ・ビューティフル現象*5が発生。一時はどうなることかと思いましたがクセが強いキャラが多かったので名前はともかく顔と素行はちゃんと一致しました。それにしてもくるくるすは性格悪すぎんか?”くるくるす~”とかいう掛け声の言いやすくてイラっとくる感がいい味出してましたね。オワオワリと同じ系列。最後このみんが一矢報いてくれてほんとよかった。そう思うとくるくるすはいいヒール役でしたね。

 最後がだいぶ駆け足だった感がしますがいいスポーツアニメだったと思います。2期やるつもりないならああいう終わり方してくれた方がすっきり終わっていいかもしれませんね。

f:id:Tatamin:20201222223203p:plain

 

One Room サードシーズン

 今シーズンは新規ヒロイン2人と過去作ヒロイン3人のエピソードが描かれました。過去作ヒロインの人選が完全にぼく好みで拍手せざるを得なかった。ちなみに1~3期を通してぼくが一番好きなキャラは七橋御乃梨ちゃん(CV:高橋李依)です。とりあえず新規ヒロインについて語っていきたいと思います。

 まず最初は琴川晶ちゃん。富田美憂ボイスの後輩キャラよすぎるな。自分になついてるカワイイ後輩が欲しい人生だった。台風の時にめっちゃいい感じになってたのに一線を越えなくてもどかしさを感じてたところに転校の話だったのでおったまげました。ぼくは小学校から中学校に上がるときに引っ越して以来小学生時代の同級生との関係が完全に途絶えましたがこの2人にはずっとつながっていて欲しいものです。

f:id:Tatamin:20201231225802p:plain

キス顔

 次に登場したのは織崎紗耶ちゃん。ぼくは年下キャラが好きなのでお姉さん系の青島萌香(1期)や天月真白(2期)は刺さらなかったんですけどこの子はマジで可愛かった。まず花守ゆみりの声がえっちすぎる。今季だとMWZのシャーケとかキミ戦のメイドもそうですけど花守ゆみりの色っぽい声がめちゃくちゃいいんですよね、ぼくの最近のトレンド。あと、ぼくはずぼらというかちょっとポンコツなキャラが好きなのでそこも加点ポイント。一番好きなのは観覧車のシーン。既に付き合ってると勘違いしてたことを恥ずかしがってるところへの告白。いや~、イイネ!今までワンルは御乃梨ちゃん一択だと思ってたんですけど紗耶ちゃんもありやんなあ。

f:id:Tatamin:20201231225725p:plain

ぐでー

 過去キャラの3人の回もよかったです。最後に花坂結衣ちゃんとの結婚後を見たときは泣きそうになりました。4期も待ってます。

 

兄に付ける薬はない!4 -快把我哥带走4- 

 ぼくが今まで見てきたショートアニメの中でも群を抜いて面白いシリーズ。今シーズンも安定して面白かったです。 これ見てると笑いのセンスは国境を超えるんだなということを実感しますね。まあ、一番の問題は国産のショートアニメの大半がこれに勝てないことなんですけど。

 2期が2クールだったので今回で5クール目だったんですけど全然飽きないのもすごい。捨て回もほとんどないし。時分(しーふん)(CV:中村悠一)がなんかやらかしてまわりが振り回されるってのがこのアニメのお決まりのパターンですけどたまに時分がツッコミに回るのも面白い。ちなみに今回のぼくのお気に入り回は8話の公衆浴場の回です。

 基本はバカやってるんですけどたまにいい話を挟んでくるのがずるい。最終話の時分と開心(かいしん)(CV:小野賢章)が友達になるきっかけの話とかね。こういうのがあるから時分は憎めねえんだよな。

 

B

魔法科高校の劣等生 来訪者編

 副音声で解説をつけて欲しいアニメ筆頭候補。1期の頃と比べてかなりわかりづらくなったように思います。今画面上で何が起きているのかがわかってるかどうかでこのアニメの面白さだいぶ変わると思います。

 2期になって新キャラのリーナが登場しました。PVの段階では性格悪そうって印象だったんですけど別にそういうことはなかったです。むしろ若干ポンコツ感があって可愛かったまである。ニーナがポンコツなのかお兄様がすごいだけなのかは諸説。話の背景をちゃんと理解してなかったのもあって結局ニーナが何したかったのかよくわからなかった。なんか最終的にお兄様たちと和解してたけどこれまた過程がよくわからなかった。うーん。

 あと1期と比べるとギャグ要素とさすおに要素が少なかったような気がします。このアニメのギャグ要素とさすおに要素はリンクしてると思っていて、お兄様の実力が高すぎて敵味方問わず”えぇ…”ってなるシーンがこのアニメの楽しみの一つだと感じてるんですけどそういう場面が少なかったかなと思います。なので2期を一言でまとめると”1期からギャグを減らして話を小難しくした感じ”。それでもお兄様が無双してるシーンは見ていて楽しかったですし、頻度が減ったとはいえギャグシーンは安定して面白かったので全体的に悪くはなかったかなと思います。バレンタイン回みたいなギャグパートももっと増やしてほしいんだよな。

f:id:Tatamin:20210103005752p:plain

バレンタインの日の夕食にチョコレート料理が出てきて「そう来たか…」とつぶやくお兄様がツボでした

 それにしても2期になって深雪のキモウト化が加速してません?ギャグシーンが少なかったから相対的にキモウトシーンが目立ってただけなのかもしれんけど。ロボットにまで嫉妬するのは流石に笑ってしまった。あと、今期はほのかがかなり可愛かったです。これは単純に出番が増えたおかげかもしれん。ピクシーにお兄様への愛を暴露されて赤面してたシーンはとてもよかった。

f:id:Tatamin:20210103010838p:plain

キモウトはほのかには嫉妬しないよね。下に見てるんかな

 全体的に悪くはなかったんですけど1期と比べると微妙だった感が否めませんでした。あと一番の不満点はこのアニメで一番かわいい子が海外に左遷されたことなんですよね。雫のことなんですけども。海外で男とえすいばつしてるっぽくて悲しかったゾ…。そしてまさかのキモウトが主人公の新作の制作が決定ということで。ギャグメインでやってくれたりしないかな。

 

戦翼のシグルドリーヴァ

 このアニメはよかった点と悪かった点が明確に分かれていてその2つを天秤にかけてどっちに傾くかで評価が分かれるんじゃないかと思います。ぼくの天秤は一応よかった方に傾いてます。

 よかった点としてキャラがめっちゃ可愛かった。特にミヤコとアズズ。ミヤコは部隊のムードメーカーで窮地に追い込まれた状況でも常に明るくて周りを鼓舞してたのが印象的でした。そりゃあんな子がいてくれたら命がけで戦おうという気にもなるよな。アズズは頭がよく皮肉屋な一方で運動神経が鈍かったりまわりに振り回されたりというギャップが可愛かった。本編を見てからアズズの公式サイトの立ち絵を見ると違和感しか感じないという。2人とも単体でも十分可愛いんですが2人の絡みを見てるとよさが際立ちますね。真逆といってもいいくらい性格の違う2人ですが相性はばっちり。お互いのことを信頼しあってるのが節々で感じられました。最終話でアズズがミヤコのことを”うちのヒーロー”って呼んでてニヤニヤしてしまった。

f:id:Tatamin:20210103171417p:plain

ミヤコに振り回されるアズズすこ。CMでシグルリの日常を描いた漫画の宣伝してたんですけどめっちゃ読みたくなってしまった

他にも園香がお姉ちゃんの戦死に落ち込んでいたところから復活する話とかキャラに焦点を当てた話はかなり面白かったと思います。

 可もなく不可もなくだったのが戦闘シーン。ぼくが1話を見たときの印象が”キャラが可愛くなった荒野のコトブキ飛行隊”だったのでどうしてもコトブキ飛行隊と比較してしまうんですけど流石にそのレベルを求めるのは間違いだったかもしれん。ガーリー・エアフォース以上コトブキ飛行隊未満って感じ。男パイロットたちがわりとあっさり戦死するくらいには命がけの戦闘のはずなのに戦闘中ずっと喋ってるから緊張感が全然なかったんですけどキャラ同士のやり取りを見るアニメなので今作に関しては別にいいかなと。ミヤコの勇者砲とかかっこよかったしね。

 悪かった点は話の内容。この作品は前日譚にあたるラノベがあるんですけどそれを読んでる前提で話が進んでいくんですよね。視聴者が知らない設定をポンポン入れてくるのにちゃんと説明を挟んでくれないのでストーリーを楽しめたかと言われるとうーん。敵の設定も結局よくわからんかったしなあ。極めつけは最終話のこのシーン。

f:id:Tatamin:20210104125320p:plain

このキャラが殺されるシーンがあるんですけどこれ誰か分かります?ぼくはクラウだと思ってたのでその後にクラウが普通に帰還してて”ん?”ってなりました。一応正解はとある人以外のみんなから存在を忘れられているクラウの双子の妹らしいです。ちなみにこの設定はラノベ版に載ってるらしい。あのさぁ…。ま、記憶にないんだから本編で触れられなくてもおかしくないな!あと個人的に気になったのは最後の三バカの扱い。軽すぎません?全体的にギャグとシリアルのバランスが悪いアニメだったなと思います。

 キャラ同士の絡みを見る分には楽しめたんですけど設定の説明がなさすぎて話の内容を楽しめたかと言われると疑問が残るアニメでした。敵の設定くらいはちゃんと説明してくれよな。そういえば、このアニメでは北欧神話が出てくるんですけどぼくは教養がないので北欧神話わからないんですよね。北欧神話は義務教育なので一度勉強しときたいな。

f:id:Tatamin:20210105204405p:plain

OPのこのカットすこ

 

くまクマ熊ベアー

 VRMMO系異世界転移モノ。普通の異世界転移と違って実際にプレイしてたゲームに転移するタイプのやつってプレイしてた時の知識と転移後に得た知識をすり合わせて世界の真理に迫ってくのが醍醐味だと思ってるんですけどこのアニメはそんなことは一切なくゆるい日常をメインにやってました。中盤以降VRMMOの設定とかすっかり忘れてましたし。普通の異世界日常モノとして見るとそこそこよかったです。主人公のユナ(15歳)とヒロイン(?)のフィナ(10歳)の百合はあら^~って感じ。

 このアニメの一番の問題点は1話がゴミだった点。世界観の説明とかなしにひたすら無双するシーンを見せつけられても困るんですけど。これだけ見たらよくある異世界無双系アニメにしか見えないじゃん。このときにぼくはこの作品を異世界無双系アニメだと認知してしまったがために本来楽しむべきところである”おねロリ型百合系異世界日常シーン”が頭に入ってこなかったので中盤まであんまりいい印象がなかったんですよね。たまに2話以降が本編みたいなアニメあるけどほんとやめて欲しい。はんだくんの悲劇*6を忘れてはいけない。最近だと波よきいてくれも1話ダメでしたね。

 この作品の内容を要約すると異世界で女の子が無双しながら幼女を侍らせてキャッキャウフフな日常を送るという話。日常を描くだけなら無双する必要はないのではと思う人もいるかもしれないんですけどそうではないんですよね。日常シーンを描くためには煩わしい問題はちゃっちゃと解決しちゃった方がいいので無双するくらいがちょうどいいんですよね。実際、作中でも問題解決にたいして手間取ることなくサクサク進めてその分幼女と戯れるのに時間を使ってていい感じでした。これこそ能力の有効活用なんだよな。無双シーン自体も結構スカッとする感じでした。

 日常シーンのメインはユナとフィナの絡みなんですけど、フィナからユナへの好感度がなかなかすごいことになってました。嫉妬する幼女は可愛い。ユナもわりとドライな性格なのにフィナには甘いのがいいよね。

f:id:Tatamin:20201230111047p:plain

フィナちゃんには鈍感なユナに対してずっと悶々としててほしい

フィナの恋敵ポジ(?)のノアも可愛かった。忙しくしてるユナと一緒に過ごす時間がなかなか取れなくて落ち込んでるフィナを励ますシーンは心が洗われました。ぼくたちは百合アニメで第三の女が出てくるとすぐ脳が破壊されたりヘイトを溜めたりしがちですが一概に第三の女が悪者というわけではないということを教えてくれました。

f:id:Tatamin:20201230110823p:plain

CV:日高里菜のロリしか勝たん

 なぜか2期が制作決定してて草なんだよな。1期は1話がゴミだったせいで十分に楽しめなかったので2期こそはこのアニメの魅力を十分に啜っていければなと思ってます。

 

池袋ウエストゲートパーク 

 2000年にテレビドラマ化された作品って聞いてたのでもっと古臭いのかと思ってましたけど舞台は普通に現代でした。なんならユーチューバーとか出てきたし。アニオリとかそういうわけではなく2014年から第2シリーズが始まって今も続いてるらしい。ちなみにユーチューバーの回の原作は 2016年に掲載された話らしいですよ。

 主人公のマコトが池袋で起こった事件を解決するっていうのがこのアニメの基本の流れ。その事件も1~2話完結なのでそれこそドラマを見てる感じでした。内容は結構社会的な内容が多かったイメージ、外国人労働者とかシングルマザーとか。それはいいんですけど解決手段とかが結構ガバかったりしてたので題材とのギャップを感じることが結構ありました。ぼくが個人的にこれはどうなの?って思ったのは10話。強盗によって料理人の夢を奪われた兄のために犯人に復讐をしたいと思っている妹がマコトに依頼をするという話。このあらすじを見たら100人中100人がオチを予想できますよね、”どうせ兄が犯人を許す”っていうオチ。まあ、実際その通りだったんですけども。しかもやり口が犯人の現状を伝えることで同情を誘うっていうのが引っ掛かりました。犯人も反省が行動にあらわれてないですし納得いかなかったです。これはぼくの好みの問題の気もするけど。憂国のモリアーティくらいボコボコにしてくれる方が好きですし。

 もう一つのメインの話として池袋のギャングの縄張り争いの話もやってました。タカシ率いるGボーイズとキョウイチ率いるレッドエンジェルス間の抗争のほかGボーイズ内でも勢力争いしたりしてました。ぼくは田舎の人間なんでよく知らないんですけど実際の池袋もこんな感じなんですかね?東京こっわ。縄張り争いの話は結構雰囲気で楽しんでたんで細かいこと気にせずに楽しんでたんですけど最終話の展開は流石にガバが目立ちました。まあ、面白かったんでいいんですけどね。

 このアニメの登場人物はほぼ男しかいないんですけど女性キャラも結構いい感じだったと思います。マコトのかーちゃんとかカッコよかった。中国からの出稼ぎ労働者のクーを養子にすると言ったシーンやシングルマザーに自分の経験を伝えたところとか。このアニメで一番カッコいいキャラだったんじゃないか?あと、クーが可愛かった。マコトのことを「マコ兄(にい)」って呼んで慕ってるのいいね。マコトも外国人排斥運動をしている団体の護衛を依頼されたときにクーのことを考えたりしてるとことかもよかった。妹キャラが出てくると途端に元気になる男。

f:id:Tatamin:20201229222608p:plain

かわいい 

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

 奈良時代に放送されてたアニメのリメイク版。当時は原作の途中までしかアニメが放送されなかったらしいですけど今回はちゃんと最後までやるってイベントで言ってましたね。それよりも個人的にめちゃくちゃ嬉しかったのは種﨑敦美ちゃんがついに全日帯の主役に抜擢されたこと。やっと世界が追い付いたかって感じだ。

 タイトルにもドラゴンクエストって入ってますけどそれこそほんとにゲームをコミカライズしたかのような雰囲気ですよね。まあぼくはドラクエやったことないんですけども。修行して新たな技や呪文を習得したり強敵が現れたら作戦を立てて立ち向かうっていうのがいいですね。

 個人的にはダイよりもホップのほうが好きかもしれない。最初はこいつ口だけかよと思ってあんまり好きじゃなかったんですけど回を重ねるにつれてホップに感情移入するようになってました。近くにダイというクソ強いやつがいたら自信失くすのもわかる。それでもクロコダイン戦で仲間の危機に駆け付けたところはめっちゃカッコよかった。ホップの成長は今後もこのアニメの見どころになるんじゃないかなと思います。あとはクロコダインもカッコよかった。カッコイイ敵っていうのはこういうヤツのことを言うんだろうな。ダイたちに倒された後もヒュンケルの攻撃からダイたちをかばったところも熱かった。このまま仲間になったりするんですかね、楽しみだ。そういえばクソどうでもいい話なんですけどアバン先生は最序盤で死ぬからアバンって名前なんですかね?この話あまりにもどうでもよすぎるな。

 ところでこのアニメのOPとED微妙じゃないですか?曲そのものがダメっていうわけではなくて本編の雰囲気にあってないというか。もっと冒険へのワクワク感が感じられる曲のほうがぼくは好きです。

 冒険もまだまだ始まったばかりなので今後の展開が楽しみです。

 

半妖の夜叉姫

 最初に言っておくとぼくは犬夜叉を見てません。メジャー見てなくてもメジャーセカンドは普通に見れたから今回もいけるかなと思って見始めたらわりと普通に見れました。1話でいろいろ説明してくれたおかげでどんな内容なのかがだいたいわかったのがでかいかもしれない。初見に優しいのはありがてえよ。

 これってとわとせつなの姉妹百合を楽しむ作品っていう認識であってますよね?幼いころ生き別れた姉妹が再会して共に戦うって展開いいよね。ただの生き別れじゃなくて一方(とわ)が未来(令和)に飛ばされてるっていう壮大な生き別れしてるけど。最初に姉妹が再会したときはせつなが素っ気なかったんですけどいつの間にかデレを見せるようになってました。マジできっかけを思い出せないんですけどこれはぼくが覚えてないだけですか?あと、一緒に行動してるもろはも可愛い。くさそうなところがポイント高い。いつになったらもろはは賞金を手に入れることができるのだろうか。

 とわが現代で生活してたのもあって戦国時代で現代の道具や食べ物を使ったりしてるんですけどそれを見て信長協奏曲を思い出しました。信長協奏曲以上にガッツリ現代のアイテム使ってますけどね。現代から戦国時代に戻ってきて結構時間経ってると思うんですけど未だにガッツリ現代の道具使ってるしいったいどれだけの量を持ち込んできたんだ?

 妖怪退治の依頼を受けて妖怪を倒すってのがこのアニメの基本の流れなんですけど妖怪との戦闘シーンが全然印象に残らない。面白かった記憶もないしつまらなかった記憶もないという。マジで姉妹百合作品としてしかこのアニメを見てない説あるな。2クール目はちゃんと妖怪退治の話も注目していきたいです。

 

ヒーリングっど♡プリキュア(3クール目)

 2年前のハグプリがあまりにもよかったせいでぼくの中でのプリキュアのハードルがだいぶ上がってしまったなってことを最近思うんですよね。何が言いたいかというとヒープリ微妙じゃないですか?お手当てっていうテーマが話を膨らませづらいっていうのが根底にあるんだと思うんですがキャラ魅力もイマイチな気もします。前作のスタプリもララが可愛いだけで話は微妙でしたが今作は突出して可愛いキャラもいないのでもしかしたら個人的にヒープリはスタプリよりも評価が低いです。流石にプリアラよりは面白いけど。

 話もだいぶマンネリ化してきたかなという感じがします。ただ、ちゆちー関連の話(高跳び、旅館)は面白かったです。ちゆちーとツバサの話とかはかなり出来が良かったです。でも他の話はうーんって感じ。最近はむしろビョーゲンズ側のやり取りのほうが面白いかもしれない。毎回ボケとツッコミが入れ替わるのが面白い。

 コロナの影響で何月までやるかが気になってましたが2/21まで(全45話)やるみたいですね。プリキュアは毎年最終話に向けてブーストがかかるので期待しながら毎週日曜早起きしたいですね。

 ところで、白石春香のラジオを聞いてたらを聞いていたら白石晴香がラテ様のぬいぐるみにラテ様で話しかけているっていう話をしていてはわわわってなってしまった。その光景見たすぎる。

 

ポケットモンスター(5クール目)

 剣盾から1年近く経過してついにソード・シールド編がスタートしました。とはいえ剣盾のアニメは既に薄明の翼が存在している以上これを超えることは不可能なわけで。じゃあどんなものを見せてくれるのかなと思ったらただの原作ゲームの焼き直しという。ここまで原作から離れた展開をやって来たのに肝心な剣盾編が特にひねりのない展開だったのはなんだかなあ。

 とりあえずいつも通りぼくが気になった回をピックアップしていこうと思います。

40話「VSサンダー!伝説レイドバトル!!」

 あのサトシですら伝説のポケモンをゲットしたことないのにゴウごときがゲットできるわけないだろ。ぼくは未だにゴウアンチなのであの回は普通に面白くなかった。もしこれでサンダーゲットできてたら怒りのあまり世界を滅ぼしてたかもしれない。

42話~45話「ソード・シールド編」

 冒頭でめちゃくちゃ文句言ってますけど個人的に好きなシーンもあるんですよ。例えばダンデがドラパルトを使ってるシーン。ダンデといえばリザードンだと思うんですけど個人的にはドラパルトの印象も強いんですよね。初めてドラパルトを見たのがダンデ戦だったので。なのでリザードンだけじゃなくてドラパルトも出してくれたのはめちゃくちゃ嬉しかったです。

画像

高咲侑ちゃん

あとはソニアが可愛かった。これは重要なポイント。他は…ナオキです…。

46話「バトル&ゲット!ミュウツーの逆襲」

 老害なので演出が気に入らなかった。解釈不一致ってやつですね。ぼくの知ってるミュウツーはこんなんじゃない!

47話「ポケモンチャンピオン!大食い王決定戦!!」

 久しぶりの日常回。ポケモンがメインの回は結構面白いと思います。

48話「ほぼほぼピカチュウ危機一髪!」

 ケモナー歓喜の回。エースバーンとルカリオの組み合わせはケモナーには刺さるだろうなあ。この2体の絡みは定期的に見たいかもしれない、ぼくはケモナーじゃないけど。

49話「コハルと不思議な不思議なイーブイ!」

 ヒロインのフリをしたモブことコハルメインの回。てっきりもう出てこないのかと思ってたゾ…。ついにコハルが初めてポケモンをゲットしました。アニポケのヒロインはイーブイをゲットしがち(2年ぶり4度目)。昔ながらの友情ゲットが久しぶり過ぎて懐かしくなってしまった。出会って5秒でボール投げるゴウもちょっとは見習ってくれ。少し前にリオルがルカリオに進化しちゃったせいで真堂圭の声が聴けなくなることを危惧してましたがイーブイの声が真堂圭なので安定供給が期待できそう。まあ、コハルはモブなので今後もイーブイが登場する保証はどこにもないけど(そりゃそうじゃ)。

 12月中は2回しか放送しなかったのもあって記憶がだいぶ薄れてる感じがしますね(これ書いてるのは12月30日)。ソード・シールド編はお世辞にもいい出来とは言えなかったので日常回で挽回していってほしいと思います。

 

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい

 スーパーアニメイズム枠第2枠のショートアニメ。原田直希の愛猫”ふゆくん”を見てからたまにYouTubeで犬とか猫の動画を見るようになったんですがそういった動画を見るのと同じ感覚で見てました。実際の犬や猫もあんな感じなんですかね、わたし気になります!

 週に1回、1分弱っていう尺で見るにはちょうどいいアニメでした。こういうの見てるとペット飼いたくなっちゃうよね。死んだときのことを考えると絶対飼えないけど。

 

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期

 狂気系ショートアニメ。今期もいい感じに狂ってました。まあ、何してたか覚えてないから書くことないけど。狂気を感じる内容であり記憶に残らないってもしかしてこのアニメは夢だったのかもしれない。

 それにしても第1週と第3週だけ放送するっていうスタイルは何とかならないのか?毎回見るの忘れるんだよな。

 

B-

魔王城でおやすみ

 魔王の城に囚われたスヤリス姫が快眠のために縦横無尽にあの手この手を試そうとするのに魔王城の連中が振り回されるっていう話。水曜の24:30にこのアニメを見てたんですけどスヤリス姫が気持ちよさそうに寝てるとこっちも眠くなる。でもぼくはこのアニメの後に2本アニメを見ないといけないので寝れないんですよ。コーヒー飲みながらこのアニメ見てましたからね。眠ってるスヤリス姫にブチギレながら見てました。まあこれは完全にぼくの視聴環境の問題なんで半分冗談なんですけど。

 前述したように本来なら人質のはずの姫が当然のように脱獄して魔王城の面々がてにゃわんやするのがこのアニメの基本の流れなんですけどまあワンパなんですよね。1話のときは新鮮に映った展開も回を重ねるにつれてマンネリ化していきました。この内容でネタ切れしてなかったのはすごいと思うけど。

 このアニメはスヤリス姫が好きかどうかでだいぶ評価変わると思うんですよね。よく言えば安眠のためなら好奇心旺盛なお嬢様、悪く言えばやりたい放題のクソガキなので。ぼくはやりたい放題やって周囲に迷惑をかけるのに一切反省しないキャラが好きじゃないのでスヤリス姫のことを好きになれませんでした。最初の頃は特に気にならなかったんですけど回を重ねるにつれて同じようなことをやってるとだんだんその部分が浮き彫りになってうーんって感じ。まあこれに文句言ってたらこのアニメは成立しないので完全に好みの問題なんですけどね。

 魔王の配下が男ばっかだったのがアレだったんですけど数少ない女の子の配下は結構可愛かったです。ぼくが一番好きなのはハーピィ。まあ、ぼくがハーピィっていう種族が好きなだけなんですけど。

f:id:Tatamin:20210102220938p:plain

こち亀構図

 ところでOPをスヤリス姫(CV:水瀬いのり)が歌ってるんですけど”ノンレム睡眠 レム睡眠”っていうフレーズを聞くたびに”レムはお前じゃい!”ってツッコんでました。クソほどどうでもいい話。このアニメのOPいいですよね、OPの曲の中でも一つのストーリーが展開されてるのがいい感じ。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ

 2期の頃は”全然ダンジョン行かないやん”と思いながら見てたんですけど3期は冒頭で早速ダンジョンでウィーネ(CV:日高里菜)と出会ってて”お、幸先いいやん”と思いながら見てました。しかもウィーネが可愛いんですよね。ヘスティアファミリアでの日常シーンもいい感じで”これは3期は期待できるな”と思いながら見てました。1話の頃はね。

f:id:Tatamin:20201220233011p:plain

かわいい

 今回のテーマは”人類とモンスターの共存”とでも言えばいいんですかね。人類と同じように言葉を話したり知性があるモンスターたちと交流することでベルくんたちはモンスター側へ感情移入をしつつそいつらを捕まえて売買しようとする悪い冒険者と敵対するというよくありそうな展開になります。その悪い冒険者の手口が結構エグかった。なんかダンまちってこういう胸糞展開好きですよね。今回だと知性があるモンスターを捕まえたりそいつらを暴走させたりと。海外ではこういう胸糞展開が受けてるらしいですがぼくはうーんって感じです。で、ベルくんがその悪い冒険者と戦うわけですが、戦闘に爽快感がないよなあって思いながら見てました。ベルくんが無双するタイプのキャラじゃないことはわかってるんでこれは別に悪いとは思ってないんですけど。その後、ウィーネが暴走させられてそれをなんとか止めるも悲しいことにウィーネは消滅してしまいました。お涙展開かと思いきやなんと一瞬で蘇生させらるという。いや、そこは消滅するところやん、さすがにご都合展開すぎるでしょ。死んだままのほが物語的にも綺麗だっただろうし、即復活させるくらいならそもそも殺す必要なかったでしょ。なによりお涙頂戴展開だったのに復活するまでの流れがあっさりしすぎててただの茶番にしか見えないという。このシーンはかなりダメだったと思います。

 その後はモンスターをかばってたベルくんたちが罵倒の的になりながらモンスターたちを外に逃がそうとするわけですがここでやっとヘスティアファミリアの面々が活躍しだしました。このアニメはヘスティアファミリアのメンバーがちゃんと出てくると話が面白くなる気がします。最後はだいぶ駆け足でしたが一応ハッピーエンドってことでいいんですかね。最終話の戦闘シーンは結構見ごたえあったかなと思います。ぼくはてっきりウィーネも人間と認められて一緒に暮らすアサルトリリィ的な展開(アサルトリリィ的展開だとウィーネ死んじゃうけど)を想像してたんですけど結局退場ってことでちょっと悲しかったです。せっかくかわいいヒロイン増えたと思ってたのになあ。

 1話の頃は面白くなると思ってたんですけどまあダメでしたね。2期のときも言ってたんですけどダンまちに求めてるのはこういうのじゃないんだよなぁって感じ。中盤とかヘスティアファミリアの面々めっちゃ影薄かったですし。クールを重ねるにつれて話が微妙になっててぼくは悲しいです。

 

神達に拾われた男

 異世界に転移してスローライフ。せっかくの異世界なら普段できないことをしてみたいとぼくは思うのでスローライフ系の異世界は盛り上がりづらいなあって感じがします。このジャンルのよさがわかるのは社畜になった後なんだろうな。

 主人公は39歳のSEということでいかにもそれっぽい感じがしますね。なろうのメイン読者層は30~40代らしいのでちょうどぴったりの年齢設定。死後に三柱の神の力によって異世界に転移するんですが、三柱の神と聞いて真っ先に思い出すのはみんな大好きアルセウス&ディアルガ&パルキアGX(以下ADP)。しかもその三柱の神を模した石像まで登場していよいよADPにしか見えなくなりました。主人公の名前がザシアンVだったら完璧だったかもしれない。

f:id:Tatamin:20201223234036p:plain

オルタージェネシスGX

 主人公のリョーマは神から授かった身体能力や魔法でなんやかんやするというわけではなくスライムを使役してなんやかんやします。なのであんまり画面映えしない。どっちかっていうと”リョーマすげー”というより”スライムすげー”って感想になりがちな気がします。

 優しい世界を描きたいからか周りのキャラがやたらとリョーマのことを気にかけており、ことあるごとにみんな揃ってリョーマのもとにかけつけるんですがいちいちリョーマの前に全員で現れてしかも一言ずつ喋らなくてもよくないか?最終話でリョーマのもとに来た知り合いが一人一言ずつリョーマにメッセージを伝える様子が”卒業式”って言われてたのには草生えた。それくらいみんながリョーマのことを慕ってるんですけどリョーマにそこまでの素質があるかと言われるとうーん。主人公のことをヨイショすること自体は悪いことだとは思いませんが主人公にそれだけの魅力がないと違和感が残るのでよくない。ぼくがかっこいい系じゃなくて優しい系の主人公に慣れてないだけかもしれないですけど。

 異世界スローライフっていうことで何をするのかなと期待してたらまさかのスライムを使った洗濯屋さんで笑ってしまった。確かに目の付け所さん!?はいいのかもしれないけど。前世はブラック企業に苦しめられてただけあってホワイトな企業(洗濯屋さん)を目指そうとしており、確かに人間に対しての福利厚生はこれでもかってくらいホワイトだったのに対してスライムがめちゃくちゃ働かされてて”それでいいのか?”と疑問に思いました。まあスライムに感情があるとは思えませんしぼくたちが機械に対してわざわざ”大丈夫?まだ働ける?”って声かけたりしないのと同じようなものなのかもしれん。

f:id:Tatamin:20201229172116p:plain

転生したらスライムだったうえにめちゃんこ働かされてる件

 全体的にキャラ魅力は微妙でしたがエリアリアはかわいかったです。いいところのお嬢様なんですけどあんまりお嬢様感を感じさせない人懐っこくて明るいキャラで癒されました。幼いこともあって主人公との恋幕が始まらなかったのがちょっと残念。最終話でリョーマに「エリアと呼んでください」と言うことでお互いが名前で呼び合うまで進んだのでここからそういう恋幕が始まったりするんですかね。それにしてもエリアと別れる前にプレゼントとしてスカベンジャースライムをエリアにプレゼントしててあまりにも風情がなさすぎて笑ってしまった。エリア本人が気に入ってたからいいけど普通だったらドン引き案件。

f:id:Tatamin:20201229171106p:plain

エリアが頭にのせてる”ティッピースライム”すこ

クソどうでもいいけどエリアリアのキャラデザがゴブリンスレイヤーの女神官に似てません?色合いが似てるだけなんですけどね。あと、エリアリアのえっち絵見たかったのに誰もこのアニメを見てないのか一切流れてこなくて悲しかった。スライムになんやかんやされるイラストとかいいと思いませんか?

 

炎炎ノ消防隊 弐ノ章(2クール目)

 1クール目の感想なんて書いたっけと思って見返してみたら”テンポが悪い”って書いてあったんですけど2クール目も相変わらずテンポ悪かったですね。ぼくが一番気になるのは戦闘中の会話シーン。テンポ悪く感じる一番の要因だと思うんですけどどうでしょうか?なんていうかメリハリが欲しい。テンポが悪いせいなのか金曜26:30とかいうクソ遅い時間に見てるせいなのかわからないですけど話があんま思い出せないんすよね。概要は覚えてるけど細かい話が全然思い出せない。話の進みが遅いとこういうことになりがちな感じがします。

 それにしても環のサービスシーンはなかなかえっちでしたね。そこだけは鮮明に覚えてます、ぼくの脳みそは股間にあるので。特に20話あたりはよかったですね。

f:id:Tatamin:20201212231758p:plain

リョナシーンすこだ…

f:id:Tatamin:20210104212227p:plain

これ入ってるでしょ

この回のジャガーノートがカッコよかった。いろんな意味でこの回が一番印象に残ってますね。逆に主人公の印象が全然ないんですけど2クール目入ってから何かしてましたっけ?それとは別に主人公の声優が梶原岳人なんですけどこれこれが脳裏にチラついてしまってどうも好きになれない。こういうのよくないってわかってはいるんだけど。

 最後めっちゃ中途半端なところで終わりませんでした?まさかの修行回で終わるという。ブツ切り感がすごかったです。3期やる前提の構成なんですかね?3期をやるなら今度こそテンポを改善してくれればと思います。あと、最終話で1期のOPが流れましたがやっぱ炎炎ノ消防隊といえばこの曲ですね。というかこれの印象が強すぎて他の曲を思い出せない。

 ちなみにぼくが炎炎ノ消防隊で一番好きなキャラはヒカゲ&ヒナタです。強い幼女キャラ(こいつらが幼女かは知らんけど)が好きなんですよね。一応言っておくとロリコンではないです。

f:id:Tatamin:20201212232649p:plain

CV:赤尾ひかるで口の悪い双子のロリ。うーん、すこ!w

 

100万の命の上に俺は立っている

 複数人で異世界転移する系のやつ。ミッションをクリアするたびに現実世界に戻って仲間を増やしてまた異世界に行って…っていうのはなんか新鮮な感じがしました。現実世界に戻るために異世界で頑張るってあんまりないですよね。

 このアニメの何がよくないかと言えばキャラ魅力がなさすぎるという点。主人公は性格悪いしヒロインたちも別に可愛くないしどこを楽しみながら見ればいいんだっていう感じ。主人公の四谷は効率厨的な側面を押し出しつつ好き放題してたわりに終盤になって”実はこの異世界はパラレル世界でNPCだと思ってたモブたちは実は人間だった=人殺しをしてた”という事実が明らかになるとめちゃくちゃそのことを気にしたりしてて”おまえそんなことで悩むような人間じゃないだろ”と突っ込まずにはいられませんでした。一応中学生っていう設定なので自然な反応ではあるけど。あとは普段の言動がイタすぎて見てるこっちが恥ずかしくなっちゃうやつね。ゲスな主人公は実力が伴ってる+爽快感がある演出があるから許されるのであってただのイキリ陰者にやらせても痛いだけなんだよな。

 ヒロインたちも序盤が足手まといすぎてイライラの温床になってた影響で後半まともに戦闘できるようになった後でも序盤の悪い印象が先行して最後まで好きになれませんでした。異世界もので序盤から無双しないのはいいんですけどあまりにも弱すぎるとこういう弊害が発生するんですね。まあ、一番の問題はキャラの性格だとは思うんですけど。新堂さんはまだしも箱崎さんの無能具合はマジでやばかった。途中で加入した時舘さんもザ・陰の女オタクみたいな感じで全然可愛くなかったしうーんって感じ。足引っ張ってるくせに態度だけでかくてこれまた好感度下がるし。あまりにもキャラ魅力がなさすぎました。

f:id:Tatamin:20201221000008p:plain

めっちゃ文句言いましたけど新堂さんはわりと好き

 話の内容も微妙。後半とかめっちゃ尺稼ぎみたいになってましたし。一番面白かったのは四谷が女子トイレでスマホを破壊するシーン。字面だけで面白いのがずるいわ。

f:id:Tatamin:20201221000633p:plain

スマホ破壊太郎

全体的にご都合展開だった感じがします。戦闘シーンも映えないしキャラ同士のやり取りも寒いしで終始面白くなかったです(直球)。

 内容おもんないくせに一丁前に茶番を仕掛けてくるのが寒いんですよね。毎話やってたCパートの茶番とか誰が喜ぶんだ?あとぼくはBS11で見てたから関係なかったんですけどMXだと全編いらすとやの1話を放送するという。新規が離れるだけの悪手だと思うんだけどそうでもないんかなあ。

 こんな内容ですが2期が決まってます。もともと分割2クールの予定だったっぽいですけど。これほどまで2期決定の告知が嬉しくないアニメも珍しい。

 

『ヒプノシスマイク -DIvision Rap Battle-』 Rhyme Anime

 この手のアニメを見てるとどうしてもダイナミックコードと比較してしまうんですけどダイナミックコードは良くも悪くも格が違うのでこういう比較の仕方は間違ってる気がする今日この頃。あれは作画、話、キャラの全部が壊れてたからなあ。

 武器の代わりに人の精神に干渉する特殊なマイク”ヒプノシスマイク”によるラップで優劣を決する世界というこれだけでお腹がいっぱいになりそうな世界観。実際に強盗が人質にマイクを突き付けてたり、まるで自爆するかのようにマイクを体に巻き付けてたのはシュールすぎて笑ってしまった。

f:id:Tatamin:20201231211951p:plain

人質に突き付けられるマイク。決してインタビューをしているシーンではない

f:id:Tatamin:20201231212031p:plain

「これだけのマイクがあれば人質がどうなるかわかるよなぁ!?」 どうなるんだよ…

こんなの見せられたらシュールアニメ路線でいくのかなとワクワクせざるを得ないんですけど別にそういうわけでもなく。ダイナミックコードみたいに終始ぶっ飛んでたら面白かったのになあ。

 で、このトンデモ世界で4つのチームがラップで争うっていうのがこのアニメのメインのストーリー。序盤はキャラ紹介も兼ねてそれぞれのチームがラップで事件を解決するっていう話をやってました。ラップで争うって聞くとラップバトルでもするのかと思うじゃないですか。実際ラップバトルするんですけど先攻ワンキルばかりでラップバトルは一度も見れませんでした。もしかしたらヒプノシスマイクは庶民の手には届かない代物でそこらへんのチンピラは模造品しか持ってないからそもそもバトルが成立しないとかいう裏設定があったのかもしれない、知らんけど。唯一反撃(というか先制攻撃)できたのが上で紹介した強盗だけっていう。それもあってこのアニメのことを思い出そうとすると強盗が真っ先に思い浮かぶんだよな。で、各チームの紹介が終わって”よし、これでメインキャラ同士のラップバトルが見れるな”と思ったらまさかのキャラ紹介2周目が始まってしまった。ラップバトルは!? 雑魚狩りはいいからラップバトルを見せてくれと思っていたらいつの間にか3分の2くらいの話数が終わってました。

 終盤はようやくチーム対抗のラップバトル。後攻に番が回ってきただけで感動してしまった。ラップ自体はちゃんと韻も踏んでて内容も面白かったのでぼくは結構好きです。ノラと皇女と野良猫ラジオで韻の勉強をしていた過去があるのでラップには一家言あったりなかったりするんですが聞いてて気持ちのいい韻でした。ところで皆さんはどのチームが優勝すると思ってました?ぼくはいかにも主人公ですっていう雰囲気を醸し出してたBUSTERS BROTH(三兄弟チーム)が優勝すると思ってたんですけど初戦(準決勝1戦目)で負けてて草生えました。

 ラップバトル自体は結構よかったと思ってるので前半も雑魚狩りじゃなくてちゃんとラップバトルしてくれればなあと思わざるを得ない。最終話とか結構アツかったからあのテンションで最初からやって欲しかったゾ。あとめっちゃ個人的な感想なんですけどピンク髪のやつ嫌い。

 

シャドウバース(3クール目)

 災いの樹による世界の終焉を防ぐために7枚の伝説のカードを集めるぞ~ってところからスタート。一人一枚ずつ集めていく感じなので前半は各キャラにスポットが当たってました。過去2クールと同様”ヒイロが出てこなければ面白くなる法則”は健在。ルナアリスとカイとのタッグは新鮮で面白かったですしルシアと妹との対戦は普通に泣きそうになりました。このアニメはルシアを主人公にしたほうがいいのでは?

f:id:Tatamin:20201230112920p:plain

これやってる頃は3クール目はいける!と思ってたんだよな

後半はルシア&ヒイロVSマウラとヒイロVS父親の対戦だったんですけど敵側のカードパワーぶっ壊れてません?実際のシャドバもこんな感じなんですか?で、そのカードパワーの暴力に対してどうやって勝つかというともちろんトップ解決。本当にそれでいいのか?あまりにもバトルが大味すぎて何が起きてるのかよくわからないまま対戦が終わってました。体力が残り1になる勝ち確演出も健在で緊張感も全然なかったしいったい何を見せたかったんだろうか。

 3クール目のラストでCygamesジェネシスカンパニーの社長が悪者であることが(かなり前から悪役オーラ出してたけど)明らかになりました。展開的にも4クール目で完結しそうですね。物語もクライマックスに近づいてるのにイマイチ盛り上がってないですがいい感じに話がまとまってくれることを祈っています。願わくばヒイロが負けるシーンを見たいけども…。

 

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

 敵国同士の男女が愛し合うロミジュリアニメ。最近だと寄宿学校のジュリエットが記憶に新しい。個人的に寄宿学校はアニメ化の前から全巻集めてるくらいにはロミジュリ展開好きなのでめっちゃ期待してたんですよね。まあ微妙だったんですけど。

 個人的なロミジュリ展開のお楽しみポイントは①出会い、②バレないように愛を育む、③バレたときの対処の3つ。まずは①出会い。敵国らしく戦闘から始まり戦闘中のイスカの紳士的な対応にアリスが惚れるっていう展開でわりといい感じだったと思います。次に②バレないように愛を育む。寄宿学校は寮が別とはいえ同じ学園内にいたので会うのは簡単でしたがこのアニメではそうもいかない。どうするのかなと思ってたら2人は中立国で偶然再会します。なるほど中立国というのは思いつかなかった。運命的なものを感じる展開なんですけど2回目以降も当然のように偶然鉢合わせてて草生やしてました。ギャグとして見れば面白いかもしれないけどもこれでいいのか?とはいえ3話での2人の共闘シーンはいい感じだったのでこの辺まではそこそこ面白かったと思ってたんですけどそれ以降の話が微妙。このアニメは2人のロミジュリ展開以外の話を膨らませすぎたせいで結局何がしたいのかよくわからない状態になっていっちゃいました。ロミジュリやりたいなら仮面卿や帝国側の暗躍の話を膨らませる必要ないし、その話やりたいなら敵対してる国のキャラ同士で恋愛させなくてもいいじゃんって思ってしまいました。ストーリーで魅せるにしても強敵が登場した次の話であっさり敵倒してるし緊張感の欠片もなかったし。うーん。

 肝心な2人のやり取りも微妙なんですよね。アリスがイスカに惚れるのはわからなくもないんですけど、イスカがアリスを信用してるのがよくわからない。2人の間に温度差があるロミジュリって微妙だと思うんだよな。アリスもアリスで頭の中お花畑だし。イスカを捕らえた後のやり取りとかとても一国の王女とは思えなかったんですけど。恋は盲目なのかもしれないですけどあまりポンコツにしすぎるのもなあって感じ。

 このアニメで一番かわいいキャラは間違いなくミスミス隊長ですね。あの小動物感がとてもかわいい。正直アリスよりもヒロインしてたと思うんですけどどうでしょう。

f:id:Tatamin:20210101224231p:plain

はいかわいい

あと、アリスのお付きのメイドもよかった。完全にかぐや様の早坂だったけど。メイドがアリスとイスカを引き離そうとしながらも窮地の場面で助けられてイスカのことを認めるようになる展開はよかったと思います。ところで音々(CV:石原夏織)いる?終盤で出てきたアリスの妹よりも目立ってなかったけど。

 良くも悪くもThe・ラノベアニメって感じでした。このアニメがやりたかったことはラブコメなのかストーリーなのかバトルなのか結局わからずじまいでした。これがはっきりしてれば面白くなったとおもうんだけどなあ。

 ところで、魔王様、リトライのOPの頃から思ってたんですけど石原夏織の2000年頃っぽい曲めっちゃいいですね。このアニメのOPもそんな感じだったんですけどこれからもこの路線でいって欲しいな。

 

キングスレイド 意志を継ぐものたち

 なんかThe・ソシャゲアニメって感じしません?別に悪口というわけではなくて。雰囲気とか作画がいかにもソシャゲアニメって感じ。

 これって結局カーセル陣営が主人公ってことでいいんですかね?EDにはリヒト(陣営(ブラックエッジ)しか映らないから序盤はどっちがメインの話なのか全然わからなかった。流石にカーセルとリヒトのダブル主人公ってことは(尺の使い方的に)無いと思うけど…。で、両陣営の話をやってるんですけどエガオノダイカ現象が起きてるんですよね。カーセル陣営の話はたまに面白かったりするとき(エリーゼの話とか)もあるし冒険モノとして普通に楽しめるんですけど、ブラックエッジ側の話が説明ばっかで話に動きがないせいで見ててつまらない。ソシャゲアニメで権力争いの話が出てくるとたいていつまらなくなりますよね。まどろっこしい話をされるよりもキャラが動いて戦ったりしてるところを見せて欲しい。せっかくのアニメ化なんだからさ。それとこのアニメはクレオ(CV:小澤亜李)の可愛さが視聴する目的の9割を占めているのでブラックエッジ側がメインの回だと視聴する理由のほとんどが失われるというのがでかい気もする。

f:id:Tatamin:20210102150006p:plain

このアニメの癒し

 ところで、13話が総集編だったんですけどぼくが今までに見てきた総集編のなかで一番まとめるのがヘタクソだったんですけど何のために(12.5話みたいな小数点付きの話数にすることもなく)挿入したんだろうか。初見の人が見ても何もわからんでしょ。今まで見てきたぼくでも内容を整理するというよりも今までの話をブツ切りで見せられただけで24分を無駄にしただけって感じでした。この総集編で得られた知見が”やっぱクレオのためにこのアニメ見てるわ”しかないのは流石に虚無でしょ。1話のときから知ってたが。

 面白い回も作れるんだから2クール目は常にそのクオリティで提供してくれたらいいなと思います。そういえば14話からOPとEDが変わったんですけどなかなかよかった。1クール目のfripSideKOTOKOとかいうエロゲみたいな組み合わせから一転して韓国要素を推しだしてきててどうなることかと思ってましたが悪くなかったです。

 

神様になった日

 ”まあCharlotteより下にはならんやろ”と思いながら見始めたんですけどまさかこんなことになるとは。ぼくがB-に置くアニメの大半はつまらなかったからB-にしてるんですけどこれはあまりにも内容がひどすぎてB-に置いてます。序盤は面白かったんだけどなあ。

 ひなの「30日後に世界が終わる」っていう発言からこのアニメが始まるのでこの発言がどういう意味なのかを考察しながら見てました。前半は普通に日常回やっていて世界が終わる兆しが見えなかったので”30日後にひなの世界が終わる”ってことなのかなっていう結論に至りました。ただ、これだとひなの予知能力を説明できないのでこの世界はゲームの世界であり、ひなはプレイヤーの分身なのかなとも思ったり。世界が終わるっていうのは”ぼくのなつやすみ”のラスト的な感じかなと。途中で出てきたハッカーがめっちゃハイテクな機械使ってたのもあってハッカーたちの世界が現実世界っぽいなっていうのも考えてました。結果は30日後に”ひなの世界が終わる”っていうのは当たってましたね。まあその後が💩だったんですけど。

 前半の日常パートは麻雀回がおもんなかっただけで他は楽しみながら見てました。前半の日常パートがあってこそ後半の泣かせる展開が映えるんですよね。だから日常パートはあれでよかったと思います。伊座並さんの母親の話とか泣いちゃったし。ヴァイオレット・エヴァーガーデンの10話を思い出させる展開はそれだけで泣いてしまうわ。まさかこれがこのアニメで泣く最後のシーンだとは思ってなかったんですけどね。

 問題は後半。連れ去られたひなを助けにいくのはまあわかるんですけど陽太に一切感情移入ができなかった。というか頭おかしいんじゃないか?介護士の女性に大声出さないでって言われた次の瞬間に大声でひなのこと呼ぶのは流石に笑うでしょ。ひなとの接し方を見ていると陽太のなかには元気だった頃のひなしかいなくて現状の要介護のひなのことは見えてないんだなっていうのを感じて悲しくなりました。陽太の言葉と介護士の女性の発言のどちらに説得力があるかと聞かれたら間違いなく後者だよな。結局ひなを連れて帰るんですけど連れ帰った後の展開が完全に24時間テレビ。感動ポルノってこういうことを言うんやな。映画撮影するシーンとか狂気を感じましたもん。最後のほうは泣かせるBGMが流れてたりしたんですけどやってることがアレなので涙は一滴も流れることはありませんでした。オチもくっそ微妙でしたし。全12話使ってだーまえが伝えたかったことは”奇跡は起きない”っていうことでいいの?せめて医者になった陽太の治療でひなが元気になったみたいなシーンがあれば後味よかったかもしれないのに。

 ペリカンが秋アニメランキングで”キャラがただの舞台装置になってる”って言ってて納得しちゃったんですよね。映画の撮影におばさんが参加してるのはどう考えても金を工面するためだもんな。あとはハッカーの扱いが雑過ぎる。あれも陽太がひなを連れ戻すための装置だもんな。ひなと過ごした時間よりもハッカーと過ごした時間のほうが長いって言われてるのを見たときは腹抱えて笑いました。

 考えうる限り最悪に近い出来だったんじゃないかなと思います。尺が足りなかったって言ってる人もいますけどもう少し尺があったところでどうせ日常パートにもっと尺を使ってただけだと思うのでまあ無理だったでしょ。本当にこれでいけると思ったのかなぁ。放送終了後にだーまえが垢消しして逃亡したらしいので彼の安否が心配です。だーまえは原案と音楽だけやってるのが一番いいのでは?音楽に関しては普通によくて、特にOPとEDはかなりよかったです。OPのサビ前の転調が気持ちよすぎて何度絶頂したことか。

 

NOBLESSE -ノブレス-

 韓国の漫画が原作のアニメ。最近恒例になりつつある海外原作LINEマンガ枠ですね。神之塔GOHがこの枠に該当するんですけど個人的に前者は面白くて後者は微妙だと思ってたのでこの枠の当たり率は50%。ちなみにこれは僧侶枠より高いです。

 で、内容なんですけど、んにゃぴ…よくわかんなかったです。結局最後まで設定がよくわからないまま終わっちゃいました。人から聞くまで改造人間だってことも知らなかったですし。なので戦闘シーンとかは何が起こってるのか分からず見てました。

 逆に設定とかよくわからなくても見れる学園パートは結構楽しみながら見てました。ギャグも面白かったし。ただぼくは股間でアニメを見てしまうタイプの人間なので男しか出てこないと物足りなさを感じてしまいますね。数少ない女キャラ(CV:茅野愛衣)も可愛くなかったしなあ。

 面白かったかどうかは別としてぼくには合わないタイプのアニメでした。放送時間が平日の遅い時間なのも相まってわりと見るのがしんどかった。ちなみにこのアニメで一番面白かったのはこの場面。ラーメンにのってるネギがきゅうりにしか見えなくてゲラゲラ笑ってました。

f:id:Tatamin:20210104212904p:plain

 

ブラッククローバー(12クール目)

 ついに4年目に突入しました。皆さん今何話までやってるか知ってます?157話ですよ。いったいどれだけの人が1話放送開始当初から脱落せずに見続けているのだろうか。ここまで酷評しながら3年間見続けてる人はぼくだけな気がする。

 前回の感想でアニオリの話が面白いみたいなことを書いたんですけどオチがゴミでしたね。あれだけのことをやらかしといて無罪放免(正確には国外追放だけど)は流石に目を疑いましたね。アスタがよくわからん裁判にかけられてたのが嘘みたいな対応。流石にこれは納得いかんわ。これが11クール目にやってたアニオリ編の最終的な感想。

 12クール目のメインは修行編。このアニメ1ヶ月おきくらいに修行してません?何回も言ってますけどこのアニメは茶番がなにより面白くないんですが修行編は茶番の温床。今回も例に漏れず面白くなかったです。何より展開がワンパなのがね。

 思ったんですけどこのアニメ1クールか2クールに1回作画がよくなる回があるんですよね。今回だと団長戦の回。あの回だけ作画が段違いでよかったし見ごたえもありました。ちなみに作画がいい回の数話前から作画が悪くなるので”お、そろそろ見せ場が来るぞ”ってのがわかるんですよね。逆に作画がいい回が終わっちゃったのでしばらくはたいして山場がないってことにもなるんですけど…。13クール目は修行の成果がちゃんと見れるといいですね。

 そういえば157話でいきなり1話からの総集編を挟んだんですけどこれいる?誰に向けた総集編なんだ?ぼくみたいな忘れっぽい視聴者のためなのかもしれないですけど修行回の途中にそんな総集編挟むのはおかしくない?そんなに尺余ってるならいったん終わればいいのに…。

 

ミュークルドリーミー(3クール目)

 杉山先輩がゆにのパートナーになる衝撃展開からスタート。前から杉山先輩のキャラが弱いなとは思ってたんですけどなんか急にすごいキャラ付けが行われて驚きました。主人公の憧れの存在として描かれてたキャラが急に闇落ちして女児たちはショックを受けてないか心配です。ぼくはせっかく闇落ちしたならもっと破壊活動に勤しんで欲しいと思ってるけど。

 前から言ってるようにニコニコでコメントありで見たいんだよな。全国の女児たちと楽しんでこその女児アニメだというのに。ちなみに、勘違いされやすいんですけどプリキュアは大人が見る硬派なアニメなのでコメントなしでも全然大丈夫です。あと、これも前から言ってるんですけどゆめちゃん以外のキャラも夢シンクロしてほしいんだよな。ゆめちゃん以外のキャラの当番回でも結局問題を解決するのはゆめちゃんになっちゃうので他のレギュラーキャラの印象が弱すぎるんですよね。あと展開がワンパターンになっちゃいますし。シャドバで毎回イグニス引いて解決するのと同じようなものですよ。

 とはいえ杉山先輩と百合先輩(CV:市ノ瀬加那)の幼なじみコンビの話とか結構好きなのでストーリー自体は結構楽しんでます。いつまで放送するのかはわかりませんが最後まで見ようと思います。

 

それだけがネック

 なんかよくわからんショートアニメだと思ってたら意外とメッセージ性があったり、主人公の過去の話とか聞いてたらちょっといい話に感じてしまいました。

 主人公の武藤さんは頭がないというトンデモ設定。しかもそこそこ話が進むまで明らかにならなかったので、他のキャラが武藤さんを見てビビる理由がわからなくて不気味でした。頭がないんだからそりゃビビるわな。それでも何人かはビビることなく武藤さんと接することができるんですよね、なぜなら顔を見て話さないから。スマホをいじりながらだったり常に下を向いていて武藤さんの頭がないことに気付かないんですよね。あーなるほどなあと思いながら見てました。ぼくも人の顔を見て話せないしな。まさかこんなアニメで現代人のコミュニケーションを題材にしてるとは思わんわ。

 で、武藤さんは当然普通の人間じゃないわけで、昔首をはねられて処刑された武士(?)であり、お月さんと一緒におにぎりを食べたいという執念からゾンビとして復活したという。この過去編を見てからぼくのこのアニメを見る目が変わりましたね。ショートアニメでここまでストーリーを仕込んでくるのかと感心しました。最終話でお月さんとそっくりな月子さんと一緒におにぎりを食べようとするところまでいくんですけど頭がないのでおにぎりを食べることができなかったというところで話が終わります。そのオチは弱くないか?せっかくいい雰囲気だったのに。取り上げる題材はよかったけどちゃんと調理しきれてなかったんじゃないかと思います。それでも結構面白かったけどね。

 

デジモンアドベンチャー:(2クール目)

 太一とヤマト以外の連中がせっかく退場したのにまた戻ってきてしまった。こいつら戻ってきてもたいしたことしないから太一とヤマトとその妹と弟だけでよくない?少なくともこのアニメにはキャラ全員をさばききれるほどの力量はないと思ってるんですけど。

 それにしても戦闘がほんまおもんない。作画も演出もよろしくない。ここまでワクワクしないのはある意味凄いと思うんですよね。毎回勝ち確BGM流すのもしょーもないしなあ。

 そういえばやっと妹のヒカリが話に入ってきましたね。放送開始当初はいつになったら妹に出番が回ってくるかとワクワクしてたものですがここまでの話がおもんなさすぎて妹が登場しても何も感じなくなってしまったんだよな。ここから面白くなるんかなあ。無理だと思うけど。なのでぼくは切ります、さようなら。

 

大人にゃ恋の仕方がわからねぇ! 

 僧侶枠。僧侶枠って男か女のどっちかが余裕の表情でもう一方があたふたするみたいな構図が多いと(勝手に)思ってるんですけど、今作は二人ともあたふたしてて新鮮な感じがしました。それにしても数年間えすいばつしてないだけでそんなあたふたするもんなんですかね?初めてならともかく。まあ、ぼくは童貞なんで知ったこっちゃないんですけど。

 それにしても僧侶枠ってセリフ回しが独特ですよね。「考えてくださいよ、私の恋愛現役復帰プロジェクト!」ってぱっと見だとギャグかな?って思いますもん。言ってる本人からしたらいたって真面目なのかもしれないですけど。作り手側も何を思ってこういうセリフ言わせてるんでしょうね。”うまいこと言ってやったぜ!”なのか”ここでこれ言わせたらおもろいやろなぁ(ニチャァ)”なのか。

 どうでもいい話なんですけど同じ僧侶枠の俺の指で乱れろ。の主題歌の歌詞に”ピーマン☆”が存在するんですけどこのアニメの主題歌の歌詞でも”夜にピーマン☆”が登場してて笑ってしまった。いずれは僧侶枠じゃなくてピーマン☆枠と呼ばれる日が来るかもしれません。絶対来ないけど。

 

土下座で頼んでみた

 イキ杉田ホモ和劇場。絵も全然動かなかったし完全に杉田のしゃべりだけのアニメなんだよな。

 嫌パンとかみるタイツみたいなのを期待してたんですけどえっちさの欠片もなかったですね。これはえっちじゃなくて下品。女の子もあんま可愛くなかったしなあ。あと最終話のアレは何?円盤特典の13話がエルフ編だったのでそれに無理やりつなぐためだったんだと思うんですけどあのオチは流石にないと思いました。

 それにしてもまた富田美憂は家族を人質に取られてしまったのか。あまりにも人質に取られすぎててエロアニメ声優になりつつある。来季も家族を人質に取られてて草生えた。

 

エタニティ~深夜の濡恋ちゃんねる♡~

 15分僧侶。いつもの僧侶枠とは違って1話完結の話が12本っていうオムニバス構成。まあ、やってることはどれも似たり寄ったりなんで大差ないんですけど。

 僧侶枠もやってることおかしいですけどこっちはそれの上を行くレベルでやってることめちゃくちゃでした。原作はどれも漫画や小説ですけどこんな陳腐な話を面白いと思って読んでる人がいることに驚きを隠せない。恋愛ものを見せられてるというよりも質の悪いコントを見せられてる気分というかなんというか。どの話もヒロイン側の視点をメインに描かれていましたがこんなんで恋に落ちるんだったらぼくにでもできそうだなと思いました。が、世の中そんなに甘いわけがない。なんと作中の男キャラはみんなイケメンなのである(そんな風には見えない作画だけど)。オワオワリで~す。

 個人的には僧侶枠のほうがまだ話として成立してるかなと思いました。どっちもどっちだけど。

 

ぐらぶるっ!

 ソシャゲ原作の30分アニメがショートアニメになって帰ってきた!系アニメ。この手のアニメでキツくなかったやつってみにとじくらいしか思い出せない。

 ガイジ具合に努力値をぶっぱしたビィを中心にギャグを展開していくんですけどほとんど勢いで笑わせようって感じの内容だったので普通に面白くなかった。ぼくがグラブルのキャラに愛着がないってのも面白くなかった大きな要因の一つではあるとは思うんですけどそれにしてもなあ。

 

レヱル・ロマネスク

 もとはエロゲなのにいつの間にか町おこしのショートアニメになってて草生やしてました。まあ、原作のキャラを一切出さずに新キャラで固めててクリーンなイメージを押し出してたんですけど。ぼくは原作やったことないからアレですけど原作プレイ勢にとってこれはどうなんでしょう。

 内容は”やりたいことはわかるけど普通につまらない”って感じ。キャラが可愛いかと言われると微妙だしギャグもおもんないし。ぼくがローカル路線ネタに精通してないのがよくなかったのかもしれないぞなもし。

 

シルバニアファミリーミニストーリー ピオニー

 ぼくにとっては秋の風物詩になりつつあるシルバニアファミリーミニストーリー。そもそもなんでこれを見始めたかといえば種﨑敦美ちゃんが出てたからなんですけどなんだかんだで4期まで見続けてます。4期は3期よりは面白かったですけど1期には及ばないかなって感じ。ショコラウサギちゃんファミリーの話はだいたい面白いんですけどそれ以外の話がイマイチ。幼稚園の話とかだいたい微妙だしなあ。まあ、よく考えなくてもぼくはこのアニメの対象年齢から外れてるのでこのアニメを真剣に見て批評してること自体がおかしいんですけど。

 来年もやるんですかね。やるなら見ようと思います。なぜ?

 

 

C

ぽっこりーず(3クール目)

 未だに一度も面白いと思った回がないんですけど大丈夫ですかね?あるいはぼくがこのアニメの楽しみ方を理解していない可能性も否定できないので誰かぼくにこのアニメの楽しみ方を教えてくれ。ギャグも面白くなくてキャラも可愛くないショートアニメの楽しみ方をぼくは知らない。

 

まえせつ!

 お笑い芸人を目指す少女たちの物語。これ書いてるときに初めて知ったんですけどまだ目指してる段階だったんですね。

 このアニメ見て真っ先に思ったのが劇中の漫才がつまらない。前クールにやってたゲラゲラのほうが面白かったまである。とはいえお笑い芸人を目指している=ほぼ素人ってことを考えるとわざと内容をつまらなくしてるのではないかという説がありえなくもないんですが既に芸人として活動してるJKクールの漫才も別に面白くなかったしなあ。それでも劇中のお客さんは普通に笑ってるので見てるこっちとの温度差を感じました。なによりちゃんとフル尺で漫才を披露してたのも数える程度で、基本的に途中でカットされてたのでもとから漫才を見せる気はさらさらなかったんやろなあ。わけわからん観光シーンに時間使うくらいなら漫才のシーンに時間割けばいいのに。

 ただ、最後のとこなつの漫才の内容はわりとよかったんじゃないかと思います。数話前の旅館で披露した漫才はほぼカットされてましたが、最終話で初めてボケとツッコミが入れ替わった”新生とこなつ”の漫才を見せたかったんだと思うと納得がいきます。内容も今までの漫才と比べて面白かったんですけど問題は演出。なんで漫才の最中に回想を差し込んだんだ?別に回想の内容も大したことやってないし興ざめでした。そもそも舞台の前にR凸が出られなくなったと知って自分たちも出場を辞退するってなるのはおかしくない?芸人を目指し始めたばかりの頃ならまだしも最終話だぞ。R凸に”私たちのぶんまで頑張って”って言われないと駄目なような奴らに賞が取れるとは到底思えんけどな。

 で、このアニメ日常シーンが多いんですけどそこでのキャラ同士のやり取りが基本つまらない。それこそ漫才以上に滑ってるんですよね。キャラも別に可愛くないし何を楽しみに見ればいいのかわかりませんでした。あとこのアニメやたら観光シーン多くないですか?旅行アニメなのかしら。ゆるキャンに媚び始めたときはさすがにドン引きしました。

 このアニメは現実に実在する芸人を出したりもしてたんですけど、ゲストキャラとして出すのはいいとしてレギュラーで出すのはどうなんだ?ぼくは演技がヘタクソな芸能人をアニメに出さないで欲しいと思ってる人間なので生理的に受け付けられませんでした。売れてない芸人をわざわざ出すくらいならオリジナルキャラとして出して普通に声優付ければよかったのに。ところで、最終話で出てきたNONSTYLEがあまりにも似てなさ過ぎて笑ってしまった。自分たちのことをNONSTYLEだと思い込んでいる精神異常者。

f:id:Tatamin:20210104210434p:plain

誰?

 ぼくは3ヶ月間も吉本興業のオナニーを見せつけられてたのかと思うと悲しくなってしまった。主人公たちの先輩芸人の中の人たちはオタクを売りにしてるらしいけどこのアニメの出来をどう思ってるのだろうか?これを心の底から面白いと思ってるならオタクを売りにするのやめた方がいいと思うけど。

 

まだおわってないやつ

終わり次第追記してランク表にぶちこみます

D4DJ First Mix B

 1話を見たときは”うわっ、またガイジ主人公かよ”と思ってたんですけどわりと普通に見れてます。りんくはガイジなのには変わりないけど。バンドリのおたえみたいなのはきついけどりんくは最低限周りが見えてはいるようなのでそこまで不快感なく見れてます。りんくの周りがわりと常識人なおかげで暴走が止められてるという説もある。

 バンドリと比べてキャラ可愛くないですか?個人的にはマホちゃんがすこ。マホちゃんといえばEDでノリノリな姿を見ることができるんですけどあれめっちゃ可愛くないですか?最後のキメポーズのところもすこ。

 1月末が最終回なのでまだもう少しありますね。なんで10月末とかいうおかしな時期から放送始めるんだ?バンドリ1期は3話切り対策のための放送時期ずらしたとか言ってたけどこれもその一環なんですかね?絶対0話切りの温床になると思うんですけど…。そういえばD4DJのアプリは爆死してるらしいですね。ときどき爆死するゲームを作って税金対策してるって聞いたときは笑ってしまった。

 

番外編

~夏の忘れ物~

コロナによる延期で最終話が秋になってしまったアニメたち。簡単に感想をまとめておきます。

別冊オリンピア・キュクロス B-

  きれいに纏まってよかったんじゃないですかね。ノリは正直寒かったけど。

 

もっと! まじめにふまじめ かいけつゾロリ B-

  昔、おならで地球を救う話を読んだ記憶がありますがそれのオマージュとしておならで人命を救う話をやってました。でも、小学生時代にゾロリを読んでた身としてはただの焼き直しに見えちゃうよなあって感じ。

 女児アニメを今でも楽しく見れてるのは自分の中に残っている子供心がくすぐられるからだと思ってたんですけどどうやらそうではないということをこのアニメを通して知ってしまったんですよね。童心を失い股間でアニメを見るようになってしまったぼくにはもうかいけつゾロリを楽しむことはできないのかもしれない。

 来年4月から2期やるらしいですよ。ぼくは多分見ません。

 

メジャーセカンド 第2シリーズ B+

 ついに光と再会したわけですが性格が悪すぎる。大吾も大吾で豆腐メンタルすぎて見ててヒヤヒヤしました。その後大吾が壊れてしまうわけですが仲間たちのおかげで復活。普通に感動してしまった。他のメンバーの真剣に取り組んでることがわかって結構いいシーンだったと思います。このアニメ2期になってからキャラ魅力が格段に上がったのでこのままずっと女子会野球を続けて欲しいと思ってしまう。

 

~春からの刺客~

ヤツが帰ってきてしまった…

ギャルと恐竜 C

  8話から。春にやってた頃から酷評してましたが復活後も当然のようにキツかった。

 アニメーションパートはそこまで悪くないと思うんですよね、問題は恐竜ちゃんねると実写パート。恐竜ちゃんねるのあの冗長具合は何とかならなかったんですかね。YouTubeのスキップできない15秒広告を見せられてる気分でした。実写パートはまあ…ねえ。結局見栄晴蒼井翔太はなんだったんだ?あといちいち効果音がうっとおしいんだよな。あの”プー!”って音を聞くだけで不快感を覚える身体になってしまった。内容も演出も面白くなかったです。制作陣はあれを面白いと思って作ってるのかなぁ。

 そういえば皆さんは恐竜くんを探せの成績どんなもんですか?ぼくは9勝3敗でした。この作品で唯一面白かったパート。

 

~冬への期待~

進撃の巨人 The Final Season  A-

 バチクソ面白いんですけど何が起きているかを完全には理解できてない。エレンはなんでそこにいるんだ?あとライナー虐が行われてて笑ってしまった。

 ここからが本番って感じなので楽しみです。原作の最後までやってくれるらしいので期待せざるを得ない。

 

 

☆ヒロインランキング

※エントリーは一作品につき二人まで

この縛りを設けておかないと2位~5位がおちフルのキャラで埋め尽くされてしまうので。最初は一作品一人にしてたけど困るのでルール変更した。

 

第5位

イルマ(CV:長縄まりあ)~禍つヴァールハイト -ZUERST-~

f:id:Tatamin:20210105203524p:plain

 MWZの癒しキャラ。登場するたびに変顔してたようなイメージある。本編の中盤から参戦して途中で離脱するのかなと思ったけどイヌマルともレオとも一緒に行動をとったりしててそこそこ目立ってたうえに最後まで登場してくれて助かった。というか中盤以降シャアケが別行動をとったからほぼ唯一の女性キャラになってたけど。あとBNAのなずなもそうでしたけど非ロリボイスの長縄まりあが結構いいと思ってるので今後増えていって欲しいです。

f:id:Tatamin:20210105204119p:plain

 

第4位

イレイナ(CV:本渡楓)~魔女の旅々~

f:id:Tatamin:20210105205711p:plain

 今季わからせたいヒロインランキング第一位。自己評価が高い女の子って可愛いよな、イレイナの場合は全然嫌みっぽくなかったしなおさら。自分の容姿に自信がある一方で胸が小さいことを指摘されて不機嫌になったりしてて可愛かった。やっぱおっぱいが小さい方がこういうシーン見れてアドだと思うんだけどなあ。思ってることが表情や態度に出やすいキャラだったのでそこも可愛かったです。表情が豊かなキャラは可愛いのでね。もちろん表情をなかなか出さないキャラが時折照れたりするのもかわいい。

f:id:Tatamin:20210105210536p:plain

 

第3位

貫井はゆ(CV:白石晴香)~おちこぼれフルーツタルト~

f:id:Tatamin:20210109230008p:plain

 変態しかいないおちフルのキャラの中で数少ない健全キャラ。明るい元気キャラが時折見せる乙女な部分がたまらなくすこなのだ。赤面も泣き顔も似合いますね。あとは胸が小さいことを気にするキャラはかわいい。古事記にも書いてある。イノのことを意識してるのもいいっすね、へもっちがイノっちにイチャついてるときに嫉妬してるのが可愛すぎる。このままおちフル唯一のギリ健全キャラであり続けて欲しいな。

f:id:Tatamin:20210109231103p:plain

 

第2位

緑へも(CV:守屋享香)~おちこぼれフルーツタルト~ 

f:id:Tatamin:20210105210741p:plain

 イノ先輩を愛してやまないクレイジーサイコレズ。イノ先輩をストーキングしたりイノ先輩のタイツを履いたりといった数々の奇行が面白かった。常時目がハートなのよくないですか?思い切ったキャラデザだと思うんですけどへもちゃんらしくて好きです。あと声が可愛かった、あのかわいらしい声でガチレズとか最高やん。原作だとアニメ以上にやばいシーンが多々あるのでぜひとも映像で見たい。

f:id:Tatamin:20210105230832p:plain

 

第1位

荒垣玲(CV:本泉莉奈)~体操ザムライ~ 

f:id:Tatamin:20210105231237p:plain

 だいたいヒロインランキングつけるときって少なからず性的な目でも見てるんですけどレイチェルに関してはそういうの一切なしで純粋に可愛かった。めちゃくちゃいい娘さんだよな。見てるこっちまで父性をくすぐられました。個人的に好きなのはキティちゃんと遊ぶ回。普段は大人びている面が目立つレイチェルがキティちゃんと楽しそうに遊んでて癒されました。そしてなんといっても最終話の演技。あそこで大号泣しました。大女優になったレイチェルも見たいけどな~。あと、最後の成長したレイチェルがめっちゃ美人だった。前季のナツメもそうですけど成長して髪型変わってるとなんかこう…いいね!

f:id:Tatamin:20201222214411p:plain

 

カップリングランキング

 単体性能だけで考えるのではなく並びで考えるのが 大事であるというのはポケモンで学んだので今季は試験的にカップリングランキングも付けてみました。今季は百合的にもガチで豊作だった感じしますね。

 

第5位

イレイナ&サヤ ~魔女の旅々~

f:id:Tatamin:20210105232058p:plain

 

第4位

安達桜&島村抱月 ~安達としまむら

f:id:Tatamin:20210105232229p:plain

 

第3位

柊ナナ&犬飼ミチル ~無能なナナ

f:id:Tatamin:20210105232639p:plain

 

第2位

一柳梨璃&白井夢結 ~アサルトリリィ BOUQUET~

f:id:Tatamin:20210105232511p:plain

 

第1位

上原歩夢&高咲侑 ~ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

f:id:Tatamin:20210105232814p:plain

 

☆おわりに

  秋アニメが始まったころは不作とか言ってましたけど結果的には豊作だったんじゃないかと思います。これ毎回言ってる気がするな。特に今季は良質な百合が多かった印象を受けます。脳が回復していくのをひしひしと感じるクールでした。

 ちなみに2020年のアニメでお気に入りの作品を選ぶなら”推しが武道館いってくれたら死ぬ”と”おちこぼれフルーツタルト”です。この2つは原作を揃えるくらいにはハマってしまった。この2つからなんとなくぼくが好きなアニメの傾向がわかるんじゃないかなと思います。あと、2020年で最も可愛かったヒロインはレイチェルです。ここ2~3年で一番かわいかったんじゃなかろうか。

 冬は続き物は面白いのが揃ってるんですけど新規アニメでピンとくるものがないので不作になりそうな感じがします(いつもの)。2021年もたくさんのアニメとの出会いを楽しみにしつつアニメ消化を続けていきたいです。

 それでは。

 

*1:キノも女の子なんですけどね

*2:女×女は交換法則が成り立つのでmCnで計算できるけど男×男だと交換法則が成り立たないのでmPnで計算しないといけないんですよね

*3:一方の陣営の話が面白くてもう一方の話がつまらない現象

*4:これ書くまで知らなかったんですけどバレエを習ってたおかげで体が柔らかいって設定もあるらしい

*5:いきなりライバルキャラが大量に登場するせいで誰が誰だかわからなくなること

*6:親作品のばらかもんが面白かったから期待してたのに1話でクッソ寒い話を見せられてAパートで切ってしまった

2020秋アニメ中間ランク

だいたい5~7話くらいまで

 ()内の矢印は前回or前クールからのランク上昇or下降を表しています

 

f:id:Tatamin:20201114200332p:plain

↑サムネ用

 

S

 

A+

無能なナナ(↑↑)

毎回無理ゲーすぎる

 

A

GREAT PRETENDER

キャラの掘り下げもちゃんとしてくれるのがよい

安達としまむら(↓)

安達は童貞(確信)。作画と宇宙人の存在が不安要素

 

A-

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(↑)

こういうのでいいんだよ、なあサンシャイン?

呪術廻戦(↓)

戦闘が熱すぎる

おちこぼれフルーツタルト(↑)

やべーやつしかいない

 

魔女の旅々

話はキノの旅のほうが好きだけどキノよりイレイナのほうが好き

戦翼のシグルドリーヴァ

ブヒ性能@サントス

 

 

B+

ゴールデンカムイ(第3期)

茶番が面白いアニメは名作

キラッとプリ☆チャン シーズン3(↑)

ゆめ回の狂気具合に懐かしさを覚えた

憂国のモリアーティ

勧善懲悪は見ててすっきりする

禍つヴァールハイト -ZUERST-

エガオノダイカ現象*1が起きてる

神様になった日(↓)

やっとギャグから真面目な話になってきた

アサルトリリィ BOUQUET

日常回の尊さがバグレベル

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

老人ホーム

トニカクカワイイ

嫁さんがトニカクカワイイ

ひぐらしのなく頃に

わりと頭を使う

いわかける!-Sport Climing Girls-

ライフル・イズ・ビューティフル現象*2が起きてる

秘密結社鷹の爪~ゴールデン・スペル~(↑)

時事ネタが面白い

兄に付ける薬はない!4

安定の面白さ

One Room サードシーズン (↑)

富田美憂のキャラかわいかった

 

B

ご注文はうさぎですか? BLOOM(↓)

3期はいろんなカップリングを見せてくれるよね

魔法科高校の劣等生 来訪者編(↓)

さすおにはまだですか?

体操ザムライ(↓)

ニンジャが嫌い(直球)

ポケットモンスター

ゲーム本編の話をなぞるとただの薄明の翼の劣化

魔王城でおやすみ(↓)

見てると良くも悪くも眠くなる

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ(↓)

ヘスティアファミリアが出てこないシーンが微妙

ヒーリングっど♡プリキュア

敵サイドの話のほうが面白い

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(↓)

旅に出てからが本番な気がする

半妖の夜叉姫

いつの間にかみかこしのキャラがデレてた

シャドウバース

ヒイロが出ないと一気に神アニメになる

池袋ウエストゲートパーク(↓)

話が結構雑な感じする

D4DJ First Mix(↑)

ガイジ主人公嫌い

くま クマ 熊 ベアー

主人公のイキりがきつくなってきた

神達に拾われた男

リアリアはかわいい

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

キャラ同士の絡みはともかく話がつまらん

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期

隔週放送だからよく見忘れる

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい

ぼくは結構好き

 

B-

 

炎炎ノ消防隊 弐ノ章(↓)

茶番がつまらん

アクダマドライブ(↓↓)

話わからん

100万の命の上に俺は立っている

魅力的なキャラが一人もいない

キングスレイド 意志を継ぐ者たち

話がガバガバすぎる

ブラッククローバー(↓)

ま~た茶番始まったよ

まえせつ!

ギャグも話もすべってる

エタニティ~深夜の濡れ恋ちゃんねる♡~

わりと楽しんで見てる

大人にゃ恋の仕方がわからねぇ!

普通

NOBLESS -ノブレス-

世界観の説明が欲しい

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rhyme Anime(↓)

敵がどいつもこいつもかませ

それだけがネック

相変わらず話が見えてこない

ぐらぶるっ!

おもんない

レヱル・ロマネスク

おもんない

ミュークルドリーミー

おもんない

デジモンアドベンチャー

おもんない

土下座で頼んでみた

杉田がうるさいだけ

シルバニアファミリーミニストーリー ピオニー

4期はハズレ回多い気がする

 

C

ぽっこりーず

何がしたいの?

 

  面白いアニメは多いけど突出して面白いアニメがないかなあって感じ。あとは極端にきついアニメがほとんどないのが非常に助かる。どうせ全部見るんだから面白いアニメが多いよりもきついアニメが少ない方が精神衛生上ありがたい。あと、冬アニメがマジで強いので早く冬にならねえかなと思ったり。

 

☆今季ヒロイン十傑(11月)

今季可愛いキャラ多すぎて4人に絞れなかった

 

高咲侑(CV:矢野妃菜喜)~ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

f:id:Tatamin:20201108210326p:plain

Dragapult

 

貫井はゆ(CV:白石晴香)~おちこぼれフルーツタルト~

f:id:Tatamin:20201108210642p:plain

このくらいの胸のサイズが一番えちい

 

柊ナナ(CV:大久保瑠美)~無能なナナ

画像

顔芸助かる

 

駒込・アズズ(CV:M・A・O)~戦翼のシグルドリーヴァ~

シグルリのメインキャラみんな可愛いよね

 

イレイナ(CV:本渡楓)~魔女の旅々~

f:id:Tatamin:20201114194412p:plain

わからせたい

荒垣玲(CV:本泉莉奈)~体操ザムライ~

f:id:Tatamin:20201114195821p:plain

ほんまよくできた娘さんだよ

 

杉浦野々華(CV:富田美憂)~いわかける!~

f:id:Tatamin:20201114194623p:plain

小柄で元気な子って可愛いよな

 

成神空(CV:桑原由気)~神様になった日~

f:id:Tatamin:20201114195023p:plain

ローテンションな妹好きなのに出番少なすぎるし

 

リアリア(CV:桑原由気)~神達に拾われた男~

f:id:Tatamin:20201114195419p:plain

この髪型すこなんだよな(この画像だとちゃんと見えないけど)

 

日野(CV:沼倉愛美)~安達としまむら

f:id:Tatamin:20201114200123p:plain

この髪型(以下略)

 単体性能よりも並びで強いのが多い感じする。あだしまとかゆゆりりとか。要するに百合が強いクールですね。#百合えっちは健康にいい

*1:一方の陣営の話だけ面白い状況のこと

*2:他の学校のキャラがわんさか出てきて主人公チーム以外のキャラがわからなくなること

1話【2020秋】

※同ランクは50音順

 全部1話時点での感想です。

S

 

 

A+

 

 

A

安達としまむら

 やが君みたいな雰囲気重視型百合アニメ。。イチャイチャするだけじゃなくてなんというかリアルな人間関係が描写されてて質の高さを感じる。声優も強い。

 

呪術廻戦

 原作の評判がいいことは知ってたけど期待通りの面白さ。MAPPAだけあって戦闘作画もめっちゃ動いてて迫力あった。これは期待できそう。

 

A-

神様になった日

 key×P.A.第3弾。今のところギャグの印象が強いイメージ、ギャグは結構面白い。先の展開が全然読めないのもあって今後の展開にワクワクせざるを得ない。

 

戦翼のシグルドリーヴァ

 キャラがかわいい荒野のコトブキ飛行隊。キャラパの高さだけでこのランクに置いたまである。戦闘が若干物足りない気はする。

 

魔女の旅々

 イレイナがかわいい、自信満々な女の子すこ。作中の時間経過がすげえ早い、他のアニメだったら1話の内容だけで3話くらい使ってそう。作画も綺麗で世界観にあってる。

 

無能なナナ

 衝撃の1話。最後のシーンで完全にこの物語に引き込まれた感じがある。それだけに1話だけアニメみたいにならないかだけがちょっと心配。

 

B+

アクダマドライブ

 1話は完全に導入って感じだったけど期待できそうな内容。頭がおかしい連中の中に放り込まれる一般人っていう話の流れ結構すこ、一般人の声が黒沢ともよなのもいい。制作陣が同じであるダンガンロンパの悪いところが出てこなければいいが。

 

アサルトリリィ BOUQUET

 キャラ重視型百合アニメ。あらすじだけだとありふれたアニメみたいな印象だがキャラの絡みはわりといい感じ。ゆゆ様が堕ちてからが勝負。

 

兄に付ける薬はない!4

 安定の面白さ。他のショートアニメや海外産アニメも見習ってくれ。

 

池袋ウエストゲートパーク

 デュラララの元ネタだけあってデュラララみたいな感じ。1話みたいな1話完結みたいな話をずっとやってくのか本筋の話がこれから始まるのかどっちだろう。

 

いわかける!-Sport Climing Girls-

 カメラワークがえっち。えっち要素を両立させてるスポーツアニメは期待できる。それにしても始めて数日で大会出させられるのやべーよな。

 

おちこぼれフルーツタルト

 えっちなきらら。巨乳キャラだけでなくちっぱいキャラも取り揃えてるのは好感持てる。話の内容はきららの中で中の中くらい。

 

ゴールデンカムイ(第3期)

 安定枠、相変わらず面白い。ギャグや茶番が面白いから気楽に見れる。新キャラの女の子もかわいかった。

 

ご注文はうさぎですか? BLOOM

 見ててすげえ懐かしい気分になった、この世界に帰ってきたんだって感じ。2期は正直微妙だったけど5年ぶりのごちうさは普通にこころがぴょんぴょんしてしまった。

 

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

 501部隊発進しますのおかげでキャラは覚えてる(名前覚えてない)けど設定結構忘れてるわ。とりあえずキャラが揃ってからが本番。

 

体操ザムライ

 娘ちゃんが可愛すぎる。この子の存在だけでこのアニメ楽しめそう。謎に包まれた外人兄貴の動向が気になるけどMAPPAのスポーツアニメにハズレることはないだろう、多分。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

 2期は全然ダンジョン行かなかったけど早速ダンジョンで出会ってしまった。とにかくウィーネがかわいい。ダンまちはこういうのでいいんだよな。

 

トニカクカワイイ

 結構ファンタジー要素入ってる?2人のやり取りは見ててニヤニヤしてしまった。ぼくもトラックに轢かれかければ未来のお嫁さんに出会えるんかな?

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険

 ついに種﨑敦美ちゃんが全日帯アニメの主人公をやる時がきた。リメイク前のことは知らないけど結構いい感じ。冒険に出るのはいつになるんかな。

 

ひぐらしのなく頃に

 岐阜県民のくせしてリメイク前見てないので普通に楽しみ。ホラーアニメは苦手なのでちゃんとおしっこ行ってから見るようにしないとな。

(追記)

 なんかリメイクじゃなくて新作らしいんですけどもしかして過去作見とかないとまずいやつですか?

 

魔王城でおやすみ

 頭空っぽにして見るには最適のアニメ。水瀬いのりの抑揚のない声聞いてるとこっちも眠くなる。これ以上話やることないと思うけどどうやって12話持たせるんだろうか。

 

禍つヴァールハイト -ZUERST-

 ソシャゲ枠の中では結構面白いほう。キャラも雰囲気もよさげなので今後の展開も期待できそう。

 

魔法科高校の劣等生 来訪者編

 安定枠。PVだと新キャラが結構性格きつそうだったけど普通に可愛かった。早くお兄様の無双が見たい。

 

憂国のモリアーティ

 ぼくは陰者なので悪者に仕返しする系の話はすこれる。男しかいないけど雰囲気は悪くない。

 

ラブライブ!虹ヶ先学園スクールアイドル同好会

 今まではキャラの名前知ってる状態でラブライブのアニメ見てたけど今回は完全初見なのでキャラ覚えるところから始めないといけない。サンシャインが幻だったかのように面白い。あと、ふとももとおっぱいがえっち。

 

 

B

犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい

 かわいい。ショートアニメの中ではわりと好きな方。

 

神達に拾われた男

 普通に異世界の天才ショタのアニメにすればいいのになんで転生要素付けたんだろう、今後その設定が生きてくるんかな。ヒロインが登場してからが本番な気もする。

 

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

  ロミジュリ系アニメは1話を説明に使わないといけないとはいえなんかイマイチ。ヒロインの可愛いところが見られるようになったら化けるかもしれん。

 

くま クマ 熊 ベアー

 VRMMO枠。本筋の話は2話以降らしい、2話で1話をやるアニメあんま好きじゃない。ダウナー系の主人公すこ。まあ、キャラで揃わないと何とも言えんな。

 

せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期

 狂気を感じて面白いけど飽きそう。

 

半妖の夜叉姫

  1話が全部過去シリーズを踏まえた説明だった。犬夜叉見てないから助かるけど今後何してくのかわからん。

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rhyme Anime

  しょーもないことを全力でやるタイプのギャグアニメ。マイクで戦う様子はシュールなのでそこを楽しむアニメなのかもしらん。コメント付きで見たいけどわざわざニコニコに見に行くのも面倒。

 

秘密結社鷹の爪~ゴールデン・スペル~

  15分の尺がちょうどいい。内容はまあまあ面白い。

 

One Room サードシーズン

  CV富田美憂の後輩が欲しい人生だった。

 

 

B-

エタニティ ~深夜の濡恋ちゃんねる♡~

 僧侶枠が5分であることのありがたさを理解した。5分僧侶とくらべてストーリーはちゃんとしてるけどキャラが微妙過ぎる。

 

大人にゃ恋の仕方がわからねぇ!

  僧侶枠としては中の中くらい。

 

キングススレイド 意志を継ぐものたち

  ソシャゲアニメと海外産の悪いところを両方持ってる感じ。イマイチ世界観に興味をそそられないから内容が頭に入ってこない。ところで結局主人公は誰?

 

ぐらぶるっ!

  シュールギャグ路線らしい。うーん。

 

それだけがネック

 ?????。

 

D4DJ First Mix

 バンドリの悪いところを受け継いでる感じがする。主人公のおつむが足りないのが一番きつい。

 

土下座で頼んでみた

 みるタイツとか嫌パン的なのを期待してたら絵は動かないし杉田はうるさいしで微妙すぎる。

 

NOBLESS -ノブレス-

  世界観というか話の背景がいまいちわからん。それにしてもホモくさい。

 

100万の命の上に俺は立っている

  主人公に好感を持てないのとヒロインが可愛くないのとで見るところがない。久しぶりにキツイ系の異世界になるかもしれん。

 

まえせつ!

 令和の時代に美水かがみの絵をみることになるとは。ギャグはゲラゲラと同レベル。キャラパも弱く何をモチベに見ればいいかわからん。

 

レヱル・ロマネスク

 純粋につまらん。 

 

C

 

 

 突出して面白いっていうのは特にないけど全体的に平均値が高い感じ。前クールの異常生物見聞録のようなトニカクキツイ作品が(今のところ)ないのもよい。本数がやたら多いことだけがネックですが面白いアニメが多いので楽しくアニメ消化できそうです。

 

おまけ

ヒロイン四天王(1話)

駒込・アズズ(CV:M・A・O)~戦翼のシグルドリーヴァ~

f:id:Tatamin:20201019154822p:plain

 めっちゃ振り回されててかわいい。

 

イレイナ(CV:本渡楓)~魔女の旅々~

f:id:Tatamin:20201019154934p:plain

 どや顔すこ。

 

荒垣玲(CV:本泉莉奈)~体操ザムライ~

f:id:Tatamin:20201019155014p:plain

 よくできた娘さん。

 

関野ロコ(CV:久保田梨沙)~おちこぼれフルーツタルト~

f:id:Tatamin:20201019155102p:plain

 一番小さいキャラが最年長なのすこ。

 

 個人的には神様になった日の妹ちゃんに期待してる。P.A.×keyの妹キャラは死ぬ運命にあるのでぼくの心が破壊されないかが不安だけど。

私的2020夏アニメランク

 ☆はじめに

 たたみです。夏アニメも終わったので個人的なランクとちょっとした感想をまとめました。完全にぼくの主観であり、ぼくの好みでランク付けしているので「いや、それはおかしい」などのコメントはすべてNGとさせていただきます。例えば、ぼくがキャラを覚えられなかったアニメは評価が下がる傾向にあります。ぼくのアニメの評価に占めるウエイトはキャラ4、話の内容3、全体のストーリー・世界観2、作画・音楽1なのでキャラ魅力で露骨に評価が変わります。逆に話がつまらなくてもキャラがよければ不当に評価が上がります。

 そして、ぼくがアニメを大量に見るきっかけというか理由だったペリカンのアニメランキングを今後やらないということが本人の口から明らかになって相当ショックを受けました。来季からなにをモチベに生きていけばいいのやら。

 

☆ランク表 

S

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season

 

A+

デカダンス

放課後ていぼう日誌

 

A

GREAT PRETENDER

とある科学の超電磁砲T(3クール目)

 

A-

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖 、転生して子孫たちの学校へ通う~

 

B+

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED

メジャーセカンド 2nd Season(2クール目)

 

B

キラッとプリ☆チャン シーズン3

天晴爛漫!

ポケットモンスター(4クール目)

あひるの空(4クール目)

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season

フルーツバスケット 2nd Season(2クール目)

食戟のソーマ 豪ノ皿

ヒーリングっど♡プリキュア(3クール目)

Lapis Re:LIGHTs(ラピスリライツ)

ド級編隊エグゼロス

彼女、お借りします

A.I.C.O. Incarnation

モンスター娘のお医者さん

宇崎ちゃんは遊びたい!

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 2ndクール

炎炎ノ消防隊 弐ノ章

ピーター・グリルと賢者の時間

シャドウバース (2クール目)

ブラッククローバー(11クール目)

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ(2クール目)

 

B-

THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール

ジビエート

ノー・ガンズ・ライフ(第2期)

ミュークルドリーミー(2クール目)

デジモンアドベンチャー

オオカミさんは食べられたい

戦乙女の食卓

巨人族の花嫁 

うまよん

GET UP! GET LIVE!(ゲラゲラ)

別冊オリンピア・キュクロス

 

C

ぽっこりーず(2クール目)

異常生物見聞録 

 

目安

S…覇権

A+…覇権候補

A、A-…生きがい

B+…わりと好き

B…普通

B-…わりときつい

C…ちんぽ

 

☆個別感想

※ネタバレあり

 

S

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season 

 最初に言っておきたいんですけど1期の記憶の大部分が欠落した状態で見始めたんで内容の7割くらいしかちゃんと理解できてないと思います。どれくらい記憶が欠落してたかというとダフネが魔獣を作ったって話をしてるときに「へぇ~白鯨なんかもいるんだあ」ってなったくらいには記憶が欠落してました。流石に白鯨戦を忘れてたことに気付いたときはやばいと思ったね。ぼくも暴食に記憶喰われたんかな。1クール前のアニメすら内容覚えてない人間が4年前に見たアニメとか覚えてるはずがないんだから新編集版を見ておくべきだった。そんなぼくが雰囲気だけで見ててもどちゃくそ面白いんだから完璧な状態で見たらもっとすごいんやろなぁ。

 ぼくの中で一番のターニングポイントだったのはスバルの家族の話。1期見てるときはスバルの言動が鼻につくこともありましたがこのエピソードを見たらスバルの性格にも納得がいきました。これ以降スバルを見る目が変わりましたね。制作側も尺をフル活用しようとしてたあたり大事なエピソードなんでしょうね。AパートとBパートの間のCMまでカットしてたからトイレ我慢するのが大変だったけど。

 それにしても4章無理ゲーすぎません?エミリアはメンタル豆腐だし屋敷のほうも放っておくとやべーやつにぐちゃぐちゃにされるし。しかもそれを仕組んだのがロズワールっていう。ぼくがスバルだったら頭真っ白になるね。ここからどうやってまくっていくか楽しみだけどそれを見れるのは3ヶ月後。じらしスギィ!

 新キャラもいろいろ出てきましたが既存キャラの新たな一面も見れて結構驚きの連続でした。ロズワールのそれとかはだいぶビビりましたし、ベア子まわりの話もはえ~って感じ。ちなみにぼくがリゼロで一番好きなのがベア子なので本筋に絡んできてくれてありがたい。あとは病んでるエミリアがえっちだった。りえりーのああいう演技大好きなのでCVりえりーのヤンデレASMR作ってくれないかな。新キャラだとやっぱエキドナが一番印象的でした。誰にも話せなかった死に戻りの話をできる相手が見つかったときのスバルのことを思うと涙がで、でますよ。実際はエキドナもやべーやつでしたけどこのアニメはやべーやつしかいないのか?ぼくはもうオットーしか信じられねえよ。

 あとは作者の解説ツイートがマジでありがたかった。ぼくの記憶から欠落してる1期のエピソードの復習はもちろん、見てるだけではわかりづらい設定の補足までしてくれて助かりました。おじいちゃんだからこういう介護がないと内容が複雑なアニメが見れなくなってきてる。リゼロなんかはループものだし記憶の蓄積がもろ話の理解に影響してくるので解説ツイートがなかったら終わってたかもしれん。

 めっちゃいいところで1クール目が終わったのですげえネタバレ踏みたくなってるけどギリ耐えてます。ここで終わるのはずるいでしょ。冬からの分割2クール目のために仕方なく3ヶ月間頑張って生きます。あと気が向いたら1期の復習します。

 

A+

デカダンス

 設定の玉手箱。1話で「あ~進撃の巨人みたいなかんじやなぁ(適当)、立体起動装置もあるし」って思ってたら2話でぼくが思ってた世界観がぶち壊されました。あれはびっくりするわ。以降も毎話のように新しい設定が明らかになっていくのでめちゃくちゃワクワクしながら見てました。次回が気になるっていう点においては今季No.1だと思う。あとテンポがいいのもこのアニメの魅力だと思います。例えば7話のナツメがタンカーたちを説得する展開。”最終的にはみんな協力してくれる”っていう(メタ的な見方をしたら)わかりきった結果があるわけですがそこまでの説得の過程にグダグダ時間を使わずにパパっと終わらせたりしてくれるのは助かります。ぼくたちが本当に見たいシーンにちゃんと時間を割いてくれるのはほんとありがたい。普通なら説得だけで話またぎそうだよな。

 ぼくらは神の視点からアニメを見てますけど、カブラギさん視点とナツメ視点で見てみると見えてる状況が全然ちがいますよね。カブラギさんの言い分もナツメの言い分も理解できるからどっちに肩入れするか悩ましい。カブラギさん視点で見てみればただ死にに行くだけの戦いでもナツメ視点から見れば戦いを終わらせるための戦いなわけで。このもどかしさもいいよな。それにしても冷静に考えてみるとナツメ視点だと何が起こってるのかわけわかんないよな。それでもカブラギさんに協力しようとしてるのは信頼の証なんでしょうね。

 キャラもいいですよね。カブラギさんはナツメのこと大好きすぎるよな。ナツメの言葉を心の支えにしてるところとか見ると”こんなん恋じゃん”って思ってしまう。ナツメもカブラギさんのおかげで変われて、カブラギさんもナツメに救われた。いや~いいよな~(語彙力の喪失)。

f:id:Tatamin:20200927014735p:plain

最終決戦後に本体とご対面。ここの「ありがとうございました」で泣いてしまった。

サブキャラも魅力的でした。個人的にはドナテロがすこ。ああいうキャラがいてくれると頼もしい。あとジルもすこ。どうでもいいけどジルの声が村瀬迪与なのめっちゃしっくりきません?リトウィのスーシィとかBNAのマリーもそうだけどこういうタイプのキャラにすげえしっくりくるんだよな。

 あと作画もめちゃくちゃよかったですね。戦闘シーンは立体起動装置もどきを使ってるだけあってめちゃくちゃ躍動感がありました。3話とかただの修行回なのにめっちゃ動いてたし。戦闘だけじゃなく会話のシーンも雰囲気が出てました。7話のカブラギさん(仮の姿)とナツメのやり取りとか。本人がその場にいないと思いながらしゃべってる内容が本人に届いてるっていうシチュエーションすこ。

f:id:Tatamin:20200927013542p:plain

作画も演出も神。この涙を見てカブラギさんが決意を固めるのもいい。

 最終話のエピローグもいいすね。ギアとタンカーが共存する世界が見られたのはもちろん、成長したナツメの姿が見れて嬉しかったです。めっちゃ可愛かった。

f:id:Tatamin:20200927015255p:plain

髪伸ばしてるのイイ!

そんでもって、最後のシーンですよ。物語はやっぱハッピーエンドじゃないとね。

f:id:Tatamin:20200927015012p:plain

こんな感じで最後に姿だけ昔に戻る演出ほんますこ

 

放課後ていぼう日誌

 ジェネリックきらら。おっさんの趣味をJKがやるアニメは名作になりがち(例1例2)ですがこのアニメも名作になってしまいましたね。春から放送延期してた作品でしたが、放送再開後に”延期前こんなにおもしろかったっけ?”ってなりました。延期前はB+に置いてたのが信じられないですね。

 ゆるキャンもそうですが、ちゃんと解説を挟んでくれるのはありがたい。ただ釣り方を教えるだけじゃなくて理屈も絡めた説明には説得力があります。なるほどな~って言いながら見てました。今作では陽渚が初心者代表として聞き役に回ったり、ときには失敗から学んだりと視聴者と一緒に成長していく感じがありました。まあ、ぼくは実践をしてないので成長はしてないんですけど。

f:id:Tatamin:20201011230459p:plain

回を重ねるにつれて成長していく陽渚ちゃん。時折見せるレイプ目もよかった。

 ジェネリックきららだけあってキャラもかわいい。最初は なし崩し的にていぼう部に入れられた陽渚が回を重ねるにつれてどんどん釣りが好きになっていく様子を見ているとこっちまで楽しくなります。陽渚ちゃんを見てると自分も釣りしたくなっちゃうよな。個人的に好きなのは陽渚と夏海の絡みというかじゃれあいというか。キャッキャウフフするんじゃなくて時には煽りあったり時には照れあったりしていてなんというかこうよかったです(語彙力の喪失)。こういうやり取りとか見てると友達って感じするよな、ぼくは高校時代友達いなかったから知らんけど。先輩2人もいいキャラでしたね、頼りになる先輩っていいよな。ただ、顧問の先生だけは好きになれなかったけどな!

 あと、このアニメどちゃくそ飯がうまそうなんだよな。飯をメインテーマにしてる食戟のソーマや戦乙女の食卓よりも飯がうまそうでした。作画はもちろんなんですが雰囲気が飯をよりいっそううまそうに見せてるんだろうなと思います。釣った魚を調理して食べるっていうシチュエーションだけで腹減るもんな。

 キャラよし雰囲気よし話よしで文句なしの日常アニメでした。ここまで終わった後に喪失感のある日常アニメも久しぶりかもしれない。あとこのアニメのOPめっちゃよくないですか?歌も映像も。なんというかすごく懐かしい気分になるんですよね。あれはいったいなんなんでしょう。

 

A

GREAT PRETENDER

  2クールアニメで全5章らしい。1クール目は3章開始のあたりまで。詐欺師のアニメなんですけど、劇中の登場人物だけでなく見てるこっちまでもが騙してくるのはやべーよ。何度「お前もグルだったのかよ!」となったことか。CASE1でシンシアがグルだとわかったときとかおったまげました。もう何も信じられねえよ。

 そんな感じでどこまでが筋書き通りなのかわからないのも面白いですがオチも後味が悪くないようになってるのがいい。CASE1だとサラザールに救いの手を差し伸べたり、CASE2だとルイスとクラークに真剣勝負させながらちゃっかり金だけは頂いていったり。ローランも「悪党しか騙さない」って言ってましたが見てて爽快でした。そんでもって人間ドラマの要素もあり、回を重ねるにつれてどんどんキャラクターが好きになっていくのを感じました。

 それにしてもエダマメはいいように使われてますね。エダマメが余計なことをしようとしてもそれ込みでローランが作戦を立ててるし、どこまでエダマメの行動を把握してるんだろうか。ぼくは一人のキャラが暴走して作戦がめちゃくちゃになる展開が苦手なんですがこのアニメについてはそんな心配をしなくても大丈夫そうです。詐欺師のアニメなのに見てて安心感があるのはどうなんだ?あと、CASE2終盤以降のアビーめっちゃかわいくないですか?ぶっきらぼうでエダマメにもきつく当たってたのにCASE2でいろいろあってからだいぶ丸くなりました。普通に二人で出かけてるしあんなんデートですやん。こういう性格の変化いいよな。あと、デカダンスのナツメと同じく時間があいたあとに髪型が変わってるのいいよね。

綺麗な大人の女性って感じ

 2クール目も楽しみです。

 

とある科学の超電磁砲T(3クール目)

 コロナのせいで全25話なのに9ヶ月もかかってしまった。前クールが神がかってたのもあって若干見劣りしてしまいましたがそれでもかなり面白かったです。1期が安土桃山時代に放送されていた太古のアニメとは思えない。

 前半は天賦夢路編の話を少しずつ進めながらのキャラの個別エピソードをやってました。ぼくが一番気に入ったのは黒子のエピソード。めっちゃカッコよかった。ぼくが超電磁砲で一番好きなキャラが黒子なんですが「やっぱ黒子なんだよな」と改めて好きになりました。

これはマジ

 で、ついに操歯さんが登場したわけですがなんとCVが種﨑敦美ちゃん。いいね。ドッペルゲンガーとの演じ分けもうまくて「やっぱ種ちゃんなんだよな」ってなりました。操歯さん自体も結構かわいかったです。ドッペルゲンガーのほうも最初は暴れまわってる様子を見て「ドッペルゲンガーこっわ」と思ってましたが、ドッペルゲンガー自身も苦悩があったことがわかると何とも言えない気持ちになりました。自分が本物じゃないと分かったときのショックはでけえよなぁ、ロボとーちゃんを見たときも似たようなことを感じました。最終的にはドッペルゲンガーは機能停止し、体の一部が負傷した操歯さんに移植されることになりましたが、ちゃんと意識は残っていて操歯さんの夢の中に現れてダメ出しや黒歴史を喋ったりするようになりました。こういう明るいオチだと後腐れなくていいですね。

 超電磁砲は話も面白いですけどブヒ性能が高いのがいいところだと思います。今シーズンだと屍喰部隊の4人は一方通行で見たときよりもかわいく感じました。まあ、一方通行と違って話面白いから印象に残ったからっていうのがでかい気がするけど。あとは、3期全体を振り返ると食蜂操祈の株が爆上がりでした。ほんといいキャラしてる。御坂美琴と普段はちょっかい掛け合いながらも共闘するときは互いの実力を認めてるのいいよな。この2人が手を組んでたら勝てねえよ。食蜂関連でいくとドリーと看取と一緒に水族館に行ってたシーンもすこ。あの3人の関係尊い。この3人のエピソードが強すぎるんだよな。

f:id:Tatamin:20201008221152p:plain

それにしても看取さんえっちな格好してますね

 爆死した禁書や一方通行とちがって超電磁砲の3期は大成功だったと思います。最終話で初めて知ったんですがタイトルのTはthirdのTなんですね。そういえば2期のタイトルにはSがついてたような気がする。ということは次はFですね、何年後になることか。

 

A-

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖 、転生して子孫たちの学校へ通う~ 

   このアニメ1~2話とそれ以降で印象が180度違うんですけどぼくだけですか?1話見たときとかギャグアニメかと思いましたもん。心臓の鼓動で攻撃するシーンは今季で一番笑ったかもしれない。

 最近の無双ものの主人公は「また何かやっちゃいました?」タイプが主流な感じしますがアノス様は自分の実力に絶対の自信を持ってるのがいい。力を持つものは常に自分のことを最強だと思っててほしいんだよな。しかもそれでいて優しくて家族や仲間のことをすごく大事にしてるのもいい。息子ラブな両親に辟易することなくその愛情を受け入れてるのはある種のギャップ萌えかもしれない。それに加えて自分が認めた仲間たちのことを大切にするのもかっこいいんだよな。一番印象に残ってるのが7話のファンユニオンのメンバーの名前を聞くシーン。母親のことを命がけで守ってくれたファンユニオンのメンバーに対して「お前たちの名を聞こう」からの「お前たちの名を、俺は生涯忘れぬ。大儀だった」ですよ。かっこよすぎるんだよな。ファンユニオンからしてみればめちゃくちゃ嬉しいでしょこれ。無双系主人公の言動はどこか鼻につくことが多いですけどアノス様は終始ずっとかっこよかったです。すべてのセリフがかっこいいんだよな。ストレスフリーの無双モノで主人公がカッコいいとか非の打ちどころがないでしょ。

 最強の主人公の取り巻きはそれに釣り合うくらいの魅力がないといけないわけですがこの作品は取り巻きも魅力的でした。まずヒロインが可愛い。ミーシャとサーシャの姉妹百合の話とか尊すぎて浄化されてしまった。自分は複製だからと存在が消える覚悟をしているミーシャとわざと冷たい態度をとって嫌われることで魔法を発動してミーシャのかわりに消えようとするサーシャ。いやーいいね。ミーシャがサーシャのことが好きなのは結構描写されてましたけど今まで冷たかったサーシャが実はミーシャのことが大好きだとわかったときは今までの行動の理由が明かされたこともあってばちくそエモかったです。しかもそのあとのアノス様ですよ。「そういえば適性検査の時、こんな質問があったな。力はあるが魔王の適正に乏しい娘と力はないが魔王の適正に長けた息子がいるとする。2人が死にかけていたとすれば、どちらを救うべきか。俺の答えは両方救うだ。」かっけえ…。1話の質問の伏線を回収しつつ2人を救うアノス様はばちくそカッコよかった。この回でこのアニメの評価が爆上がりしました。

サ「わたし…ミーシャに生きてほしかった」

ミ「わたしも同じ。サーシャに生きてほしかった」

サ「大嫌いなんて言って…ごめんね」

男キャラも魅力的でレイとかめっちゃいいキャラしてました。無双モノの親友ポジは主人公に張り合うことができる実力を持っててほしいよな。作中でいろんな理由で何回か戦うことになるんですがその戦闘がかっこいい。作画がいいとかそういうのじゃなくて展開が熱い。戦う理由というか信念がある者同士の戦闘は見てるこっちまで熱くなってしまいます。あと、レイとミサがイチャイチャしてるのもよかったです。サブキャラの恋愛描写大好き侍なので。

 とにかくアノス様がかっこよかったに尽きると思います。無双モノの主人公はこうあるべきなんだよなぁ。アノス構文は今後使っていきたいよね。「殺したぐらいで俺が死ぬとでも思ったか」「時間をとめたぐらいで俺の歩みを止められるとでも思ったか」みたいなやつ。ほんまかっけえよ。

 

 

B+

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

 1期が7年前で2期が5年前ですって。時が経つのは早すぎる&続編出るまでが長すぎる。高校時代アニメ見て原作読んでた作品が終わりを迎えるのは寂しいものがありますね、ぼくの青春だったので。

 はまち*1の一番の魅力はキャラ同士の軽快な掛け合いだと思ってるんですが、3期ではあまりそれが見られなかったのが少し残念、というか終始話が重い。重い話が嫌いとかそういうわけではなく、はまちに求めてるものではないんだよなっていう感じです。中盤とかすげえギスギスしてたしな。そのわりにプロムの問題があっさり解決して腑に落ちなかったり。

 3期だけ見ると微妙な感じですけど”はまち”という一つの作品の一部として見ると面白かったです。ゆきのんへの告白シーンとか2人ともめんどくさい感じがはまちらしかった。ぼくはガハマさんとくっつくべきだと思っていた人間だったんですがあの告白シーンとそのあとのイチャイチャシーンを見たら文句いえないじゃんね。

f:id:Tatamin:20201015115927p:plain

もはや別人

欲を言えばもうちょっとイチャイチャシーンを見たかったなあ。今までとのギャップも含めてめっちゃよかった。とはいえ3期はゆきのんよりもガハマさんのほうが出番が多かったから納得いってないところもあるにはある。ガハマさんがお手本のような滑り台だったのは悲しい。ぼく勉のうるかもそうだったんですけど出番が少なかったキャラが最終的に選ばれるのはなんか腑に落ちない。まあタイトルで間違っている青春ラブコメって言ってるしな。ちなみにぼくはいろはす派です。小悪魔系後輩キャラすこ。

 まあいい感じに纏まったんじゃないかと思います。丁度2期の範囲までしか原作読んでなかったので3期の分も原作読みたいなと思ったり。まあ週に50本近くアニメ見てたらラノベなんて読む時間ないんですけどね。

 

富豪刑事 Balance:UNLIMITED

 春からの延期枠。ノイタミナってホモアニメの印象が強いですが、人間ドラマをやらせると内容がホモでも面白くなる感じがします。まあ、BANANA FISHのことなんですけど。とはいえホモ要素を前面に押し出しすぎてただのホモアニメになる作品もあるわけですが…。

 なんか刑事ドラマを見ている気分になりました、まあ刑事ものなんだけど。普通にドラマとして放送されててもおかしくない内容だったと思います。ミサイルぶっぱなしてたりパワードスーツみたいなの着てガチの戦闘したりしてたから実写でやるのは無理そうやな。 

 最初の頃は神戸警部にあまりいい印象がなかったんですが回を重ねるにつれてなんというか人間らしい一面も見せるようになってきてから印象が変わりました。このアニメに限らずキャラの内面が見えてくると話が面白くなってきますね。正義感の強い加藤警部補との対比もいい味出してます。最初は反発しあってた二人が協力して事件解決に向かっていくのは定番とはいえいいですね。10話で神戸警部が加藤警部補を奮い立たせてたのはシビれたね。

f:id:Tatamin:20201008222629p:plain

「お前はずっと公務員である前にヒーローだったじゃないか!お前の仕事は正義をなすことだ、加藤警部補!」この言葉が神戸警部から聞ける日が来るとはね。

あとは長さんがカッコよかった。散り際までかっけえのはずるい。というよりこの3人以外のメンバーの印象がほとんどないけど何かしてたっけ?

 ノイタミナの中でも久しぶりの当たりだったと思います。ノイタミナって知名度はあるけど内容にだいぶ振れ幅ありますよね。下振れるとマジでおもんないし(例1例2)。変なキャラモノをやるよりもこういう人間ドラマみたいな作品のほうが安定してるよね。

 

メジャーセカンド 2nd Season(2クール目)

 勝ち試合しかないシャドバや負け試合しかないあひるの空と違って程よく勝って最後に接戦の末敗れるっていうのは見ていて楽しいし納得のいく感じの流れでした。

 ちゃんとチームメンバーそれぞれにスポットがあたるのはいいですね。特にメンバー間で意識の差があるのはなんかリアルでした。普通は太鳳みたいなメンバーがいてもおかしくないよな。やる気がないわけではないけど冷めた感じのキャラ。全員が高みを目指す感じなのも好きですがこういうのも好きです。そんでもってメンバーにそれぞれ個性があるのがいいですね。沢さんとかマジかっけえよ、安心感がやばい。あとは関鳥の意外な特技とか仁科のポンコツぶりとかみてて楽しかったです。ぼくが一番楽しみにしてるのは大吾と睦子の絡み。昼休みに教室で一緒に弁当食べてたし絶対周りから付き合ってると思われてるでしょ。大吾が鈍すぎるのもあって恋人関係になるのは想像できないけど。ちなみにぼくが一番好きなのは千里です。あの小悪魔的な感じがいい。ああいう子に手コキされながら言葉責めされたい、されたくない?あと、個人的には眉村道塁のその後が見れてよかったです。いい仲間を持ってて俺嬉しいよ。大尾中戦は手に汗握る戦いで面白かったです。最後睦子のエラーで終わったらどうしようかとひやひやしてたのでホームランで終わったのはある意味救われました。

 コロナのせいで実はまだ終わってないという。これ以上話が大きく動くことはなさそうだけど何するんだろう。

 どうでもいい話なんですが放送局がEテレなせいで着替えシーンがめっちゃ簡素なんですよね。なあNHK、こういうアニメで性教育をしていくのが大事だと思わないか?

 

B

キラッとプリ☆チャン シーズン3

 春はコロナで放送延期していたので久しぶりのプリチャン。シーズン2はBSで見てたんですがBSテレ東がプリチャンの放送をやめたので1年ぶりにニコニコで見るようになりました。それで思ったんですけどやっぱコメントがあるだけで面白さが段違いですね。女児アニメは全国の女児たちと一緒に見てこそだと改めて感じました。シーズン2もニコニコで見てたらもっと楽しめてたんやろなぁ。

 今シーズンからマスコットキャラが追加されました。そのマスコットキャラがめっちゃかわいい。個人的に推していきたいのはラビリィ。人間体がギャルっぽい見た目ですが中身は寂しがり屋の苦労人、人じゃないけど。見た目とのギャップがいいんだよな。

f:id:Tatamin:20201008223703p:plain

左からメルパン、ラビリィ、キラッchuの人間体。EDかわいいよね。

そんでもってマスコットのキャラソンの”キラッと☆プリチャンランド”にハマってしまった。早く3人で一緒に歌うところが見たいぜ。あと早くCD出してくれ。

 それにしても相変わらず曲とライブシーンが最高ですね。プリチャンに目が慣れると深夜アニメのライブシーンがしょぼく見えてしまうんだよな。Lapis Re:LIGHTsもだいぶえっちだったけどプリチャンのほうがライブ映像だけでなくえっちポイントでも勝ってる気がする。リングマリィの新曲とかあんなん女児に同性婚の選択肢を植え付けようとしてますからね。

 キャラも一通りそろったので今後も楽しみです。全国の女児たちと一緒に応援していきたいと思います。

 

天晴爛漫!

 春からの延期枠。最近のP.A.のオリジナルアニメがうんちだったのもあってあまり期待していませんでしたが最終的には結構よかったんじゃないかと思います。絶対ただのホモアニメになると思ってたのにふたを開けたら良質なホモアニメでした。

 このアニメのあらすじを読むと「なるほど、レースアニメか」と思うかもしれませんが実はレースアニメじゃないんですよね。ぼくも序盤はレースアニメだと思ってたので終盤にレースが中断されて肉弾戦が始まったときは頭を抱えましたが後から思えば単純にレースするよりも展開としてはよかったと思います。というのもこのアニメの本質はレースじゃなくて天晴が人の心を取り戻す過程だからです。最初はからくりをいじることばかり考えていて自分勝手な振る舞いが目立っていましたが、小雨やレース仲間との関わりの中で徐々に人間らしくなっていきました。小雨が撃たれて倒れたときの様子とかまるで人間であるかのような振る舞いをしてて「誰?」ってなりましたもん。最終的には小雨に好意を寄せちゃってるし。このアニメのメインテーマは天晴の成長記録で間違いない。天晴の人間性が改善されるにつれて内容も面白くなっていったように思います。そんでもって前半のレースしてる場面よりも終盤のギルとその手下たちと戦ってるシーンのほうが圧倒的に面白かったです。とはいえ序盤の展開なしではこの話は成立しないので、天晴爛漫は前菜がレース、メインディッシュが天晴の成長記録、デザートがVSギルっていうコース料理だったというわけですね。この例え意味分からんな。

 終盤の戦闘シーンも結構動いてて見ごたえがありました。今季はジビエートとかいう紙芝居アニメがあるせいで少しでも戦闘シーンが動いてると神作画に見えてしまうっていうのもあるけど。小雨が銃弾を刀で防いでたのはめっちゃカッコよかった。他のキャラの戦闘シーンもいい感じだったのは個々のキャラにちゃんと魅力があったからだと思います。中盤までにレースのシーンを削ってでもキャラ同士のやり取りに時間使ってたのはいい判断でしたね。

 それにしても拉致されたソフィアがめっちゃえっちじゃありませんでした?不覚にも興奮してしまった。

f:id:Tatamin:20201008224237p:plain

なんでこういう場面で悪役たちはレイプしようとしないんでしょうね

 くそどうでもいい話なんですが、1話からずっと「ホトトが女の子だったらなあ」と思ってるんですけど絶対同じこと思ってる人いると思うんだよな。ホモカップルに同行させるべきなのはショタじゃなくてロリであって欲しいんだよなあ。

 

ポケットモンスター(4クール目)

 クールを重ねるにつれてだんだん面白くなってきてる感じします。とはいえ回ごとに当たりはずれがでかいので印象に残った回をピックアップしていこうと思います。

28話「めそめそメッソン」

 メッソンがとにかくかわいい。この回以降ゴウが連れ歩くようになりますが映るたびにかわいいので清涼剤になります。CVが千本木彩花なのもgood。

31話「ヒンバスのきれいなウロコ」

 ポケモンのメディアミックスのヒンバス回にハズレはないってそれ一番言われてるから。ポケスペでルビーのヒンバスミロカロスに進化するシーンが涙なしでは見られないことは有名な話ですがこの回もウルっときてしまった。こういう”そのポケモンじゃないと成立しない回”みたいなのは見てて面白いよね。

33話「ポケモン交換しませんか?」

 ゲストキャラのCVが日高里菜でテンション上がってしまった。ゾロリもそうですけどキッズアニメのゲストキャラでパワーが高い声優が登場すると嬉しくなってしまう、声豚なので。

37話「ただいま、はじめましてアローラ!」

 過去キャラ登場回その2。過去キャラが元気に過ごしてることがわかるだけでもうれしくなっちゃうよな。終始ゴウが彼氏であるサトシを取られて嫉妬してるのが気に食わなかったことを除けばめっちゃよかったです。それにしてもZワザを久しぶりに見た。

39話「サトシ対サイトウ!攻略たこがため!!」

 サイトウとのリベンジマッチ、よりも大事なのはシジマの再登場。コルニ→アローラ組ときて3回目の過去キャラ回がシジマとはだれが予想できただろうか。しかも一枚絵ですが回想でニョロボンVSベイリーフが映るというファンサ付き。そうだよ、こういうのでいいんだよ。それにしてもやっぱサトシのバトル回は見てて楽しいですね。

f:id:Tatamin:20201008224651p:plain

サトシのベイリーフかわいかったなあ。

 何回見ても思うんですけどハズレ回って基本的にゴウがメインの回なんですよね。いつまでたっても好きになれない。最近はゴウのゲットノルマをカットしてくれるようになったのでそれに関しては助かってます。あと、モブの女の子に成り下がってたコハルにもちょくちょく出番が回ってくるようになりました。サトシとゴウのホモカップルばかり見せられても面白くないのでどんどんコハルや過去キャラに出番をあげて華やかにしていってくれればなと思います。ざーさんがインタビューで「コハルに出番をください」って言ってた時は涙が出たゾ…。

 

あひるの空(4クール目)

 とうとう最終クール。4クール目はずっと横浜大栄との試合との試合をやってました。前からモノローグを含めてプレーがかっこいいみたいなことを言ってたんですが今シーズンに関して言えば”敵チームの”プレーがモノローグを含めてかっこいいでした。というかゲームの展開的に横浜大栄のほうが主人公してませんでした?クズ高が一回ファインプレーをすると即座に大栄側が三回くらい神技を披露してたような気がします。そりゃクズ高は勝てんわな。最初から勝てるとは思ってなかったけど最終クールにここまでボコボコにされてるのを見ると胸が痛くなりました。大栄相手によくここまで頑張ったってとらえるべきなんでしょうけど流石に一年間放送してて一回も勝ってないのはなあ。ヒイロくんの爪の垢を煎じて飲ませてあげたい。

 とはいえメンバーの成長は要所要所で見れたのでよかったです。トビ君とか最初は一匹狼みたいな感じでしたけど今ではチームメイトのことを信用してプレーしてるのを見るとなんだか嬉しくなります。キャラ魅力っていう点から見るといいアニメだったと思います。まあ、最終クールで一番カッコよかったのは五月先生なんですけどね。

 ところで円さんがよくわからんチャラ男とデートするシーンいる?百春を振っといてあんな男とえすいばつ*2するのかよ、しかも百春が大事な試合やってるときに。これのせいでぼくの中の円さんへの評価がかなり落ちました。もう奈緒ちゃんしか信じられねえよ。

 4クールかけてやっとスタートラインに立ったって感じなんですけど続きやるんですかね?そろそろクズ高が勝つところを見たいので続き見たいけどなあ。

 

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season

 1期のころは面白くないって感想を書いた覚えがありますが2期になってかなり面白くなったと思います。ヒロトの回想がかなりいい感じでそこから追い上げてきた感じですかね。今季は回想シーンを(頻繁に)挟むアニメが多いですが回想シーンに限って言えばこのアニメが一番だったと思います。

 1期の頃面白くなかった一番の要因がキャラ魅力のNASAなんですが、2期ではそれぞれのキャラの成長が描かれていてキャラ魅力が出てきてたと思います。特にカザミの成長は見てるこっちもうれしくなっちゃいました。1期の頃はただの口だけ野郎でイライラしてましたが今では一番好きなキャラかもしれない。この作品に限らず、こんな感じで成長を描きたかったからとはいえ最初の印象が悪すぎるのはよくないよなぁと思うんで成長前提のキャラでも初期性能をそれなりにするか成長速度を早くするかして欲しいなと常々思います。カザミ以外のキャラも物語を通してかなり愛着が湧きました、1期のころはあんなにボロクソ言ってたのにね。あと、ぼくはロボに疎いので素人意見なんですけど1期よりも2期のほうが機体がカッコよかったです。

 個人的に激アツだったのが終盤に前作のキャラが大量に登場したシーン。最終決戦に向けての練習相手としてマギーさんが呼び寄せてくれたんですが懐かしくて泣いてしまいました、泣いてないけど。ビルドダイバーズが本物のビルドダイバーズと会うシーンは1期の頃から見たかったのでそれが実現したのもうれしかったです。思ってたよりもあっさりしてたのが少し残念でしたが、過去作の主人公たちが再登場するって展開はそれだけでワクワクしてしまいます。何よりサラとアヤメさんを再び見ることができただけでこのアニメを見てきた甲斐がありましたね。最終決戦の総力戦も見ごたえがあってよかったです。ちゃんと今まで積み上げてきたものが活かされてたと思います。

 そんでもって最後のメイのシーン。上着を脱いだメイの腕にはイヴのイヤリングが…。

f:id:Tatamin:20200830212731p:plain

このシーン赤ちゃんにおっぱいあげるのかと思って期待してしまったんだよな。

 ヒロトが探していたイヴが実は近くに(転生して)いたというね。前後の会話と合わせて思わず泣いてしまいました。こういうのいいよなあ。

f:id:Tatamin:20200830212815p:plain

ぼくも泣いた。

こうやって最初はおもんなくても最後は「今まで見てきてよかった」と思える作品もあるからおもんないアニメでも切れないんだよな。まあほとんど最後までおもんないんだけど。

 一つ心残りがあるとすればヒナタのアバターがめっちゃ可愛かったのに最終話のラストでしか見れなかったという点。

f:id:Tatamin:20200830213011p:plain

巫女っぽい服すこ。

ぼくの初恋がジムリーダーのエリカであるというのは無名な話ですがそれ以降和装キャラが大好きなんですよね。これが毎週見れてればもっと評価上がってたのになぁ。まあ、彼女は現実世界のほうで大事な役割があったのでしゃーないんですけど。

 

フルーツバスケット 2nd Season(2クール目)

 通算4クール目、由希の生徒会活動が始まったあたりから。生徒会のノリが厨病激発ボーイそのものだったときは寒気がしましたがそれ以外の話は結構面白かったです。前クールでも書いたような気がしますがこのアニメは全体的にサブキャラの話のほうが面白いような気がします。今回だと依鈴や真知の話なんかが結構好きでした。まあ要するに女の子がメインの話が好きってことですね。女の子の話以外だと紅野さんの葛藤とかは考えさせられました。ぼくは慊人なんか見捨てて自由の身になればいいのにと思うんですけどそうもいかないんやろなあ。

 今回のクールは今まで以上に由希の成長が顕著だったように思います。母親との関係であったり慊人に少しばかり抵抗してみたりと少しずつ成長してるのが見てとれます。ぼくはどっちかっていうと夾くん派だったんですけど最近は由希くん派に鞍替えしました。それにしても透の影が薄くないか?物語にはちゃんと絡んでるとは最近出番が少ない気がする、主人公なのに。

 それにしてもいつになったら慊人はお灸をすえられるんですかね。いくらなんでも横暴が過ぎる。メスガキならまだしもオスガキには興味ないんだよなぁ…と思っていたらまさかのメスガキだったという。最終話までずっと男だと思ってた(というより女だと思わなかった)ので普通に度肝を抜かれました。こうなったらメスガキわからせ棒でわからせる展開がないのは不作法というもの。それはさておき”実は女だった”って要素が今後どう絡んでくるのか気になります。でもやっぱわからされるくらいしか女であることを活かせる展開ないと思うけどなぁ。

 終盤に向けて盛り上がってきてるところなので来年の最終シーズンが楽しみです。原作の最後までアニメでやってくれるらしいのでここからどうやって風呂敷を畳んでいくのか気になります。

 

食戟のソーマ 豪ノ皿

 春からの延期枠。2015年から長いことやってきたソーマもついに完結。とはいえ、4期で薊を倒したところで終わっとけばよかったのにと思いながら見始めました。実際、原作勢が「BLUE編は蛇足」って言ってるのを見て「まあ、そうだよな」と思いながら見てました。最後まで見た感想としては「BLUEの話は別にいらなかったけど薙切の母親のエピソードはよかった」って感じですかね。

 5期になってとうとう異能バトルみたいなことし始めたときは「落ちるところまで落ちたな…」と思って失望してました。チェーンソーで料理は流石に草生える。蛇足感も相まって序盤は結構怪しかったです。唯一よかったところがあるとすれば井口裕香のキャラが可愛かったということ。このキャラのために見てたまである。食戟もまあいつも通りの出来レースだったので特に盛り上がることもなかったです。司パイセンには最強でいてほしかったけどなぁ。それにしてもソーマの料理ってそんなにおいしそうに見えなくないですか?凡人にして見ると見慣れた料理にちょっと工夫が凝らされてるくらいのほうがおいしそうに見えてしまう。ちなみにぼくが一番うまそうと思ったのは1期の再序盤の化けるふりかけご飯。あれはマジでうまそうだった。

f:id:Tatamin:20200929173345p:plain

1期の再序盤のやつ。煮凝りというかジェル状の出汁ってめっちゃうまそうに見えません?

 とはいえ、終盤の薙切まわりのエピソードはよかったです。これ見てると薙切にとって創馬との出会いは薙切の人生に大きな影響があったということを改めて感じました。作品の最後にこのエピソードを持ってきたのはよかったんじゃないかと思います。そう考えるとBLUE編は必要だったのかもしれない。

 はまちといいソーマといい途中まで原作を集めていた作品が終わるのは寂しいものですね。ソーマは薊が出しゃばってきたあたりから見限ってたんですが最終的にはきれいに纏まったんじゃないかと思います。でもやっぱ途中から明らかに面白くなくなったよなあ。

 

ヒーリングっど♡プリキュア(3クール目)

 春はコロナ禍の中で2ヶ月以上放送延期してたので久しぶりのプリキュア。日曜に早起きしなくてもいい生活もよかったですがやっぱ日曜の朝はプリキュアがないとな。ぼくは平日は9時起床なのでプリキュアを見ないといけない日曜が一番起床時間が早いという。

 ついに追加戦士のキュアアースが登場ということで。追加戦士が人間じゃないタイプは最近の流行りですね。既存の3人との交流で人間の感情を少しずつ理解していく様子はハグプリのルールーを思い出します。ヒープリが終わるころには人間の感情をマスターしてるんですかね。ラテがパートナーということで「ビョーゲンズ出てきたらラテは体調崩すのに変身できるのか?」と思ったりもしましたがそのへんは大丈夫みたいです。

 それにしても寝ぼけながら見てるせいか内容が頭に残ってない。そりゃ土曜深夜26:30までアニメ見てから8:30起床してるんだから眠いわけだ。秋は27:00までアニメがあるのでちゃんと起きられるか心配です。

 

Lapis Re:LIGHTs(ラピスリライツ)

 美少女動物園。最初にOP見たときにイントロに大量の女の子が出てきて思わず「あーそういうやつね」と察しました。美少女動物園が嫌いってわけではないんですがキャラが多いと覚えられなくてストーリーを理解できなくなるっていうのを今まで散々経験してきたので苦手意識が先行してしまいます。案の定7ユニット25人という大所帯なので最終話までにキャラを覚えきることはできませんでした。新人声優が多いというのもあって声でキャラを識別しづらいっていうのもなかなか厳しい。この作品に限った話ではないですが、キャラが多くてユニットとか派閥とかがあるアニメでは毎回キャラの名前と所属のテロップを入れてほしいと常々思うんですがいかがでしょうか?魔王様、リトライ!みたいに。あるいは常にクソデカゼッケンを身に付けといてくれてもいいぞ。まあ、公式サイト見ながら逐一キャラを確認しろと言われればそれまでですがこういうバリアフリーは大事だと思います。

 内容についてはメインユニットのLIGHTsをメインに話を進めていくのかと思っていたらわりとそういうわけでもなくむしろ中盤まで空気だったように思います。しかも他のユニットも毎話のように全員出てくるので誰が誰でどのユニットなのかわからなくなりました。制服も(色違いとはいえ)みんな同じなので区別するのが難しい。最初からLIGHTsを中心に話を進めて他のユニットは各話1~2つしか出てこないくらいのほうがキャラを覚えながら見れたかもしれない。

 で、普通に忘れそうになるんですが魔法×アイドルの謳い文句の通りこの世界では魔法が使えるんですよね。本編中でもたまに思い出したかのように魔法使ってましたがこの要素も結構空気になってたと思います。魔獣とかちょくちょく話に登場してましたけど実際に戦闘してた記憶がほとんどありませんし。日常要素を強めにしてくれるのはむしろ助かるんですがせっかく魔法×アイドルと謳ってるのならもっと魔法要素を前面に出してくれたらなと思いました。得意魔法とかあれば少しはキャラも覚えやすくなりますし。

 で、このアニメの魅力は何といっても腋でしょう。すべてのユニットのライブ衣装が腋丸出しなんですよね。ライブの規定に”腋丸出しの衣装でライブをしないといけない”というのがあるのではないかと思わずにはいられません。なんか全体的に衣装がえっちじゃありませんでした?ぼくは和テイストの衣装が好きなので”この花は乙女”の衣装が一番好き。

f:id:Tatamin:20200921223152p:plain

”この花は乙女”の楓ちゃん。全キャラの中でこの子が一番好き。

ライブシーン(中の腋)に気を取られがちですが曲もわりとよかったと思います。不自然な流れで唐突にライブを始める回もありましたが、そんな感じのことを常日頃からやってるアニメを毎週見てるのでそこに関しては特に気にならなかったです。これが慣れってやつか。

 なんやかんや言いましたが中盤以降は結構面白かったと思います。欲を言えばティアラとロゼッタの絡みをもっと見たかったなあと。2人の設定(幼なじみ、身分差etc.)だけでいろいろ話膨らませそうだよな。それにしても転校してきていきなり落ちこぼれ集団に入れられてその挙句退学させられるティアラが流石に不憫すぎる。まあ、姉の策略だったってのが後にわかるんですが。姉妹の話も最終的にはいい感じに収まってよかったです。それにしても全体的に話の内容が女児アニメっぽくなかったですか?えっちな女児アニメ。プリチャンのほうがだいぶえっちな女児アニメしてる気もするけど。

 関係なくはない話なんですが、放送中にサインこす先生のティアラのえっちなイラストを見つけて以降このアニメをそういう目でしか見られなくなりました。まあ、腋ばっか見てた時点でアレですけど。

f:id:Tatamin:20200921224720p:plain

この服すこ。えっちなイラスト見る以前からえっちだと思ってたんだよな。

あと最終話のティアラが逝ったところもえっちだった。股間でしかアニメを見れない男。

f:id:Tatamin:20200921225928p:plain

えっど

 

ド級編隊エグゼロス

 キャッチコピー見たときに天才だと思いましたね。”HERO(ヒーロー)は「H(エッチ)」と「ERO(エロ)」でできている”。こういうことを思いつけるような人間になりたいよな。

 タイトルから容易に想像できるとおり内容はえっちアニメ。えっちぃ描写は結構いい感じで普通に盛り上がりました(意味深)。最近は低品質なお色気アニメも多いのでこういうのはきちんと保護していかないといけない。ヒロインがみんな可愛かったのもよかったです。ぼくは天空寺>星乃>桃園>白雪って感じなんですけど皆さんはどうでしょう?ぼくは感情をあまり表に出さないタイプのキャラが好きなので天空寺が一番好きです。自分が好きなことになると急にテンションが上がるのがいいんだよな。キャラパ的には星乃が頭一つ抜けてたと思います。10話のいちゃいちゃシーンとか見てしまったら星乃の強さを認めざるを得ない。あとむっつりなところもかわいい、というかおませさんなロリ星乃の破壊力が半端なかったですね。えっちな女の子が嫌いな男はいないってそれ一番言われてるから。

 えっちい描写のシコリティが全体的に高かったのも高評価。例えばナマコとかはもはや王道と言っても過言ではないけどいい感じでした。

f:id:Tatamin:20200928233132p:plain

顔射。 

えっち描写はわりとテンプレ寄りだったとは思うんですがテンプレは過去の人々がそれでシコってきた実績があるからこそテンプレになってるのだからシコ性能は高いよね。えっち描写見てたらTo Loveるを思い出しました。ぼくはTo Loveるを全巻持ってるくらいには好きなのでこういう王道を往くえっち描写は推せるね。

 ただ、前半は結構よかったんですけど終盤になって急に作画おかしくなったのが残念。多少崩れるのはまだいいとしてもいい雰囲気のシーンで顔の作画に違和感があるのは流石に致命的な気がします。その作画崩壊に加えて11~12話にかけての展開の速さも気になりました。流石に駆け足すぎない?最初にOP見たときから楽しみにしてた戦闘用スーツもなんか雑な変身バンクから急に出てきたうえに星乃以外の3人の変身後の姿とかほとんど見れなかったしなぁ。あともう一つ不満点があるとするなら、チャチャは常に大森日雅の声でしゃべって欲しかった…。さらにあともう一つ不満点があるとするなら、烈斗の妹の出番をカットしないで欲しかった…。

 ところで、ぼくのなかで一番かわいかったキャラクターは間違いなく大河橙馬くんですね。

f:id:Tatamin:20200928232522p:plain

これで付いてるとか最高すぎるだろ

主人公になついてるかわいい男の子のキャラっていいよな。昔、はがないの原作を読んでるときに幸村が女だと分かったときは原作を壁に投げつけるくらい激怒した経験があるんですが、この子に関しては乳首が規制されずに映し出されてたので男の子確定ですね。やったー!

 

彼女、お借りします

 ”ラブコメは主人公の魅力で面白さが決まる”っていうのがぼくの持論なんですけどその観点でこのアニメを見るとまあだめでしたね。作品の都合上(レンカノ借りてる時点でアレだしな)主人公に常にカッコよくあって欲しいとまでは思わないけどぼくには千鶴が和也に入れ込む理由がわからない。あれなのかな、養ってあげたい的な感じなんかな。

 全体的に話が微妙というか、和也に甲斐性が無さ過ぎてうーんって感じ。ヒロインたちの魅力がこいつのクズさにかき消されてたまである。別に主人公がダメ人間でもいいけどあれじゃあ千鶴や瑠夏ちゃんがかわいそうじゃないか?最終話も千鶴にいいとこ取られてて結局見せ場なかったし。もうちょっと主人公がカッコいいシーンが欲しかったなと思います。2期ではそういうシーンが見られるといいな。

 ヒロインは結構可愛かったと思います。和也視点から見ると千鶴はいい女だよな。いい奴だし。ぼくは好き好きオーラ出してくる後輩キャラが好きなので瑠夏ちゃんもなかなか可愛かったです。もう瑠夏ちゃんでよくないか?どうしてどの世界線でもCV東山奈央のキャラは負けてしまうのか。一時期は援交してそうな声なんて言われてましたが最近は負けヒロインの声にしか聞こえない。麻美ちゃんは好きな人は好きそうなキャラしてました。Y.AOIの演技もぴったりでしたね、二面性があるキャラの演技がうますぎる。見てる分にはいいけど実際にいたら怖いよなあ。

 ぼくが一番納得いかないのは一番かわいい子の出番があまりにも少なすぎたこと。

f:id:Tatamin:20201009224237p:plain

かわいい。雰囲気がうまるの海老名ちゃんっぽい。

全12話中まともな出番があったのが11話だけという。これは采配ミスでは?すぐ顔真っ赤にするのめっちゃ可愛い?ビジュアルも声もダントツで好きだったのに出番なさすぎて泣いてしまった。

 2期が決まってるので次こそは一番かわいい子が出番をもらえることを期待しておきます。有識者曰く2期の範囲でもあんま出てこないらしいけど。あと、本編とは関係ないですがOPのTikTokダンスが可愛かった。ついでに言うとhalcaの踊ってみた動画もかわいかった。

 

A.I.C.O. Incarnation

 ネトフリアニメ。なんか映画みたいな作画じゃなかったですか?めっちゃ綺麗だった。最後まで崩れなかったし流石ネトフリって感じ。金だけはかかってますからね。

 内容は最初よさげだったんですけど中盤話が進まなさ過ぎた。というか画面に変化がなさすぎた。一生マターと戦いながら移動してるだけで中盤以降飽きてしまいました。戦闘シーンも銃撃ってるだけだし。戦闘パートが変わり映えしないせいでぼーっと画面見てるときに研究所の話を進められても正直頭に入ってこない。導入がよさげだっただけにもったいなさすぎる。回を重ねるにつれてワクワク感が消失していった気がする。

 設定自体はめっちゃよかったと思います。最終話の本物アイコと偽物アイコのやり取りとかめっちゃよかったです。偽物アイコと家族との会話は泣いてしまった、泣いてないけど。世界観や設定はよかっただけに話がイマイチだったのが悔やまれます。いっそのこと6話くらいに圧縮してやってくれたら面白かったかもしれない。

 

モンスター娘のお医者さん

  モンスター娘っていう時点で異種姦モノのえっちなアニメかなと思ってたらえっち要素がほとんど存在しなかった。タイトルからは想像できない真面目なお医者さんアニメでした。

 タイトル通り人外の女の子がいっぱい出てくるんですけど誰が好きかは人によって好みが分かれそうですよね。ぼくはハーピーのイリィとドラゴンの竜頭女さまが好きでした。まあ、これは種族がどうっていうよりもキャラクターの性格(と声)に由来するので別にモンスター娘じゃなくてもいいという。せっかく人外のキャラ使ってるんだから人外キャラ特有のえっちポイントを見せつけて欲しかったよなあ。人外設定自体は医療行為(狭義)のシーンで活かされてはいるんですが、そういう真面目なシーンでしか人外設定が活かされないのはもったいない。女しか診察してない時点でお堅い内容をやりたいわけじゃなさそうだしもっとサービスシーンをくれ。ちなみにぼくは単眼だけはだめです。

 劇中でお医者さんが女の子に言い寄られても特に照れたりせずにあしらってたのは個人的に微妙な感じがしました。せっかく好意を寄せてくれてるんだからちょっとくらい反応してあげてもいいのに。サーフェがいるから反応しないようにしてるのかと思いきやサーフェに対しても同じような態度取ってるし。ちゃんと反応してくれないと女の子がかわいそうなんだよな。

 それにしても竜頭女さまめっちゃ可愛くなかったですか?手術が成功した後とかばちくそ可愛かった。もっと早くから出してくれよな~。

f:id:Tatamin:20201006221241p:plain

お兄ちゃん呼びはやばい 

 股間でアニメを見てるのでもっとサービスシーンが欲しかったという一言に尽きます。多分そういう期待をしちゃうのは異種族レビュアーズのせいなんですけども。 

 

宇崎ちゃんは遊びたい!

 このアニメは宇崎ちゃんが性癖に刺さるかどうかでだいぶ印象が変わってくると思います。ぼくは何回も言っているようにおっぱいは小さけれ小さいほうがいいと思っている人間なので胸のでかさを売りにしてる宇崎ちゃんは刺さらなかったです。”SUGOI DEKAI”よりも”SUGOI CHISAI”のほうがいいんだよな。それとは別に先輩と後輩なら後輩のほうが好きなので宇崎ちゃんをありかなしかで言えばギリありですね。巨乳の先輩キャラでシコれないのマジで人生損してると思うのでなんとかしたいんですけど性癖はなかなか改善されるものでもないですね。

 話の内容はよくある”後輩に振り回される先輩”っていう構図。twitterに流れてくるマンガで100万回くらい見た気がする。これは別に悪口じゃなくてこういう話に需要があるってことで。となると差別化点は先輩と後輩のキャラ付けしかないのでやっぱキャラが性癖に刺さるかどうかになるわけで。生意気系後輩はおっぱいが小さくあって欲しいんだよな、”お前その胸でイキってるのか?”みたいなさ。これもしかしてただの悪口?

 高校の部活の後輩と大学生になって再会してよく遊ぶ仲になるの普通に羨ましいよな。そういうやり取りを見るのは結構好きかもしれない。ただ、サブキャラが必要以上にしゃしゃり出てきてたのは微妙なところ。二人だけでも十分に関係性が変化しつつあるんだから邪魔しなくてもいいのになあと思ったり。実際お互いのことを意識し始めてる感じなので2期ではどこまで進展するか少し楽しみだったりする。直接の描写がなくてもいいからえすいばつしてくれ。

 そういえばなんで鳥取とコラボしたんですかね。邪神ちゃんみたく声優が鳥取出身ってわけでもないし。どうでもいい話なんですけど鳥取在住のペリカン鳥取回がクソつまんなかったって言ってて草生えた。ペリ「せっかく行ったことある景色が出てきたのに面白くなさ過ぎてツイートする気も起きなかった。はめふらもそうだけどアニオリで評価落としてる。」言わんとすることはわかる。

 

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 2ndクール 

 ついにキリトくんが起床しました、長かった。SAOはキリトくんが無双してこそなのでやっと本編が始まったって感じでしたが正直起きてからもそんなに出番多くなかったような気もしたりしなかったり。

 キリトくんが起きるまでの展開が敵登場→ボコボコにされる→増援が来る→倒す→敵登場→ボコボコにされる→…の繰り返しでワンパに感じました。戦闘作画はめちゃくちゃいいからつまらないってわけではないんですが。あと、現実世界の話が微妙だったかなと。とはいえキリトくんが起きてからの戦闘はいい感じだったと思います。ほんま起きるまでが長すぎた…。まあ、キリトくんが起床したら起床したでギャグアニメになっちゃってたんですけどね。最終話とかあんなんギャグじゃん、あれが締めでいいんかなあ。

 それにしても200年間思い人と仮想空間に閉じ込められるってどんな感じなんでしょうね。やっぱえすいばつしたりするのかな。そういう問題じゃないことは百も承知ですがやはり気になります。

 この作品の評価が低いのはぼくがアリシゼーションの1~2クール目を総集編でしか見ていないというのが一番の原因なんですがやっぱキリトくんが動いてないと微妙だなと思いました。聞いた話だとアリシゼーションの評価結構高いらしいんですけどね。新シリーズはじまるらしいんでキリトくんの今後の活躍に期待したいです。とりあえず映画じゃなくてテレビでやってくれよな。

 

炎炎ノ消防隊 弐ノ章

  1期の頃は消火活動してた記憶がほぼないんですが2期入ってから思い出したかのように消化活動してましたね。まあ、それも最初だけで後半は世界観の話始めちゃったんですけど。

 このアニメとにかくテンポが悪い。話が進まないのはもちろんですが会話パートが多すぎてだれてしまう。会話パートも内容が面白ければいいんですがただの説明が多くて聞いててもワクワクしないというか。時折挟むギャグも寒いしどうしたもんかなあ。

 このアニメの感想見てると「戦闘シーンがかっこいい」ってのをよく見かけるんですがこれについてはぼくも同意見です。よく動くし展開も結構いい感じだと思います。ただ、戦闘中にセリフやモノローグを挟みまくるのは気になります。これもテンポが悪いと感じる要因の一つなんじゃないかと思ったり。制作側は戦闘自体よりも戦闘中の言葉の掛け合いのほうを重視してる感じなのかなあ。

 2クール目はテンポよく話が進んでくれればなと思います。間延びしてるせいで興味が薄れてきて1クール目で何してたかあんま覚えてないんだよな。あと、もっと女の子に出番をください。

 

ピーター・グリルと賢者の時間

 エロアニメ枠。15分アニメにした制作側の判断は正しかった。こういうアニメは冗長になるとだめなんだよな。

 主人公のピーター・グリルが子種を欲する複数の女性に逆レイプされるハーレムアニメ。ピーターは意中の女性(ルヴェリア)がいるにも関わらず毎話のように抵抗むなしく逆レイプされてしまいます。ぼくからしてみれば”赤ちゃんはコウノトリが運んでくる”と思い込んでいる純粋無垢な女よりもえっちさせてくれる女の方がいいと思うんですよね。なので何度逆レイプされてもルヴェリア一筋なピーターは一見すると男らしく見えなくもないですけど結局毎回性欲に負けてえすいばつしてるしこれもうわかんねえなあ。やっぱちんこには逆らえないんやね。

 で、このアニメはエロアニメなんですけど低予算なせいか見てても全然興奮しないんですよね。この際作画は仕方ないとしてもシチュエーションもいまひとつなんだよな。どっちかっていうとエロ要素をギャグにしようとしてる感じ、”下ネタ”ってやつですね。ギャグ自体はまあまあ面白かったんでいいんですけど品のあるえっちも見たかった。

 個人的に一番悲しかったのは小さいおっぱいの描き方。ぼくは貧乳という言葉が嫌いなので今後は小さいおっぱいのことをちっぱいと書かせていただきます。小さいおっぱいが貧しいっていう発想は浅はかすぎる。話を戻すと、逆レイプしてくるキャラの一人にちっぱいエルフがいるんですよね。エルフの胸は小さい方くないといけないというのはあの聖徳太子が十七条憲法で定めているくらいなのでそれが順守されているのはいいことなんですが何を隠そう作画がだめ。

f:id:Tatamin:20201003215051p:plain

エロさのかけらもない

とりあえずでかくしとけばいい巨乳とちがってちっぱいは繊細な作画が求められるんだよな。微かなふくらみにえっちポイントを感じ取っていくものなのにこんなのもはやおっぱいじゃないが。胸はでかいほうがいいという浅はかな考えがこういう適当なちっぱいを生み出しているんでしょうね。こういう悪しき風習は替えていかなければならない。そういえば、このアニメ全然興奮しなかったみたいなこと書きましたけど千本木彩花のえっちなボイスはよかったね。BEASTARSのときも書いた気がしますが千本木彩花のえっちボイスは威力が高い。

 

シャドウバース(2クール目)

 世界大会編…であってるんですかね?シャドバ始めて数か月の人間が出場できてる時点でそのへんのローカル大会な気もしますが、プロも出場していて負けていることを考えると実はハイレベルな大会なのかもしれない。

 よかった点から触れていくとまずはミモリの水着が見れたという点。深夜アニメのお色気シーンよりもキッズ向けアニメでヒロインが見せる色気のほうが興奮する説あると思います。このクールのよかった部分の6割がここに集約されています。残りの4割はミモリとアリスのバトル。これもキッズアニメであることを忘れるレベルで尊かった。アイドルとしてではなくてアリスという一人の人間として接してくれるミモリ。この構図だけで一つの作品が作れるね。正直ヒイロのイグニスバースなんかよりずっとミモアリをやってて欲しいゾ。2人のメイン回以降もアリスがミモリにボディタッチしてるのを見るとEDのカズキのように笑みを浮かべずにはいられませんでした。これにはシスコンもにっこり。

f:id:Tatamin:20201011112203p:plain

普通にあこがれるアリスと特別にあこがれるミモリ。この対比がよい。

 悪かった点をあげるととにかくバトルがつまらない。カットを多用するせいで試合の流れが一切わからないのはこの際あきらめるとして展開がワンパすぎる。毎回トップでイグニスドラゴン引いて勝ってるよな。最近は「まあ次のターンイグニスやろな」みたいに展開が予知できるようになりました。逆にヒイロ以外の対戦は面白いときもあるんですよね。それこそミモアリ回はバトルもそこそこ面白かったとです。印象に残ってるのはコックが使ってたデッキ。ああいうデザイナーズコンボは見ててたのしいですよね。まあ、ヒイロくんがなぜか入れてたよくわからんメタカードに破壊されるんですが…。あと、このアニメめっちゃ”妖怪1足りない”を多用してません?体力が残り1になることが勝利の確定演出みたいになってて笑っちゃうんすよね。それにしてもあの世界ではカードのテキストを確認できないんですかね?もしかしてテキスト読まれないように海外版のカード使ったりしてるのかもしれない。サマヨールのおみとおし対策に韓国語ROMでポケモン育成する的なノリで*3

 試合展開がワンパなだけでなくヒイロくんに主人公としての魅力がないのが致命的。2クールやってきて一度も黒星付いてないんですよね。負けないことが悪いとまでは言いませんが挫折も経験せず運だけの春日で勝ち続けてきた主人公の言葉なんてまあ薄っぺらいよな。こんなやつに「シャドバ楽しいよな」みたいな煽りエモート送られたらスマホ投げる自信ある。顕著なのがルシア戦、あれは見ててイライラしました。

 2クール目終盤になって新たなとんでも展開に突入しましたが今後どうなっていくんでしょうか。シャドバで世界を救うって字面だけで面白い気もしますが字面だけ面白くてもしゃーないのでね。あと、3クール目からOPとEDが変わるらしくてショックです。スキとスキが止まっちゃった…。

 

ブラッククローバー(11クール目)

 ついにアニオリ編に突入ということでとうとう原作のストックが尽きてきたんですかね?いつまでやるのか知らないですけどこのままワンピースみたいな長寿番組を狙っていくつもりなんでしょうか。

 前クール(といっても冬クールですが)で王国の一件が一段落してから待ってましたとばかりにキャラの個別回という名の茶番回が続いてたので結構しんどかったです。ブラッククローバーって本筋の話はそこそこ面白いと思うんですけど茶番回がどちゃくそつまらない。キャラが好きなら楽しめるのかもしれないんですけどぼくはキャラ自体にはそんなに愛着がないのでまあ見ててキツかったです。アニオリが増えるとこういうのが増えてくるのかと思うと頭が痛くなります。

 で、今季後半から始まったアニオリストーリーなんですがこっちは結構面白い。話の流れ的にも原作にあってもおかしくないエピソードですし。引き延ばしのためか話の進み具合が遅いのは気になりますがわりと今後の展開が楽しみです。

 そういえば地上波のテレビ番組で今シーズンのOPがランキング入りしてましたがOP歌ってる人たち(Snow Man)ってそんなに有名なのかと思って調べてみたらどうやらジャニーズらしい。ちなみにぼくは萌え豚なので録画でアニメを見るときは基本的に男性ボーカルのOPを初回以外飛ばすので今シーズンのOP一度しか聞いたことないです。こういうところでちゃんとリサーチしておけば女性との会話の糸口になったりするんですかね?あと、単純な疑問なんですがSnow Manのファンはタイアップが決まってからブラッククローバーを見たりしてるんですかね?140話以上あるので1から見て追いつくのはしんどそうですけど。ちなみにメンバーの一人が劇中で声優に初挑戦してたんですけど結構うまかったです。

 

もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ(2クール目)

 対象年齢を考えれば当然のことですが内容が子供向けですね。物足りなさを感じてしまいます。もうぼくの中にはキッズの頃の心が残ってないのかと思うと少し寂しさを感じます。

 話は子供向けなんですけどキャスティングはかつてゾロリを見て育った声豚向けな感じがします。ぼくが声豚になるきっかけになったのが真堂圭であるということは前クールでも語りましたが、なんと17話のゲストキャラの声が真堂圭。これは完全にぼくのことをメタってきている(そんなことはない)。久しぶりに真堂圭のロリ声が聞けて涙を流すと同時にこんな人間に成長してしまった自分にも涙を流してしまいました。

 これもメジャーセカンドと同じでコロナのせいでまだ終わってないんですよね。長い。

 

B-

THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール

 韓国の漫画のアニメ化。最近中韓原作のアニメ増えてきましたね。グローバル化の波が来ているのか日本産の原作が枯渇しいているのか。

 ”自称最強高校生のジン・モリが最強高校生決定大会「ゴッド・オブ・ハイスクール」に招待され、世界の猛者を相とし成長していくストーリー”*4らしいんですけど「ほんとか?」っていう感じ。まず、主人公のジン・モリに魅力がなさすぎる。主人公の取り巻きや対戦相手に対してはふんだんに回想パートを入れてたので感情移入できたんですけど主人公についてはもったいぶって終盤まで背景を見せてくれなかったせいで「こいつなんなの?」状態でした。序盤とかやってることマジでめちゃくちゃだったからな。終盤は待ってましたかとばかりに主人公の話をやり始めましたけどもはや主人公に興味なさ過ぎて何も感じませんでした。

 中盤以降は大会の裏で暗躍する組織の話も始まったんですがあの話いる?ずっとトーナメントの様子やってればよかったのにとも思いましたがそれやってグダグダになってたケンガンアシュラのことを思うとテコ入れは必要だったのかもしれない。まあ何が起こってるかよくわかんなかったけどな。

 MAPPA制作だけあって戦闘シーンはよく動いてました。なのでバトルメインの回はなかなかの迫力で面白かったです。「ゴッド・オブ・ハイスクール」って異種格闘競技なんかなと思ってたんですけどまさかのスタンドバトルだったとは。やっぱトーナメントだけやってればよかったのでは?

 

ジビエート

 これが令和のアニメってマジですか?ストーリー、キャラ、演出、作画すべてにおいてひどすぎた。DYNAMIC CHORD的な楽しみ方をするにはうってつけのアニメでした。

 一番気になったのは作画なんですけどどうしてこうなった?まず、戦闘シーンが紙芝居。攻撃にも体重がのってないし、動きの少なさと相まって迫力が一切ありませんでした。ここまで動かないアニメは初めて見たかもしれない。あとは言動と作画が一致してないのがめっちゃ気になった。目を開けたまま死んでるキャラに「お願い目を開けて!」って言ってるシーンは流石に笑ってしまった。作ってるとき誰もしてきしなかったのかなあ。あとカツカレーがめっちゃまずそうで笑ってしまった。f:id:Tatamin:20201004235635p:plain

「うん、おいしい(口をつけた跡も無いしなんならスプーンもない)」

 話の内容もだいぶ怪しい。なんというか「これがやりたい!」っていうのを詰め込んだ結果意味不明なことになっちゃってる感じ。一応”和”をテーマにしてるらしいんですけどどうして終末世界と組み合わせてしまったのか。そりゃめちゃくちゃな設定にしたら話の構成もめちゃくちゃになるよな。一応設定に関しては最終話でこうなるに至った経緯が触れられてましたがあれで納得する人は果たしているのだろうか?タイムスリップしてきたサムライたちも(主に作画のせいで)たいしてかっこいいシーンがあるわけでもなく、現代人たちも大して戦闘力ないうえにキャスリーンはただの足手まといだし、博士も裏切るシーンはともかくジビエ化してからがポンコツだしとキャラ魅力も皆無。あまりに思い入れがなさ過ぎてキャラが死んだりジビエ化しても何の感情も湧いてきませんでした。キャラ魅力と言えばキャラ紹介も兼ねてか毎回冒頭でインタビューをやってましたがあれは何だったんだ?EDでインタビューのシーンが流れてたから何か伏線的なものなのかと思いきやそういうわけでもなく。最終話もメイン3人以外が退場してからの俺たたENDという何も解決してない終わり方してましたし。ほんと何をしたかったんだ?

 そういうものとして見れば楽しめなくもないアニメでしたが出来はあまりにもお粗末でした。どうしてこんなのでGOサインが出てしまったのか。なんか海外受けを狙ってるっぽいですけどこれで海外兄貴たちにウケると思ったんかなあ。

 

ノー・ガンズ・ライフ(第2期)

 1期何もわからないまま2期見始めたら何もわかりませんでした。当たり前なんだよなぁ。1期見て自分に合わなかったアニメは無理して2期見る必要ないかもしれないということを痛感したので今後はそういう方針で行こうと思います。

 マジで内容覚えてないから書くことがない。結局何がしたかったのか最後までわかりませんでした。ぼくがちゃんと見てないからなのかそもその話自体がつまらなかったのか真相は闇の中。

 

ミュークルドリーミー(2クール目) 

  プリチャンでも言った通り女児アニメはコメントの有無で面白さが決まるわけなんですがこのアニメはあろうことかニコニコで無料配信してないんですよね。コメントあったらなあ。

 メインキャラを追加してくのはいいんですけど夢シンクロできるのがゆめしかいないせいでなんというか展開が変わり映えしない。せっかくぬいぐるみ持ちが4人いるんだから全員夢シンクロできるようにすればいいのにと思うんですけどどうでしょう?4人それぞれに個性あるんだからキャラによって夢シンクロした先での行動に差を付けられるしそっちの方が見てて楽しいと思います。

 あとは話が普通に面白くない。これを一人で見るのはなかなかしんどさある。せめてコメントがあれば笑い所さん!?とかが共有出来て面白いポイントを発見できるかもしれないですけど。あとはキャラがあんまり可愛くないってのがしんどい要因というかプリチャンとの大きな差かもしれない。なによりプリチャンはえっちだしな!

 今からでも遅くないからニコニコはミュークルドリーミーを無料配信してくれ。通年アニメは一度見始めたら責任をもって最後まで見るっていうのがぼくのポリシーなんですがこれを見続けるのはしんどいかもしれない。

 

デジモンアドベンチャー:

 4月に4話くらいまで放送してから2ヶ月以上やってなかったので実質今季スタートの通年アニメ。実は今までデジモン見たことなかったのでこれが初見。

 なんか普通につまらない。話の展開も全然ワクワクしないし戦闘シーンも見ごたえがない。キャラ魅力もイマイチな感じします。ほんとにキッズ向けアニメか?キャラの動かし方もヘタクソで太一とヤマト以外のキャラに必要性を感じない。出番をあげろっていうよりもちゃんとした役割を持たせてほしい。あと、毎話のように戦闘シーンで歌流してるけど”とりあえず歌流しとけばいいや”みたいに思ってません?

 途中でEDが変わりましたがこれがなかなかにキマっててすこ。本編もこういう路線にしたほうが面白いんじゃね?

www.youtube.com

 

オオカミさんは食べられたい

 3話完結の僧侶枠。あらすじの”スカート奪取おじさん”の時点でもう面白いですが、内容も今までの僧侶枠の中ではかなり面白い方だったと思います。ここでいう面白いっていうのは話の内容が面白かったわけではなくて内容がしょーもなくて面白かったってことです。

 生徒に迫られて「でも、俺は教師だから」と抵抗していたのに最終的に流されてて草生えた。おまえ言ってたこととやってること違うじゃん。僧侶枠に理屈を求めることはナンセンスですがここまで早い掌返しはビビりました。まあ、全3話だからしゃーないけどさ。

 それにしても僧侶枠の女の子ってどうして毎回あんまりかわいくないんでしょうね。僧侶枠でちんこが反応したことなし。

 

戦乙女の食卓

 衛宮さんちの今日のごはんを思い出させるような内容。当然原作のソシャゲはプレイしてないどころか初めて名前を聞いたのでキャラがわからないまま見始めましたが結構雰囲気がよかったので割と楽しめてました。可愛いキャラが結構凝った料理を作るのを眺めるのは楽しいです。しかも飯の作画がめちゃくちゃ美味そう。ぶっちゃけソーマよりもこっちのほうが見てて腹が減りました。

 とはいえ見てたらだんだん飽きてきました。1話が一番よかったまである。回を重ねるにつれて(どこにでもあるかのような)日常感が薄れていったのがぼくの中では気になりました。なんていうかキャラ知ってないと雰囲気だけじゃ楽しめない感じになっちゃった気がします。あと後半になるにつれて片手間で作れる料理が増えたように感じました。女の子が料理しているシーンを眺めるのがこのアニメの醍醐味だと思うんだよな。ソーマみたいなわけわからん手の入れ方をする必要は一切ないけどそれこそ1話のシチューみたいなのを見ていたかったなぁと思ったり。

 

 

巨人族の花嫁

 毎度おなじみの僧侶枠。今回はホモでした。僧侶枠のホモとか誰が見るんだ?今回やけに作画がよかったです。1話のバスケのシーンとかあひるの空よりも動いてましたし。

 主人公(♂)が異世界巨人族の王様(♂)の花嫁(?)として拉致られるという歴代の僧侶枠もびっくりな展開からのスタート。最初の頃は流石に主人公に同情していました、いきなり異世界に連れてこられて男に掘られるとかやばすぎるだろ。しかもわざわざ男を花嫁として迎え入れようとしてるからこの世界には女がいないのかとおもいきや普通にいるし。王が花嫁としてよくわからん男を迎え入れて国民は満足するのだろうか?で、最初は元の世界に帰りたがっていた主人公が4話くらいを境にいきなりまんざらでもなさそうな顔をし始めるんですよね。いったい何があったんだ ?というかその過程というかきっかけとなるエピソードをちゃんと描写してくれよ。やっぱ僧侶枠は”恋愛”を描きたいわけではなくてただ”えすいばつ”してるとこを描きたいだけなんだよな。それにしてもこのアニメのえすいばつのシーンって何するんでしょうね?ぼくが見てたのは全年齢版なので本番シーンは見れなかったわけですが。やっぱけつの穴に入れるんですかね?ホモセックスを想像するとどうしてもあの汚い人たちを思い出してしまって笑っちゃうんすよね。

 クソどうでもいいんですけど劇中に出てきたこのキャラが”わるいしまじろう”と呼ばれていて笑ってしまいました。

f:id:Tatamin:20200917161114j:plain

グレタしまじろう。そりゃ国王が花嫁とか言ってわけわからん男と結婚したら混乱してグレもするわ。 

 

うまよん

 ウマ娘のアニメから2年経つんですね。ソシャゲは出ましたか…?このまま事前登録3周年を迎えないといいですが。ウマ娘と言えばえっち絵やエロ同人を出してはいけないという規制があるせいでTwitterとかでもウマ娘関係のあれこれを見る機会がないんですよね。つまりウマ娘のキャラをもはや覚えてないんですよね。

 この手のショートアニメってキャラ知らないと楽しめないわけですが、上述のようにキャラを覚えてないのでまあ微妙でした。知ってる(覚えてる)キャラが3人くらいしかいなくてビビったね。もしかしてソシャゲオリジナルキャラばっか出てたから知らないキャラしか出てこなかったとかある?もはやそれすらわからねえ。

 そういえばウマ娘2期が決まったということで。「ソシャゲを出すことの方が先では?」と思わなくはないんですが。ウマ娘の1期はかなり面白かったので結構期待してます。まずはキャラを思い出さないとな。やっぱキャラ覚えるにはえっちな絵が必要だと思うの。

 

GET UP! GET LIVE!(ゲラゲラ)

 ショートアニメ。3組の芸人(イケメン男キャラ)が週替わりでネタを披露するショートアニメなんですけどぼくは1回もゲラゲラ笑うことができませんでした。ゲラゲラどころかクスリともしなかったけど。このアニメの本質はネタの内容じゃなくてイケメン男キャラがネタをしているというシチュエーションにあるので男に興味がないぼくが楽しめないのはまあ当然なんですけどね。まあ、美少女キャラが同じことやったとして楽しめてたかと言われるとかなり怪しいけど。

 一応ネタは天津向が書いてるらしいですね、天津が2人で漫才してるところ見たことないけどな。あと、はまちの渡航も関わってるみたいですがこんなことせずにもっと他にやるべきことがあるんじゃないか?なあ!?

 

別冊オリンピア・キュクロス

 春からの延期枠。ひなろじのOPみたいな感じの工作アニメ。手間かかってるんだろうなっていうのが見てて伝わってきます。内容は問題に直面した古代ギリシャの青年が昭和の日本にタイムスリップして知見を得てからまたタイムスリップして古代ギリシャで活かす(活かせるとは言ってない)というのの繰り返し。ワンパすぎて流石に飽きてきた。内容もなんか寒いんだよな、面白いことやってますよみたいなノリがしんどさある。毎話変わるEDとかそれが如実に表れてますね。

 ショートアニメなのでまあいいんですけど2クールあるんでまだ終わらないんですよね。なんか展開が欲しいけどたぶん最後までこのノリなんだろうな。

 

C

ぽっこりーず(2クール目)

 1週間で一番時間を無駄にしてると思う瞬間がこのアニメを見てるとき。1分なのに。

 回によってはオチすらないこともあるんですけどいったい何をしたいんだ?ギャグで笑わせる気はなさそうなのでキャラを見て楽しんでくれってことなのか?だとしたらキャラデザから見直したほうがいいと思うんだけど。

 半年間見てきて一度も面白かった回がないのでそろそろ本気を出してほしい。最悪面白くなくてもいいからちゃんと毎回オチをつけてくれ。話はそれからだ。

 あと、今季は月曜深夜アニメがこれしかなかったのでこれを見るためだけにわざわざテレビをつけるのがめんどくさすぎた。

 

異常生物見聞録 

  ちょっと前にbilibiliで配信されてたアニメの吹き替え版。女の子が意外と可愛かったので1話見たときはワンチャンあるんじゃないかと思ってたんですが結局ワンチャンすらありませんでした。

 変な翻訳してるからなのかセリフがところどころおかしいうえに、尺を合わせるために急に早口になったりしてて見てて違和感がありました。そこはうまいことやって欲しかった。あと結構口の動きとセリフが違うと違和感出るものなんですね。普段見てるアニメはちゃんとそういうところもしっかり作ってるんだなっていう新しい気付きを得ました。

 このアニメはキャラ魅力で魅せるタイプのアニメだと思うんですけどキャラ同士のやりとりが見ててキツイ。会話がいちいちキツイんだよな。主に大家さんと神とデータ端末のことなんですけども。特に大家さんは声に覇気がないのが拍車をかけてる。というか腹から声出してくれ、扇風機付けながらこのアニメ見てたら扇風機の音にかき消されて大家さんの声聞こえなかったからな。ただ、このアニメにも少なからず褒めるところがあってワンちゃんと吸血鬼のやり取りだけはよかったです。この2人の百合をメインにやってくれればよかったのに。

 内容も何がやりたいのかよくわかりませんでした。アパートでの日常ものかと思いきやイギリスに行ってバトル始めるし、宇宙にも行くし。不用意に宇宙へ行くのはよくないんだよな、このアニメは最初からよくないけど。バトルものにしては中途半端だし、日常ものにしては日常描写が無さすぎてマジで何したかったんだろう。公式サイトには「ただのお人好しの俺が異種族と同居しながら神様の手伝いをしているんだが…」とかいうなろう小説のタイトルみたいな文言が書いてあるんでそこから推測すると…何がしたかったんかさっぱりわからんな。

 このアニメで一番面白かったのはBSフジに13話の存在を忘れ去られたことでしょう。12話で”終”のマークが付いてるのに12話ラストで次回予告入れてるのはギャグかと思いました。実際はBSフジのミスでちゃんと13話も放送されたんですけど13話の内容なくてもよかったくね?実はBSフジは正しい判断をしていたのかもしれない。

 

☆番外編

薄明の翼 S

 ポケットモンスターソード・シールドのゲームを原作としたショートアニメ。今年の1月から毎月1話ずつ配信されてました。なんというか”ぼくたちが見たかったポケモンの世界”が描かれた完璧な作品でした。そうなんだよ、こういうのが見たかったんだよ。最近ツイッターで#ポケモンがいる生活 みたいなハッシュタグがありますけど感覚としてはあれに近いかもしれない。

 原作に登場してるキャラの何人かはこのアニメでだいぶ印象が変わりました。特にルリナとオリーヴ。ルリナの回は個人的にお気に入りです、声優効果かもしれんけど。アニポケもそうでしたがミロカロスが絡んでくる話はどうも涙腺に効きますね。オリーヴは原作だと若干空気なところがありますがうまいこと補完されてました。こんな感じで原作だと描かれなかった舞台裏がこういう形で見られるのはいいですね。

 ポケモンの設定をうまいこと生かしてるのもいいですよね。個人的に一番感心したのはこのシーン。

f:id:Tatamin:20200822105641p:plain

 1話のワンシーンなんですがこのあとの6話でトミー(右の少年)が死んでいるのではないかという考察がされたときにこのゴチルゼルがトミーの死期が見えていたのではないかというもの。ホワイトのポケモン図鑑によると、

"星の場所や動きから未来の出来事を予知する能力を持つ。トレーナーの寿命も見える。"

本当にこれを意図しているかどうかはわかりませんがもし意図的にこのシーンにゴチルゼルを出したのだったら凄すぎる。ゴチルゼルの図鑑説明知ってる人間とか世界に100人いるかどうかも怪しいのに。こういう要素いいよなあ。まあぼくもゴチルゼルの図鑑説明とか読んだことないからツイッターで見かけて初めて気付いたんですけどね。これに気付く人もすげえよ。

 ストーリー、作画、音楽どれをとっても非常にハイクオリティで文句なしの出来でした。ポケットモンスターオリジンのときもそうでしたがこうやって原作ゲームに沿ったアニメは定期的にやって欲しいです。アニポケなんていいからさ。

 これもそうですし最近だとGOTCHA!みたいな無料で見れる映像コンテンツに力注いでくれててほんと嬉しい。こういうの見せられてら一生ポケモンから離れられねえよ。

 

 

 

☆ヒロインランキング

※エントリーは一作品につき一人まで。

 

第5位

スカディ・ドラーゲンフェルト(CV:種﨑敦美)~モンスター娘のお医者さん

f:id:Tatamin:20201007235409p:plain

 完全に声優補正入ってるけどそれ抜きにしても可愛かった。診察(意味深)のシーンの喘ぎ声は流石種ちゃんって感じ。同じ回で大西沙織も喘いでましたが格が違ったね。手術前から一転して回復後はめっちゃお医者さんにアプローチ仕掛けてて可愛さが跳ね上がりました。ぼくもモンスター娘たちのお医者さんになるしかねえな。 

 

第4位

比企谷小町(CV:悠木碧)~やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完~

f:id:Tatamin:20201007235528p:plain

 ぼくが一番好きな属性が妹属性なんですけどそのなかでも小町はぼくが認めた妹キャラ2人のうちの1人です(もう一人)。 普段は兄のことをぞんざいにあつかったりしつつもブラコンで兄の良き理解者であるみたいな妹キャラが好きなんですけどそれを体現したかのようなキャラですね。7年前からずっとぼくのなかの妹キャラの理想像です。

 今シーズンだと1話のBパートがめっちゃよかった。小町が八幡へ感謝を伝えるシーンもいいんですが照れ隠しの仕方が兄妹で似てるんですよね。こういうのたたみポイント的にポイント高い!

 

第3位

ミーシャ・ネクロン(CV:楠木ともり)~魔王学院の不適合者~ 

f:id:Tatamin:20201007235839p:plain

 ぼくは無双モノアニメのヒロインはいちいち主人公のやることに驚くタイプよりも「だって〇〇(主人公の名前)だから」みたいに落ち着いてるタイプのほうが好きなのでその点においてはミーシャは理想ですね。(両親を除いて)アノス様の最初の理解者ってのもポイント高い。あと、普段はおとなしくて口数が少ないけどアノス様と会話するときは表情が豊かになるのもすこ。

 キャラパも結構高いと思ってるんですけどそれ以上にサーシャとの姉妹百合エピソードがマジでよかった。そうだよ、こういうのを見たいんだよな。

 

第2位

帆高夏海(CV:川井田夏海)~放課後ていぼう日誌~

 オタクはギャップに弱いということは旧石器時代から言われてきたことですが、この子も普段とのギャップでやられてしまった。なんのギャップかといえば部活だと元気系なのに家だとトレードマークの”でこしっぽ”をほどいててしかもメガネかけてるという。

f:id:Tatamin:20201008000658p:plain

家でかけるメガネがかわいいということは古事記にも書いてあります。もちろん普段の夏海もかわいいからこそこういうギャップにやられちゃうのでメガネかけてればだれでもいいわけではない。ていぼう日誌のとこでも書きましたが陽渚との絡みがめっちゃよかったです。内気な子と活発な子のペアはいろんなシチュエーションを生み出せるのでよき。

 あと、陽渚にもいえることなんですけどおっぱいが小さかったのがよかった(小並感)。

f:id:Tatamin:20201011230653p:plain

これくらいの大きさのほうが逆にえっちだと思いません? 

 

第1位

ナツメ(CV:楠木ともり)~デカダンス

f:id:Tatamin:20201011225506p:plain

  個人的に今季一番ヒロインしてたんじゃないかなと思います。くたびれたおっさんと組み合わせるなら明るく活発な女の子に限るね。表情がコロコロ変わったり感情をすぐに表に出したりと見ていて楽しかったです。ちゃんと自分の信念も持ってるのもいい。ヒロインは守られるんじゃなくて自分から動くほうが惹かれてしまうんだよな。カブラギさんがどちゃくそ影響を受けるのも納得です。あと、数年後の成長した姿が見れたのもよかった。ああいうシーンすこ。

 それにしても楠木ともりといえばクソアニメ請負人(例1例2例3)みたいな風潮があったのでやっと面白いアニメと巡り合えててほんと嬉しい。この調子でクソアニメ請負人のイメージから脱却してほしいと思います。

 

☆おわりに

 最初は不作だと言ってましたが上だけ見れば結構面白いクールだったと思います。とはいえ毒にも薬にもならないアニメが大量にあったのであんまり記憶に残らないクールになりそうです。ペリカンがアニメランキングを上げてくれなくなったのでアニメを大量に見る理由がなくなってしまいましたが、秋は豊作っぽいので秋も大量にアニメを見ることになりそうです。

 それでは。

*1:この作品の略称。一部の輩は”俺ガイル”というわけのわからない略称を用いているが同じ人間として信じられない。しかもそいつらは「公式が俺ガイルって呼んでるんだから俺ガイルが公式の略称だ」などとのたまっているが公式が勝手に言っているだけなので騙されてはいけない

*2:SEXのこと

*3:おみとおしは自分から見て右のポケモンから表示されるのでポケモン名を見なくても何を持ってるかわかるという穴がある

*4:https://natalie.mu/comic/news/377193

【PTCGO備忘録】三神ガブギラ【Rebel Crash Expanded】

☆はじめに

 毎回新弾が出るたびにトナメで使うデッキに悩むんですよね。簡単に回せてなおかつ強いデッキで新弾のパックを荒稼ぎしたいというぼくの願いをかなえてくれるデッキを新弾から次の新弾までの3ヶ月間でずっと考えてます。今までで稼ぎがよかったのはエンニュートHANDとゾロラッタですね。有象無象に勝ててかつ事故りにくくある程度回し方がパターン化しているのがベストです。あとはExpandedのほうが稼ぎやすいというのもぼくのなかでは定説なので可能ならばExpandedのデッキがいい。ということで今回は対有象無象性能が高い三神を使ってみることにしました。スタンだともっぱらザシアンと組んでますがExpandedだと相方もいっぱいいます。今回はザシアンよりも(少しだけ)火力が出てダブドラを共有できるガブギラと組ませました。まあ、コピーするのにちょうどいいデッキがこれだったってだけですけど。

 

デッキリスト

f:id:Tatamin:20200920014109p:plain

 

☆個別

ポケモン 

アルセウスディアルガパルキアGX 2

 Expandedだとダブドラを1枚貼るだけで追加効果ありのオルタージェネシスGXを撃ててしまう反則ポケモン。その代わり打点が150+30しか出ない貧弱火力ですがたねのEXやGXくらいなら倒せるので、カプ・コケコ♦がサイド落ちしているときにアルティメットレイで後続アタッカーに雷エネを加速しながらサイドをとったりガブギラで1体持っていった後のスイーパーとしてアタッカー運用することも。

 

ガブリアスギラティナGX 2

 アタッカーその1。カラミティエッジで160+80+30=270出せるのでもともと乗せてるダメカンと合わせて三神をワンパンできる化け物。一応ダブドラ+せんじんのまいで後1から240出せるので相手が先1でベンチを出せなかったらイージーウィンも狙える。

 

オンバット 1

オンバーンGX 1

 アタッカーその2。上技でLOを下技で特殊エネメインのデッキ(ウルネクやマッドパーティなど)をいじめる。当然進化ポケモンなので使いたいときは1ターン目にベンチに置いておかないといけない。ただ、グッズor特殊エネロックができてもポケモンレンジャーでオルタージェネシスごとなかったことにされる危険性があることを忘れてはいけない(n敗)。オンバットはもちろんドラゴンタイプのやつで。

 

ラティアスEX 1

 アタッカーその3。ペネトレイトが相手にかかっている効果を無視するためフーパケルディオGXみたいなポケモンに対して使う。特性もまあまあ偉い。一度も使ったことないけど。

 

カプ・コケコ♦ 1

 せんじんのまいによって1ターンで3エネ起動のドラゴンポケモンを動かせるインチキカード。こいつがサイド落ちしてるとゲームプランが大きく変わるので最初に山見たときはこいつのサイド落ちをまずは確認しましょう(n敗)。ガブギラにせんじんのまいを使うときにうまいことオルタージェネシス撃った後の三神にも雷エネを付けておけるとN撃たれた後の要求値が下がる。

 

ミュウ 1

 なんか流行ってた"はじまりのきおくバレット"のスピットシュートを防ぐために入れた。

 

ガラルジグザグマ 2

 ガブギラのお膳立てポケモン

 

シェイミEX 2

 クロバットVとかいうポケモンとは違い1ターンで何回でも使えて回収ネットで使いまわせるとかいうバグカード。対三神では当然おやつにされるので使ったらちゃんと回収しておきましょう。

 

ジラーチEX 1

 HPの低いカプ・テテフGX。カプ・テテフと比べて強い点は回収ネットで使いまわせること。正直HP90も170も大して変わらないように思う。ちなみにテテフだとがまんのかべのソーナンスに引っかからないというメリットもある、ジラーチエスパーなんだから今からでも超タイプにならねえか?

 

タマタマ 1

 無限コスト。

 

トレーナーズ 

ハイパーボール 4

クイックボール 2

 ハイボでしか呼べないのはオンバーンGXだけだがオンバーンGXを使いたい試合はいち早くオンバーンGXをサーチしたいのでハイボ多め。セットアップ前に手札減らせた方がいいし。

 

トレーナーズポスト 3

 デッキの安定感を高めてくれる良カード。泣きながら1枚をスペシャルチャージに割いた。

 

回収ネット 4

 シェイミジグザグマジラーチを使いまわせるバグカード。そんなにぶっ壊れてる気はしない。

 

バトルサーチャー 3

 ワタシラガVがばからしくなる。

 

バトルコンプレッサー 2

 せんじんのまい用の雷エネや使わないアタッカーを捨てて山圧縮できる便利カード。スタンに欲しい。

 

グレートキャッチャー 2

 シェイミEXの多い環境なので三神使うなら採用し得みたいなところある。

 

フィールドブロアー 1

 うっとおしいサイレントラボや闘魂のまわしを破壊する。ブロアー警察でなくてもExpanded環境なら採用しないデッキはないはず。

 

ターゲットホイッスル 1

 詰め筋に使えるとおしゃれ。これ使ってシェイミEXを2回倒すのが一番丸い。

 

スペシャルチャージ 1

 ウルネクを相手するときにエネ管理が面倒なので入れた。普段使わないけどトナメで萎える負け方したくなかったから入れた。

 

パソコン通信 1

 最強。

 

かるいし 3

 スタートしたポケモンをベンチに下げる用。回収ネットで剥がれちゃうから2枚目以降を誰に貼っておくか結構迷う。

 

闘魂のまわし 1

 相手のザシアンのオルタージェネシス込みのハチマキブレイブキャリバーをガブギラが耐えられるようになるのは偉い。

 

博士の研究 3

N 1

 いつもの。

 

リーリエ 1

 意外と便利。後1で使うとサンムーン時代を思い出して涙が出る。

 

グズマ 2

 最強カード。ジラーチ回収ネットのギミックもあるので1枚をトラッシュに置いといてもう1枚を山に残しておくと当たり札が増える。

 

グズマ&ハラ 1

 ダブドラとかるいしとうねりを同時にもってきたいときが結構ある。

 

混沌のうねり 2

 アンチサイレントラボ。Expandedはスタジアム合戦が頻発するのでうねりは入れ得。

 

エネルギー

ダブルドラゴンエネルギー 4

 インチキカード。スタンで使いたい。

 

基本雷エネルギー 3

 せんじんのまい用。アルティメットレイで付けることもあるので考えなしにトラッシュすると悲しいことになる。

 

 

採用候補

改造ハンマー

 三神ミラーで先攻取られたとき用にあると便利そうだなと思ったけどどうなんでしょう。めっちゃドローできるデッキだとピン刺しでも欲しいときに引きに行けるのがいいですね。

 

キュワワー(フラワーガード)

 アンチどくさいみん光線。あとなぜかキョウの罠とかも飛んできたりするのでそういう意味わからんカードにイライラせずに済むのはでかい。

 

☆立ち回り

 後攻とる→後1オルター→アルティメットレイ/カラミティエッジ→カラミティエッジ/アルティメットレイ→勝ち

 

 実際のところExpandedはみんな後攻取りたがるのでじゃんけんみたいなところある。後2から三神とかTAG TEAMを飛ばしにはいけますがそれすると返しのNで手札2枚になるので後2はおとなしく裏のシェイミを倒した方がいいという説もある。手札2枚も3枚も大して変わらんけど。

 特殊エネ主体のデッキにはオンバーンで殴ってればわりとイージーウィンできますが先述の通りポケモンレンジャーの存在は覚えておかないといけない。で、実はこのデッキも特殊エネ主体のデッキなので先にオンバーンGXでいじめられたら負けます。ドンカラスGXもナオキです…。LOにもグッズロックで最低限あらがえますがフレア団のしたっぱやザオボーポケモンレンジャーがあるので普通に負けます。

 

☆おわりに

 普通にまだ賞味期限があるデッキだと思うので次の新弾のときもこいつでパック稼ぐことになりそう。